子供の写真を撮る/一眼レフとスマホ(iPhone)カメラを比較して愕然

子供_写真_スマホ_一眼

数年前に衝動買いしたデジタル一眼レフカメラ[EOS Kiss]を持って居るにも関わらず、子供の写真を撮るときは決まって『スマホ(iPhone)カメラ』を利用しています。一眼レフを押入に突っ込んだまま、スマホカメラを使っている理由は3つ。

  • スマホだとすぐに撮れる
  • カメラ素人でも簡単に使える
  • 画質に大差無い(と思ってた)

先日、カメラが趣味で専用ブログまで立ち上げてしまった友人が、奥さんを連れて新居に遊びに来てくれました。親族を除いて1番最初に遊びに来るのがその人だとは想像もしていなかったので、私が声をかけた事に妻も驚いていました。

今回は、一眼レフを使って撮って貰った家族写真『あまりにキレイに撮れすぎていた』のでこれから子供の写真を撮る時は一眼レフも使って見ようかな~。と言う話。

スポンサーリンク

スマホカメラの強みは『今しか無い!』を活かせる事

生後二~三ヶ月の子供は基本的に『寝る・飲む・泣く』を繰り返します。その為、1日の中で機嫌が良く笑顔を振りまいてくれる時間は多くありません

『息子の機嫌が凄く良いから笑顔の写真を撮りたい』と思っても、チャンスは一瞬。一眼レフのレンズカバーを外して機動を待ってなんてしていると素の顔に戻ってしまう事も。その点、ポケットからスマホを取り出してシャッターを長押しで連打。限られた『今しか無い!』というチャンスを写真に残せるのは、スマホだからこそです。

安価な対応プリンターを購入するだけで、ワンプッシュで写真印刷が可能だという事も大きなメリットです。

 人気 iPhoneの写真を印刷/自宅で現像出来るおすすめプリンター

スマホで撮った子供の写真

※引用及び、転記含め、当ブログ内に掲載している息子の画像は全て利用不可とする。

子供_写真_スマホ

実際、スマホで撮ったこの写真も抜群に可愛いんですけどね・・・。しかも、激レアのベロ出しショット!!(これ、マジで全然してくれない。)しかしながら、写真単体で見た場合は光量というか明るさというか、何かが足りない・・・※大量に撮るのでPhotoShop等のソフトを使っての写真加工は思慮外。

スポンサーリンク

一眼レフで写真を撮るメリット

私はカメラに詳しく無いのでハッキリとした事は解りませんが、撮って貰った写真と見比べる限り『周りをぼかしたり』『超アップで撮ったり』その他、色々な事を任意に設定出来る感じでした。

1枚の写真を撮る時に、10の設定項目があるとすれば

  • 『スマホは全ての項目を平均値5で良い感じに撮ってくれるカメラ』
  • 『一眼レフは10項目それぞれに詳細な設定が出来るカメラ』

カメラに詳しく無い、素人目に見てそんな感じ。

一眼レフで写真を撮るデメリット

私が一眼レフを倉庫の肥やしにしている理由は3つあります。

  • 準備しておかないと撮れない
  • 何か大層な感じで自分には難しそう
  • カメラを構える姿が少し照れ臭い

これはカメラが趣味では無い人、共通の認識だと思っています。

正直『スマホなら起動してボタンを押すだけで簡単に1枚の写真を撮ることが出来るのに、一眼レフは何か色々設定とか覚えないとダメそうで、覚えるのが面倒そうで、何かにつけて難しそう。』なんですもん。

しかしながら、実際にカメラが趣味で色々勉強している人に撮って貰った写真を見て『一眼レフのデメリットよりもメリットを強く感じる』様になりました。

スポンサーリンク

一眼レフで撮った子供の写真

※引用及び、転記含め、当ブログ内に掲載している息子の画像は全て利用不可とする。

子供_写真_一眼レフ

写真を見せて貰った時の第一声は『おぉ、フリー素材みたい』でした。

本邦初公開の三十路男(私)カットイン部分にはピントを合わせず、満面の笑みを浮かべる息子にシッカリと合ったピント。この写真があまりに気に入りすぎてFaceBookのプロフィール画像、LINEのプロフィール画像に設定してしまいました。

もしかするとスマホでもこの写真と似た物を撮る方法があるのかも知れませんが、少なくとも子供が産まれて2ヶ月ちょっとの間に撮ったスマホ写真の中には1枚も存在しませんでした。

奇跡の一枚を撮ってくれた人のブログ紹介

※画像クリックでサイトを見る事が出来ます。

あめたまびより_一眼レフ_カメラ

友人が運営するあめたまびよりにはオススメしたい記事がいくつもある(カメラは解らないので撮って載せてる写真的な意味で)のですが『この記事を見れば一眼レフとスマホカメラの差が良く解る。』という記事が掲載されているので、そちらをご紹介。

オススメ一眼レフとスマホのカメラでどれだけ写りが違うかを比較検証してみた

基本的に「一眼レフ・スマホに対して中立な立場」で書いてある記事なので、カメラが趣味という人でも、そうでないという人でも『ほぉ~、なるほどな~。』と思える記事です。

スポンサーリンク

子供の写真を撮る/まとめ

正直、今の私は育児するので精一杯、一眼レフを常時構える余裕はありません。しかしながら、誕生日などのイベント行事・休日の子供撮影会など『未来に残してあげたい写真』に関しては、一眼レフを使って写真を撮ってみようと思います。

ボタンを押すだけで写真が撮れる機能以外は1度も使った事が無い一眼レフ。誰が撮っても同じ様に写真が撮れる訳では事を重々理解しているつもりでは居るが、幸いブログ界隈にはカメラを題材としてサイトを立ち上げている人が大勢居るので勉強してみよう。

写真はスマホで満足と思っていた自分が今更一眼レフを使う様になるとは思って居なかったが、ある意味良い機会を与えてくれた友人には感謝している。

 関連 赤ちゃんの写真/笑顔を撮るコツで誰でも簡単ベストショット!

オススメスマホの写真を印刷/プリンターの選び方で注目すべき4つのポイント

 人気 部屋が片付かない/隠し撮りカメラが捉えた衝撃の事実

コメント

  1. 通りすがりのパパ より:

    インターネットにUPするということは、全世界の不特定多数に公開するということ。

    そこまで息子さん(かわゆす♡)の写真の転用・流出を恐れているのであれば、モザイクをかけたり、構図をかえる、また、ウォーターマークを入れるなどの備えをしたらいかがでしょうか。

    少々違和感を抱きましたので書き込み。

    • 三十路男 三十路男 より:

      かわゆす・・・。
      ありがとうございます!!笑

      写真に加工を加える事も検討したのですが、「息子の可愛い部分が台無し!!」という半分冗談みたいな理由+加工を加えても使う人は使う。という事を前提に注意喚起だけで済ませる形を取りました♪
      しかしながら、ウォーターマークという物を始めて知り調べた所、違和感無く画像に配置できそうなので色々調べて試して見たいと思います♪

      ご教授戴き、ありがとうございました!!