いい旅を謳うなら新幹線は禁酒にするべき/帰り道で全てが台無しに

何故、小汚いオッサンは新幹線に乗るとお酒を飲むのでしょうか。イカ臭いアテを肴に缶のビールやチューハイを飲みながら、突然事切れて寝落ちしてしまう姿は、残念な大人以外の何物でもありません。

家族や恋人と旅行に出かけ、現地で素晴らしい想い出を作った帰り道、隣に座った小汚い酔っ払いのせい『旅の全てが台無し』になることだってあります。新幹線含む各種交通機関はこぞって「いい旅」を売り文句にしますが、本当にいい旅のお手伝いをしたいのであれば『お酒の販売及び、持ち込みは全面的に禁止するべき』です。

スポンサーリンク

何故、新幹線でお酒を飲むのか?

何故、家に帰るまで我慢出来ないのでしょうか。小学校の頃に『家に帰るまでが遠足』だと教わらなかったのでしょうか。帰っても一緒にお酒を飲んでくれる人が居ないのでしょうか。そもそも、帰る家が無いのかも知れませんね。新幹線でお酒を飲む人の気持ちなんて解りたくても解りませんが、周りに害しか与えないので辞めて下さい。

新幹線でお酒を飲む人が周りに与える害

周囲にどれだけの迷惑をかけているのか、解っていますか?

お酒の力で態度が当社比3.0倍

会社で虐げられ、家庭では肩身の狭い生活を強いられているオッサン達でも、お酒の力を借りると態度が大きくなってしまいます。※当社比3.0倍

短い足を必死に伸ばして通路側に放り出したり、肘置きを通り越して隣の座席に身体を乗り出したり、この時ばかりは「オレが世界で一番偉い」と言わんばかりの態度になります。

口臭と酒の臭いが混じり合った劇薬

胃の中身が腐っているのでは無いかと思える程の口臭と酒の臭いが混じり合った吐息は、まさに劇薬。寝落ちして動かぬ劇薬散布機となったオッサンは周辺の空間を支配します。

指定席は逃げられない牢獄になる

わざわざ別途料金を払って座った指定座席の横が酔っ払いだった場合、そこは自らの足で迷い込んだ牢獄になります。トイレに行きたくても横で泥酔しているオッサンを起こさなければならず、十中八九「人が気持ち良く寝てるのに何起こしてくれてんねん」という顔をされます。指定席は隣の客が来るまで善し悪しの解らないギャンブルです。

最終奥義!酔っていたから覚えていない

酔っ払いに絡まれたり、酔っ払い同士のトラブルは後を絶ちませんが、最終的に行き着く先は「酔っていてハッキリは覚えていない」の奥義発動。酔っていたら何をしてもいい訳でも無いし、覚えていないから許される訳でもありません。

新幹線でお酒類を販売する理由

新幹線でお酒を販売する理由はシンプルに『儲かるから』でしょう。お酒を目の前にして辛抱たまらず買うオッサンが多数居ますし、相乗効果でお弁当なども売れるのかも知れません。交通運賃+αを稼ぎ出す為に、交通機関側も必死なのでしょう。

慈善事業では無く、あくまでもビジネスなのでアルコール飲料を販売している企業へ恩を売ることにもなるでしょうし、儲かるなら何でも売るスタンスなのでしょう。

スポンサーリンク

よく考えて欲しい、新幹線に乗る理由

企業側には1度しっかりと考えて欲しい。

新幹線に乗る理由は旅を良い物にする為

移動時間の短縮には、非常に大きなメリットがあります。

新幹線を利用することで、目的地で過ごせる時間が増えると共に、移動疲れの軽減により旅を更に良い物へと変えることが出来ます。仕事に置き換えても同じで片道7時間かけて大阪~東京間を車で移動してきた営業マンと2時間半の新幹線で来た営業マンとでは、どちらがいい結果を生みやすいかは一目瞭然です。

お酒が飲みたいから新幹線に乗る訳では無い

「お酒が飲みたい」と思い立って「新幹線に乗ろう」となる人は居ません。居酒屋も兼ね備えた高速鉄道を目指すのであれば構いませんが、それならば「いい旅を提供するという謳い文句は全面的に撤廃」してください。

