ブログのTwitter連携/ちょっと待って!デメリットは調べたの?

SNSは怖い

SEO会社関連の記事がバズった翌日、2ヶ月以上続いた連続ブログ更新が途絶えました。通常であれば勢いそのままに記事を更新して、連続でバズってやるぞ!!となる所でしょうが、私の場合はそうはなりませんでした。

連続更新を止めた理由はTwitterは怖いねって言う思いを受け入れるのに時間がかかった事です。

アクセスアップの為に、ブログを開設したらTwitterと連携しよう!!というのが今のトレンドですが、メリットあればデメリットもあるという事を理解した上で、Twitter連携するべきだと思います。

今回はブログの連続更新を辞めた理由と、ブログとTwitterを連携する上で知っておくべきメリットとデメリットのお話。※SEO会社記事経由で知り合った方には全く関係の無い話です。

スポンサーリンク

初めて認められた自分だけの記事

もう少しでブログ開設から3ヶ月。ブログジャンルは何でも書きます雑多ブログ。PV内訳の殆どはソーシャルゲームの攻略記事です。3ヶ月目のPV数として多い少ないは知りませんが、気付けば月間10万PVに手が届きそうな所まで来ました。

そんな中で初めてソシャゲ記事以外が注目を浴び、SNS拡散により多くの人に読んで貰う事が出来ました。こんな書き方をするとTwitter上で同じ事が起こるのは容易に想像付きますが、もう気にしない事に決めたので続けます。

ソシャゲ記事は所詮書き捨ての記事

読者が求めているのは攻略情報。極論を言えば、私のブログじゃ無くても誰も困らない。

まとめサイトが乱立し、有用な情報を書いてもグーグルのさじ加減1つで読者の目には止まりません。運良く上位に食い込んでも記事の有効期限は長くて1週間。フレッシュ系の記事が上位に割り込んできて気が付けば1ページ目から追い出されます。追い出されるとイベント期間中に1ページ目に戻す事は難しく、記事の有効期限は自動的に終了となります。

【私の】記事を読んでくれた方へのお礼

今回多くの方に読んでいただいた記事は100%私にしか書けない記事。初めて自分のブログ・記事が読者様から認められたような気がして、本当にブログを続けてきて良かったと言う気持ちになりました。

記事公開後、色々な所からリンクを張っていただき、各種SNSで共有していただき、グノシーからは謎の4アクセスをいただき、合計5,000人以上の方に読んでいただく事が出来ました。

アクセス数としては、上位のソシャゲ記事に全く歯が立たないレベルでしたが、重要なのは「私にしか書けない記事をわざわざ読みに来て下さった読者様が居た」と言う事実。

本当に嬉しかったです

全てのブログは参考書であり、ライバルでは無い

他ブログに対する考え方

特定ジャンルに特化したブログでは無い為、全ての他ブログは私にとってプラス要素を与えてくれる物であり、マイナス要素を与える物では無いと思っている。

ここで言うマイナス要素とは、自分が狙ったキーワードでの上位表示を邪魔するような記事と言う意味だが、自分が上位表示を狙ったキーワードで上位に表示される記事は、ソースレベルで解析すれば何かしら上位表示の理由が見えてくるし、ロングテールで当たる事を想定して書かれている記事には調べ物をする際、本当に私が知りたかった情報がそのまま書かれている事が多い。

そういった背景から、自分のブログを他ブログと比較する事はしない。

※まとめサイト系・力業での上位表示サイトは嫌い。(詳しく解析しても勝てないんだもの

Twitterに対する考え方

ブログ運営という同じ趣味を持った人達が「これは有用と思った記事のURL」を流してくれるので、ブログ開設から今までの間に得た知識や情報の大半がTwitter経由である。

そして情報収集ツールである以上に、人と会話が出来る対人ツールでもあるので、色々な業種・違った境遇の方々と接する機会を作る事が出来て、人間としての能力をあげられるという面を強く評価していて、事実一部の人とは良い関係を築けていると思っている。

Twitter上には色々な人が居る

  • 文字から人柄の良さが溢れ出てる人。
  • 馬鹿言ってるけど言葉のセンスが光る人。
  • つぶやきは不定期だが凄く有用な情報を流してくれる人。
  • 私の白猫記事を楽しみにしてくれている人。
  • 妻との会話ネタを提供してくれる人。
  • 趣味に夢中な事が気持ち良い程に伝わってくる人。

全て特定個人を思い浮かべながら書きましたが、本当に流れてくるツイートを見てて楽しくなるような人が私の周りには多い。

しかし、中にはそうでない人も当然居る。

Twitterにも妬み僻みは存在する

ブログ開設三ヶ月程度で10万PVを集めた反動なのか、特定記事がSNSで拡散された事が原因なのか、私の人格に問題があるのか。Twitterやコメントで色々な体験をしました。

  • ソシャゲ記事でPVを集める事に対する批判。
  • アクセス数公開以降、コメ返しすら無くなった人。
  • 数人で会話してても、居ない子扱いする人。
  • 某SEO会社様から直々にクレームも戴きました。

その他、書くと個人を特定出来そうなの物まで色々ありました。

陰があれば、必ず陽もある。これは仕方の無い事ですが、仲良くして貰ってると思っていた人ほど手のひら返しされた時の反動は大きく、全ての人とTwitterで関わるのを辞めようかと思いました。

ミュートにする意味

ミュートにするくらいなら、アナタとは関わりたく無いという意思表示として、フォローを解除すれば良いと思う。別にフォロワーの数を競うゲームじゃないから、増えようが減ろうが特に気にならない。

顔見知りであれば解除後に気まずくなるかもしれないが、ここはWEB上。何も気にせず解除すれば良いのになと最近良く思う。間違ってるかな?

スポンサーリンク

Twitterと上手に関わる術

RTされたから、次からRTを返そう。毎回RTするのに、RTされた事は無い。コメント貰えた。コメント貰えない。そんな事で悩みに悩んだ数ヶ月。

私が辿り着いた結論は関わりを持ってきてくれる人にだけ関わる

一部一方的に好きな人も数人居るので、その人達へはこれからも積極的に自分から関わっていくが、どっちでも良い人に関しては私からは絡まない。

Twitter上での妬みや僻みで悲しい思いや残念な気持ちには、もうなりたくない!!

とまぁ決意表明をした所で、私の性格上100%で実行する事は難しい。

初めてのTwitterで勝手が解らず、正直のめり込み過ぎていた感は否めないので、適度な距離を保ちつつ、接続時間は今までと変えずに、仲良くして欲しい人には積極的に行動していこうと思います。

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事