SEOやアクセスアップなどのブログ関連記事を書くメリット

ブログを収益化する方法、第3弾は『ブログ関連の記事を書くメリット』です。

このシリーズは『本音で語る』を売りにしているので、この記事だけを読んで「うわぁ、三十路男がそんな事を考えてたなんて引くわ~。」ってなるのだけは勘弁して下さい。

そんなシリーズ知らないよ?って人は、第1弾から読む事で一層理解しやすくなります。

第1弾:ブログを収益化する方法。キレイ事は抜きにして少し本音で話そうか

第2弾では「ブログ運営のノウハウに関する記事は、収益化に向いていない」という事を書きました。しかし、これは記事上にも書いた通りアドセンスなどのクリック報酬型広告を用いた収益化という観点においてのみ適用される物です。

今回は、ブログ関連記事を書くからこそ得られる収益には代え難い物の話。

スポンサーリンク

ブログ関連記事を書く事で得られるファンはブロガー

例えば私がアクセスアップ関連の記事を更新したとします。その記事を読んだ結果「三十路のブログは結構役に立ちそう」「次の記事も期待してるよ」と思って貰えた場合

  • Twitterでフォロー
  • FaceBookのいいね
  • Feedlyへの登録(更新情報取得)
  • URLをブックマーク

ファンを獲得する事が出来ます。(※上記の総称を以下、ファンとする)

そしてアクセスアップ関連の記事経由で得る事が出来るファンは基本的に全てブロガーさんです。今回のメイン題材は『ブロガーをファンにする事で得られるメリット』です。

ブロガーにしか出来ない記事の拡散方法がある

少し前に「三十路さんはファンが多いから何書いてもシェアして貰えるから良いよね。」と言われました。久々にイラッとした事は言うまでもありません。

これを機会に返信しておくと「この人は私のブログのファンだ」という認識で接している人なんて1人も居ません。そして「Twitterで私と遊んでくれている人達は馬鹿じゃありません」良い記事(その人に対して価値があると判断して貰えた記事)を書く事が出来ればシェアして貰えますが、当然興味の無い記事を更新してもシェアなんてして貰えません。

そうゆう発言をするのであれば、私の記事毎のシェア数を全部見てからにして下さい。

ふぅ。少しだけ脱線してしまいましたスミマセン。

本題に戻ります。

アナタの親兄弟は『はてなブックマーク』を知っていますか?

アナタの恋人・友人は『Feedly』を知っていますか?

「あ、恋人居ないのでしたね、スミマセン。」

※不意の煽りカットイン(ヒョウ柄)

つまりはそうゆう事で、ファンになってくれた人がブログに関わった事がある人(ブロガー)であれば、TwitterやLINEだけでなく、はてなブックマークやFeedlyなどを上手く駆使した記事の拡散を行ってくれる可能性が生まれます。

スポンサーリンク

ナチュラルなリンクを集められる可能性がある

見出しを読んで少し難しいと思った人も書いてあることは単純なので読んで下さい。

例えば「第1弾:ブログを収益化する方法。キレイ事は抜きにして少し本音で話そうか」を読んだファンの人が『この記事を読んで感じた事』として私の記事を紹介してくれたとします。

本を読んで感想文を書いた時に「○○という本を読んで~」と書く様に、記事を書く時に「三十路の記事を読んで~」とリンクを貼って紹介して貰うことで、自然な流れで付いたリンク(ナチュラルなリンク)をGETする事が出来れば、一般的には検索エンジン『Google・Yahooからのサイトに対する評価が高く』なります。

因みに、こんな事を書いておいてなんですが、私は紹介される程内容の濃い記事は書けていないので、被リンクは周りから「はぁ?マジで?」と言われる程に少ないですが、ナチュラルなリンクを集められる可能性があるという事はブログを運営する上で大きなメリットです。

