仕事と子育てを両立するコツは「だから頑張れる」を作ること

「仕事を辞めて子育てに専念したい、もっと子供との時間を作ってあげたい」と思い悩み続けてきましたが、最近になって『仕事と子育てを両立するコツ』が少しずつ分かってきました。

スポンサーリンク

仕事と子育ての関係性

仕事と子育ての関係性

仕事と子育ては切っても切れない関係にあります。

子育てにはお金が必要

子供を育てるために【お金】は必要不可欠なもの。これは「世の中、金じゃない」という綺麗事をどれだけ並べても揺るがない事実です。

食べる物、着る物、学ぶ物、子育てに必要な物を国や自治体は与えてくれません。子供を育てる為には、最低限のお金が必要なんです。

お金を得るには仕事が必要

お金を得るためには【仕事】が必要です。サラリーマン、自営業、フリーランスなど働き方の選択肢は色々ありますが、何かしらの仕事に就く必要があります。

子育てと仕事は繋がっている

子供を育てるためにお金が必要で、お金を得る為には仕事が必要。現実を直視した今だからこそよくわかります。子育てと仕事は太い1本の線で繋がっています。

仕事と子育ては両立ではなく共存

仕事と子育ては両立ではなく共存

「仕事と子育てを両立させたい」という親の願いと「両立できない」という現実に悩んだこともありました。

 関連 仕事を辞めて育児がしたい。子供との時間をもっと作りたい

悩んで、悩んで、悩み抜いた末に出した答えは【仕事と子育ての共存】でした。

仕事は子育ての一環

子育てに必要なお金を稼ぐために仕事を続ける。言い換えれば【子供のために、仕事をしている】ということ。『子供のため』は親にとって何よりの活力になります。

スポンサーリンク

コツは「だから頑張れる」を作ること

コツは「だから頑張れる」を作ること

子供のためなら嫌な仕事も頑張れる

仕事をしている理由は子育てから逃げるためなんかじゃない。仕事中も子供のことばかり考えているし本当なら今すぐ帰って遊んでやりたい。でも、一緒に居てあげることだけが子育てではない。

パパにできないことをママがやってくれている。ママにできないことをパパがやってくれている。たったそれだけのことです。親の願いは幸せそうに笑う子供の姿を見ること。だから仕事を頑張れています。

仕事があるから子育てを頑張れる

自分で言うのも変な話ですが、休日の私はメチャクチャ有能なパパ(その反動で無能な旦那)です。極力ママには休んでいてもらい、朝から晩まで子供と一緒に出かけて一緒に遊んで一緒に笑って、とにかく全力で子育てしています。

しかしながら、これは週に2日, 3日しかない貴重な休日だからこその話…。週7日間、毎日全力で子育てすることはできません。抜くとこは抜かないと体力も気持ちも持ちません。

ママが5日間も頑張ってくれていることに若干の申し訳なさを感じながらではありますが、平日に仕事があるからこそ、出し惜しみ無しの全力で子育てを頑張れています。

お互いがお互いを頑張れる理由に

仕事があるから子育てを頑張れる。

子育てがあるから仕事も頑張れる。

お互いの存在を「だから頑張れる」の理由にすることができてからは、本当に前向きな気持ちで頑張れるようになりました。

仕事と子育てを両立する術を悩むのは親になった証拠

仕事と子育てを両立する術を悩むのは親になった証拠

仕事を始めた頃の比較対象は自分の時間だったものが、彼女になり、奥さんになり、そして子供になる。仕事と子育てのバランスを考えるようになったのは【親になった証拠】です。

アレも欲しいコレも欲しいでは無く、アレのここが欲しいコレのここが欲しいを突き詰めていけば、自ずと答えは出てきます。

 関連 仕事が忙しいを理由に、家族や子育てと向き合わないのは甘えと知った

スポンサーリンク

自分の選択に胸を張ろう

1本の太い線で繋がった仕事と子育ての間にあるのは家族だけ。周りの意見に左右されることなく、家族としての理想の形を作りあげていってください。

私は【共存させる道】を選びましたが、中には【片方を切り捨てる道】を選ぶ人もいるかも知れません。どの道を選ぶにしても自分が目一杯悩んだ末に出した答えなのであれば、胸を張ってください。自信を持って毎日を過ごしてください。

あとがき

この記事は、仕事のせいで子供と過ごす時間を作れないと悩む人のために書きました。

子育ての最中に立ち止まることは難しいので、悩みながら進んでください。視界が開けるまでは進み続けてください。明るい景色が見えたら、そこがアナタの正解です。

最後に「仕事のことを妻が理解してくれない」という件。

厳しいことを言うようですが、妻の理解は自ら得るものです。間違っても、与えられるものではありません。しっかりとお互いの本音を夫婦間で話合う時間も大切ですよ。

 関連 相手と向き合う覚悟がなければ夫婦関係はうまくいかない

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事