お盆休みの過ごし方/赤ちゃんと過ごす大型連休を楽しく過ごす方法

「お盆の過ごし方が決まりません」という相談を受けましたが、私も決まっていません。

  • 一般道路でも渋滞
  • 高速道路が大渋滞
  • 商業施設は人で溢れかえる
  • テーマパークは地獄絵図

目的地に向かう道中は勿論、やっと辿り着くことが出来た目的地に着いても『混雑』しかありません。そんな『遊びたいけど、遊べない大型連休の過ごし方』を考えてみました。

スポンサーリンク

お盆休みと言えばお墓参り

私は完全なる無宗教ですが、お盆休みには必ずお墓参りに行きます。山手にある霊園なので、小さい頃はセミ取りをする場所というイメージが強かったですが、父親が亡くなってからは数少ない独りで泣ける場所です。

お墓参りに行く時間帯

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、お盆のこの時期は未だ暑い日が続きます。

日が高く無い時間帯(~10:00, 16:00~)を大まかな目安に、赤ちゃんの機嫌と相談しながら出来る限り家族に負担がかかりにくい時間を選んで行くようにしましょう。

熱中症対策は忘れずに

お墓参りに行って熱中症にかかり自分もお墓に入る…。というのは冗談として、赤ちゃんは大人よりも日の光に弱いので、小まめな水分補給や帽子を被るなどして熱中症対策は必ずしてあげましょう。

お盆休みを有意義に過ごす方法

在り来たりな方法を調べた上で、混雑が多いという理由で予定を立てられずに居るので、何処にでも乗ってそうな過ごし方はここまでにして、個人的にオススメしたい過ごし方をご紹介します。

赤ちゃんの成長を手助けをする時間

子育ての方法でも触れましたが、赤ちゃんの成長に欠かせないのは『気づきを与えること』です。ウチの場合はあんよですが、月齢に応じて次に覚えて欲しい物事が必ずあります。普段は忙しくて中々子どもとの時間を作れないでいるお父さん・お母さんは大型連休を使って成長の手助けをしてあげて下さい。

※〇〇の練習等は、子育ての悩みカテゴリーに入ってます←宣伝

オススメ子育ての悩み

夫婦でしっかりと話合う時間

子育てに追われていると、本来家族の核となるべき夫婦生活が蔑ろになりがちです。日中は子どもがクタクタになるまで一緒に遊び、寝静まった後にお酒でも飲みながら『家族から夫婦に目線を向けた話』をしてみては如何でしょうか。

※夫婦の話は、夫婦円満のカテゴリーに入っています←宣伝

オススメ夫婦円満の秘訣

家族揃ってプチ贅沢

長い人では6日以上も続くお盆休み。毎日必死に頑張っているのだから、1日くらいプチ贅沢しても罰は当たりません。七輪に炭を起こし、普段は買えない少しお高いお肉を焼いて、キンキンに冷えたビールで流し込む。最高ですよ。

バーベキューの火起こしは難しいと思われがちですが、物の数分で着火することが可能です。炭やトングなどを一式購入しても1万円でおつりが来るので、プチ贅沢には持って来いです。

もう一度言いますね、最高ですよ。

スポンサーリンク

お盆休みの過ごし方の注意点

赤ちゃんを連れてという前提においては、いくつかの注意点があります。

細かな予定を立てるのはNG

朝は何時に家を出て、お昼は何時にご飯を食べてなどという細かな予定を立てるのはオススメしません。渋滞等の影響は勿論、赤ちゃんを連れてをいう状況下にイレギュラーは付きものです。

予定通りに事が進まないとイライラしてしまい、折角の休日を台無しにしてしまいます。大まかに「今日はコレをする」程度の予定を立てて、後は赤ちゃんの機嫌次第という緩い感じの予定で出かけましょう。

予定の詰め込みすぎはNG

お盆休みが終わると同時に生涯の幕を閉じるのであれば構いませんが、まだまだお墓に入る訳にはいきません。休み明けに疲労を残さない為にも無理矢理予定を詰め込みすぎるのは辞めましょう。

予定なんて無くても子どもと過ごす6日間を想像しただけで、ヘトヘトになるのは目に見えていますので…。

飲食品の取り扱いには注意

何度も書いている内容になりますが、暑い時期に離乳食ストローマグを持ち歩く際には必ず保冷バッグを利用して下さい。菌が繁殖して食中毒でも起こしたら大変です。

旦那がケーキを買って帰ってきた時に付いている保冷剤などを上手に活用して、赤ちゃんの口には出来る限り安全な食べ物・飲み物を入れてあげられる様にしてあげてください。

普段居ないパパ・ママがいるだけで

毎朝寝ぼけた息子に後ろ髪を引かれながら仕事へ行き、毎晩寝室で眠る子供を眺めることしか出来ない父親と、それでも満面の笑みで寄ってきてくれる赤ちゃん。それを考えれば『同じ時間を共有するだけで、赤ちゃんにとっては幸せなこと』なのだと解ります。

どんなおもちゃを買い与えるよりも、親と遊ぶ時間の方が楽しい。どんな場所に出かけるよりも、親と一緒の時間を過ごせる方が幸せ。よし、全力で子どもと遊ぶ。

※全て自分への言い聞かせ

スポンサーリンク

隙間時間を有効活用

子どもと過ごす休日は隙間時間(お昼寝時等)は沢山あれども、纏まった時間を作ることが難しいのが実情。そんな隙間時間をダラダラとテレビを見て過ごすのは勿体ない。そこで、パパとママにオススメしたいのがコチラ。

三十路男の悪あがきブログを初めから全部読もう!!

というのは半分冗談として、隙間の時間を見つけて子どもの誕生日・記念日を見据えて飾り付けや王冠作りに使える物を求めて100鈞などに行くのもオススメです。流石に、100円均一まで大混雑ということは無いでしょう。

それでも時間をもてあましたら、三十路男の悪あがきを読んで下さい♪(笑)

 人気 おすすめの育児用品

 関連 子どもと旅行

オススメ赤ちゃんの写真を撮る

 人気 赤ちゃんの部屋作り

お盆休みは全力で遊ぶぞー!

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント

  1. エル&ソル より:

    巡り巡って、こちらのブログにたどり着きました(⌒▽⌒)!!
    興味深く読ませて貰ってます!!

    ウチは3歳と5ヶ月の姉妹なんですが…2人目でも子育てには苦戦しています!そんな旦那にhttp://30sman.com/childcare-tired.html
    を読んで貰いたい。けど、嫌味なく読んで貰ういい方法はないものかと…
    亭主関白を気どりたいけど、そうさせてあげられずよく喧嘩になります…
    割と手が掛からない方ですがもう少し育児の大変さをわかってくれたらと思うんです。そしたら私も少しは優しくなれるのかも…

    • 三十路男 三十路男 より:

      巡り巡って来て下さりありがとうございます!!(お盆休みで返信遅くなりすみません)

      角を立てずに「育児って結構大変なんだよ?」ってことを伝えるのは非常に難しいですよね・・・。
      他の方は旦那さんの知人から旦那さんに記事をシェアして貰うなどして、遠回し遠回しに伝えようと頑張っておられましたw

      中々そう上手くはいきませんが考え方1つで「相手が変わったことで自分が変わる」のと、「自分が変わったことで相手にも変わって貰う」は過程は違えど結果は同じなので、取り急ぎ少しだけ優しくしてあげてください♪
      男性はこの世で1番単純な生き物!!笑