利用者には女性や子どもだって居る

男性と比べて腕力で劣る女性や子どもが利用することもあります。酔っ払いに絡まれた場合、極希にしか回ってこない車掌の登場を待ちながら堪え忍ぶしか無いのでしょうか。周りに居る誰かが助けてくれるのを待つしか無いのでしょうか。弱い者が守られる世界は優しく良い世界ですが、弱い者が守られなくても安心出来る世界であるべきです。

酔っ払いに泣き寝入りする人が大半

東京からの帰り道、隣に座ったオッサンが氷結片手にイカを貪っていました。狭い車内ですし、どうせすぐ寝ると我慢して居ましたが、物の数分で肘置きを飛び出してコチラのシートへと浸食してきました。通信制限でイライラしていた事もあり厳重注意すると、荷物を置いたまま終点の新大阪に到着するまで戻って来ませんでした。

今回は揉め事にはなりませんでしたが、酔っ払いを相手にすると『本当に損しかしない』のは誰もが知っていること。多くの人が横の座席で1人パーティを始めるオッサンに対し、嫌な気持ちを押し殺しながら、早く目的地に着いてくれと我慢より他に選択肢がありません。

スポンサーリンク

新幹線でお酒を飲む人全員が悪い訳では無い

先日も見かけましたが、連結部分に移動してサラリーマンが話をしながら缶ビールを飲んでいました。こういう人達を見ると「最低限の気遣いが出来ていて良いな」と思います。チビチビやっているので酔う様子も無く、周りに迷惑をかけることはありません。

禁煙車両の次は、禁酒車両で良い

全面禁酒は「小汚いオッサンの権利」を奪いかねないので、飲酒可能車両でも作れば良いと思います。酔っていたら何をしても良いと思っている人同士が揉めても「お互いが酔っていたら何をしてもいいと思っているので、結果何も無かったことになる」でしょう。酔っ払いしか居ない車両とか、どこぞの施設より酷い地獄絵図過ぎて連結部分から動画撮りたい。

保護者同伴でも可能

お酒を飲んで酔って迷惑をかける様な人達は色々頭が足りていないので、保護者同伴の場合だけ飲酒可能でもいいです。周りに迷惑をかけた時に責任能力を伴う人(本来は本人)が居ないのであれば、飲むべきではありません。

酔うなら飲むな、飲むなら酔うな

若い頃からずっと「酔うなら飲むな、飲むなら酔うな」と周りに言っています。薬をやって飛んで周りに迷惑をかけるのと、酒を飲んで酔って周りに迷惑をかけるのに大差はありません。

『ガキちゃうねんから、誰にも迷惑をかけない家でやれ』

目に見えない健康被害より実害に目を向けて欲しい

私は喫煙者ですが、近年の喫煙に対する風当たりの強さは然るべき物だと思っています。灰皿があるからと言ってコンビニの入り口で吸ってる人を見ると「バカかな?」と思いますし。なので、喫煙者を締め付ける方向性はそのままに、酔っ払いによる実害にも目を向けて取り締まって欲しいと思います。

結局の所、税金の取り所が無くなるとか飲食店とか大手企業がダメージを受けるとか、色々なしがらみで何も出来ないのは目に見えていますが、酔っ払いなんて薬キメてる奴と変わらんから。

犯人は「近頃の若いモンは」と言う世代

不思議なもんで、若い子等が新幹線内でお酒を飲んで騒いでいたりする姿は1度も見たことがありません。新幹線の利用回数は大阪~東京100往復程度しかありませんが、酔っ払いは「近頃の若いモンは」という世代の人達ばかりです。

私自身、30歳を過ぎて若いモンとは言われない世代に入ってきましたが、何処に行っても本当に老害が多すぎてイライラします。見た目も中身も丸くなってしまった今、老害に注意すると妻に怒られるから注意しなくて良い様になってよ。若いモンに文句言う前に我が振り直せよ。

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事