同じ趣味を持った仲間と繋がる事が出来る

ハッキリ言います。これが私の思う最大のメリットです。

私はブログ開設当初、ブログ運営に関する話を妻にしていました。

三十路さん
聞いて!今日遂に1日100人見に来てくれた!!
奥さま
おー!凄いやんっ!
三十路さん
今日ね、グノシーに掲載されたんよ!
奥さま
へぇ~。すご~ぃ♪
三十路さん
最近アクセス数を増やす方法で悩んでるんだよね・・・。
奥さま
へぇ、色々大変やねんなぁ・・・。
三十路さん
遂に毎月3万円のお小遣いを稼げる様になった!
奥さま
キラーン

アイコンの表情を見て貰えば解る通り、ブログに関わっていない人に対してブログ運営の話をしてもチンプンカンプンなんです。私だって「嫁から化粧品の話」をずっとされたら、間違い無く吐きそうになります。(※嫁という立場上、私の話を無下に扱うわけにもいかず、これでも十二分に頑張って相手をしてくれたと思ってます)

「ブログにアクセスが増えて嬉しい!」

「収益が上がってきた事を言いたい!」

誰に言えば良いのか?

ブログを通じて知り合ったブロガーに言えば良いのです。

「Twitterでエゴサーチする方法が解らない!」

「はてブする基準が解らない!」

誰に聞けば良いのか?

ブログを通じて知り合ったブロガーに言えば良いのです。

ブロガーは検索上位を争う同業他社という考え方も1つあるのは事実ですが、それ以上に私は『同じブログという趣味を持った仲間』だと思って居ます。

先日、ブログを通じて知り合った1人の方と食事に行って来ました。三十路ブログが未だに存続出来ている理由に深く関わっててくれた恩人であり、豊富な知識量を基に解らない事をいつも教えてくれる先生でもある彼。

立場的には100%、私がお礼をしないといけない側であるにも関わらず、出産を喜んで戴き、妻と私に対して素敵なお祝いの品まで戴きました。(※絵は・・・ry)

私が自ら連絡を取る相手は男女合わせて3人しか居ません。それがまさかブログを始めた事で4人に増えるとは思ってもみませんでしたが、人と人との縁はどこで繋がるか解らないということは、ネットで妻と知り合い、結婚した事で重々理解しているので、これからも良縁を大切にしていきたいと思っています。

その他、褒められた事では無いかも知れませんが、私は諸事情により自分の周りに結婚・出産した事を殆ど伝えていません。その為、顔を知っているリアルな知り合いからよりも多くの「出産おめでとう」をブログ経由で知り合った方々から戴きました。顔も知らない、名前も知らない私なんかに対して「おめでとうの言葉」を送ってくれた皆様、本当に感謝しております。ありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログ関連記事を書くメリット/まとめ

過去2回に比べて、かなり脱線の多い内容になってしまいましたが、私が伝えたかった事は『ブログ関連記事を書く事によって、広告による直接的な収益を多く得る事は他のジャンルに比べて難しいです。しかし、ブログの認知度・検索エンジンからの評価が上がるのは勿論の事、同じ趣味を持った仲間と繋がる事が出来るという大きなメリットがある』という事です。

広告の収益化と銘打って記事を書いた手前、第2回の記事では書きませんでしたが、目に見える収益だけでなく、目に見えない人間としての収益を上げる事もブログ運営に必要な物です。

最後になりますが、なぜ時期未定だった第3弾を公開したのか・・・?

「反応があって嬉しかったからに決まってんだろ、言わせんな恥ずかしい!」

・・・と言う訳で今回は少し砕けた感じでお終い~♪

第4弾:「ブログには好きな事を書けば良い」が生む語弊と正しい解釈

※追記※

問合わせメールが後を絶たないので、導入しているアフィリエイトはコチラに纏めました。

オススメアフィリエイトの比較と選び方/三十路男が使っているASP全部

※20150919追記※

お陰様で全9話。本音で語ろうシリーズは完結しました。

ブログ運営にかかる費用や、実際に利用しているサービスなど『サラリーマンが副業で稼ぐ為に必要な投資額、実際の収益など』を全てさらけ出しました。

サラリーマンの副業/毎月5万円稼ぐブログ運営情報の全て

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事