首が据わる前に寝返りしそうなので真剣に調べた/生後2ヶ月目前

首が据わる前_寝返り_2ヶ月

今日の午後、妻から動画が送られて来た。

首が据わる前_寝返り_生後2ヶ月_息子

※動画からのキャプチャなので画質はお察し

『これ、もう寝返り打つんじゃないの!!?』という焦りを感じたので、真面目に赤ちゃんの寝返りを調べました。

  • いつから寝返りを打つのが一般的なのか?
  • 首が据わっていない赤ちゃんが寝返りを打つ事があるのか?
  • 寝返りを打った場合、どの様なリスクがあるのか?
  • 寝返りを防止(阻止)する方法は無いのか?

月齢の低い赤ちゃんが寝返りを打つリスクを重々理解した上で、子どもの成長妨げることはせず、親としてしっかり見守ってあげられる様にしましょう。

スポンサーリンク

寝返りはいつから?

一般的に寝返りは生後5ヶ月~6ヶ月頃と言われています。この頃には赤ちゃんの首もすわり、寝返りをうつ事=遊びという認識でゴロゴロと部屋中を転がるようになります。

生後2ヶ月で寝返りを打つ事はあるのか?

結論から言えば『2ヶ月で寝返りする子も居る』です。

ネットで調べた中には、「生後2ヶ月の息子が寝返りを打ったと先生に伝えても信じて貰えなかった。」という話があったりしましたが、結論に至る決め手となったのは友人からの証言

  • 『ウチの息子は2ヶ月を過ぎた頃に寝返りをしたよ。』
  • 『妻が居たから良かったけど、気付くのが遅かったら死んでたかも。』

という何とも父親として聞きたくない情報でした。

スポンサーリンク

寝返りを打つリスク

もうすぐ生後2ヶ月の息子が寝返りを打った場合、自分で顔を持ち上げる事は出来ません。そして恐らく、自力で仰向けの体勢に戻る事は出来ないでしょう。それらを踏まえた上で調べた『首が据わる前に寝返りをするリスク』がコチラ。

窒息してしまう可能性がある

うつ伏せになった場所がクッション性の高い場所や、柔らかい布団・枕であった場合、赤ちゃんの顔が埋もれてしまい窒息してしまう可能性があります。静かに寝ていると思っていたら、寝返りしてしまっていたという事件まで起こっています。

 Check!!
赤ちゃんが寝る周りに柔らかい素材の物は極力置かない様にしましょう!!

ベッドから落ちてしまう可能性がある

これは、まだ寝返りを打たない息子の場合でも既に徴候があります。一般的にどうかは解りませんが「足の力が強い!!」必死にウゴウゴしながら、今朝もマットレスの下に寝かせていた筈が、起きたらあらぬ方向を向きながらマットレスを横断する勢いで移動していました。

 Check!!
ベッドは柵付きの物にしてあげよう!!
ゲージで囲うなどの防止策で赤ちゃんを守ってあげよう!!

吐き戻しの可能性がある

正直、個人的には『他のリスクに比べれば、ミルクくらいなんぼでも吐いてくれて構わない』と思っていますが、赤ちゃんにとってもミルクを吐く事=気持ちの良い事では無いハズなのでパパ・ママは注意してあげて下さい。

寝返りを防止するべきか否か

これは意見の分かれる所ですが、私は『出来る限りの対策はしてあげるべき』だと思います。

生後2ヶ月の息子を守ってやれるのは私達パパ・ママだけ。

しかし、24時間体勢で常に様子を見守ることは不可能です。

その為、息子の成長度合いに合わせて出来る限りのサポートをしてあげる事に決めました。

スポンサーリンク

首が据わるまでの寝返り防止グッズ

赤ちゃんの眠りをサポートする商品が数多くあるなかで、この商品を選んだ理由は3つ

  • 他商品よりも手頃な値段で購入出来るにも関わらず利用者の声が凄く良かった。
  • 成長度合いに合わせて3WAYの使い方が出来る。
  • 赤ちゃんが使う物なので出来る限り日本で生産した物が良かった。

ダミー画像
商品名 :サンデシカ 寝返り防止クッション
参考価格:2,480円

ショップで最安商品を確認する

  • 楽天
  • アマゾン

添い寝時の寝返り事故防止

上記商品が赤ちゃんの睡眠をサポートする商品とするならば、この商品は『赤ちゃんとの添い寝をサポートしてくれる』商品です。添い寝をしている時、万が一お母さんがうたた寝をして赤ちゃんに覆い被さってしまう形になった場合、▲になっている所が支えになって赤ちゃんをお母さんから守ってくれる構造になっています。

ダミー画像
商品名 :ファルスカ ベッドインベッド エイド
参考価格:4,860円

ショップで最安商品を確認する

  • 楽天
  • アマゾン

実際に2つとも購入しましたが、寝室用(ファルスカ)と持ち運びよう(サンデシカ)として0歳児の頃に買って良かった育児用品TOP5に入っています。

真剣に調べた/まとめ

ベビー用品は1つの値段自体はそこまで高額では無い為、私のお小遣いでも買える物ばかり。ネットでの買い物が便利過ぎてポチポチしまくるお陰で、今もcombiから届いたダンボール(ベビーカーとベビーカー用のクッション)が玄関に2つ開かずの状態で置いてあります。

赤ちゃんの為と思って手当たり次第買うのでは無く、良い物を必要な分だけ購入して少しでも将来の子供にお金を残してあげられる様にしてください。子供がすくすく元気に育ってくれるなら、可愛い我が子の為と自分に言い聞かせて自分自身への出費を極力抑えてパパは頑張るよ-!!

この頃から布団を蹴ったりして風邪をひきやすくなるので、スリーパーは必須です。

オススメ赤ちゃんが寝るときの服装/冬はスリーパーで暖房を使わずぐっすり

 関連 『赤ちゃんの寝相』あまりに悪いので調べたら、不覚にも泣いてしまった

 関連 赤ちゃんの寝返り/4ヶ月~5ヶ月なら要注意!?

 関連 おすすめの育児用品

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事