賃貸でガスコンロの故障/修理費は自己負担?ガス漏れの危険は?

賃貸_コンロ_故障賃貸ポータルサイトを必死で調べて探し出した広くて綺麗なフルリノベーション物件を見つけ出した。仲介会社と賃貸契約を結びリノベーション効果で新築同様(の見た目)に入居した。

ガスコンロの故障から始まった新生活は、本当に最悪な物だった。

スポンサーリンク

ガスコンロの故障(体験談)

賃貸マンションでの新生活初日は引っ越し作業に追われて何も出来なかった。翌日も片付けに追われながら夕飯時、妻と並んで朝食を作ろうとした瞬間に事件は起こった。

新品のガスコンロに火が付かない

幼少時代から培った知識と経験を基に、キッチンの火を着けた。

『・・・キッチンからの返事が無い、ただのキッチンの様だ。』

もしかすると最新式のキッチンは私の知っているコンロとは違い特殊な方法で火を付けるのかも知れないと思った私は、妻に火付けをお願いした。

『・・・キッチンからの返事が無い、ただのキッチンの様だ。』

流石に入居初回の点火で故障している訳が無い。『もしかして、ガス漏れ?』怖くなった私達は直ぐさま管理会社に電話をかけた。

真っ先に連絡したのは管理会社

管理会社に連絡したのは夜の19時。事情を説明した後に返って来た解答は「明日、朝一に担当者が直接お宅を訪問します。」と言う物だった。賃貸契約を結んだ翌日にこの対応は流石に見逃せない。

怖かったのはガス漏れの可能性

万が一、ガス漏れ等が原因であった場合は人体に危険が及ぶ可能性まである。

「ガス漏れの場合、責任取れるの?」

「黙って今すぐ、業者手配して来い。」

待つ事1時間、管理会社とリノベーション工事を行った業者が来た。

火が付かない原因は配管ミス

施工業者がキッチンを確認すること、わずか1分。担当者の口から「ダメです・・・ガス管がキッチンに繋がってません!!」などという耳を疑う解答が飛び出した。

まさかの発言に私、妻、管理会社の3人が顔を見合わせる中、担当者は話を続ける。

「材料が無いので、来週末の~」

管理会社が発言するよりも早く、私は無意識に口走っていた。

「材料が無ければ用意しろ、今日中に直せ。」

煮え切らない口調で話す担当者をよそに、黙って聞いていた管理会社が口を開く。

「今すぐ可能な限り対応させていただきます。」

(当たり前の事を言っただけなのに)この時ばかりは管理会社の人が輝いて見えた。

即日対応+賃料の払い戻し

「今回の件は、大家には内密にして欲しい」という管理会社の希望を飲み

  • 材料の手配を翌朝一番に行う
  • 翌日昼より配管の工事を行う
  • 過去の家賃は返却する

これらの条件を取り付けた。翌日、無事に全ての作業を終え、管理会社は深々と頭を下げて帰って行った。

賃貸でガスコンロの火が付かなくなったら

賃貸のマンションやアパートで生活する中で、万が一ガスコンロの火が付かなくなったら『真っ先に管理会社に連絡』するようにしてください。コンロ本体の故障であれば修理で直すことは可能ですが、ガス漏れや配管の不具合が原因の場合は人体に危険を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

ガスコンロの修理は誰が負担する?

備え付けのガスコンロなのか?故障した原因は何なのか?などによって負担する人間は違ってきます。

自己負担の場合

ガスコンロ設置場所のあるマンションで、自前で持ち込んだガスコンロが故障した場合の修理は自己負担となります。ガスコンロを修理に出すくらいなら中古品を購入した方が安価にすみますし、安全を考えるのであれば「綺麗なキッチンで料理を作れる」と割り切って、新しいガスコンロを購入する事をおすすめします。

昔と違い、最近は1万円台で二口+魚焼きコンロが付いた物など良い物が多数販売されています。 関連 1万円台のおすすめガスコンロ

管理会社負担の場合

マンション設備として備え付けられたガスコンロが居住者に非が無い(意図的に壊した等)場合で、更に大家さんが管理会社に管理費を支払っている場合は、管理会社負担の修理となります。※大家負担以上に渋られるケースがあります。

大家負担の場合

管理会社が間に入っていないケースや、大家から管理費以外の修繕費などが支払われていない場合で、居住者に非が無い場合は大家さん負担となります。対企業では無く、対個人になってしまうので感情に身を任せずしっかりと話をして修理してもらいましょう。

ガス漏れの場合は至急ガス会社に連絡

ガスコンロの故障から少し後、給湯器の故障でガス漏れを経験しました。ガスという目に見えない恐怖に犯される前に、急いでガス会社に連絡をしてください。

 関連 賃貸マンションで給湯器の故障

スポンサーリンク

リノベーション物件/体験談・注意点

リノベーションとは、物件に大規模な改修工事を行い機能、用途を変更。物件に付加価値を与えること。(要は新しくしてボロボロの家を住める家に!)

簡単に言えば上記の通りであるが、施工業者によっては人が住める状態になっていない様な物件もあります。※今回のケースで言えば、ガス管がキッチンに繋がって居ないとか・・・

その為、玄関入って「わぁ、この部屋綺麗、ここにしよう!」では無く、しっかりと他の物件同様に細部まで確認する必要があるかと思います。賃貸をお探しの際、リノベーション物件をご覧になった場合は、他の物件と同じ目線でチェックしましょう。

※リノベーション物件で起こった事件の全てはコチラに纏めました。

オススメリノベーション物件の甘い誘惑!綺麗な内装に隠れた3大注意点

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント