「早く帰る人に仕事を回せばいい」なんていう会社は潰れてどうぞ

どの会社にも定時になったら仕事を切り上げて早く帰る人って居ますよね。

  • 自分は残業してるのにズルい
  • あいつだけ仕事が少ないからだ
  • もっと仕事を詰め込めばいい

そんな謂われの無い陰口や視線に嫌気がさして、仕事がないのに残業したり無能な従業員の手伝いをしたりしている人が沢山います。「残業=頑張っている=」という考え方は日本のお家芸ともいえる悪しき風習です。団塊の世代を象徴する老害の発想とでも言いましょうか。

ハッキリ言って糞みたいな発想。

スポンサーリンク

「他の人より早く帰ってるんだから」と仕事を頼まれた

「他の人より早く帰ってるんだから」と仕事を頼まれた

私の上司は上から物を言うことをせず、常に部下と同じ目線で話せるひと。そんな上司から「お願いごとがあるから会議室に来て欲しい」とお願いされた。嫌な予感しかしなかった。

仕事現場に溜まる不平不満

仕事現場に溜まる不平不満

話の内容としては『40歳をとうに過ぎたババァから「私は遅くまで残業してるのに、三十路さんは毎日早く帰っている。不公平だから自分の仕事を少し回して欲しい」という不満の声が上がってきた』という物だった。

聞いた瞬間、笑いしか出なかった。

そもそも早く帰れてねーよって

そもそも早く帰れてねーよって

妻が記事を読んだら勘違いされてしまうので、名誉のために言っておくが「そもそも、早くになんて帰れてねーよ」って話。毎日子どもの寝起きと寝顔しか見られない生活をしているのに「早く帰ってるから」とか狂っとる。

早く帰る人が早く帰れる理由

早く帰る人が早く帰れる理由

中には上司に対する仕事していますアピールが上手くて仕事量が圧倒的に少ない人、他人に仕事を丸投げして自分だけは帰ってしまう人など自分の利益しか考えない人もいるが、しっかりと会社に利益(売上や人柄、その他諸々)という目に見える形で貢献している人(誰からも文句を言われる筋合いがない結果を出している人)で早く帰る人には、早く帰れるなりの理由が必ずある。

業務時間中は無駄話を一切しない

上司はおしゃべり好きなので1日に何度も話しかけてくる。1度受けると10分は続くので恐ろしく迷惑そうな顔をしながら忙しいのでと断るようにしている。ビジネスライクであっても縦横の繋がりは大切なので、お昼休憩の時にはできる限り話をする様にしている。

仕事中は仕事だけ、休憩中は仕事はしない。メリハリのある働き方を意識的にやっている。

空いた時間は作業効率を高める準備時間

前の案件と次の案件に間ができたら、行う頻度の高い作業(通常業務、定期的にある業務等)から順番に次回作業時に少しでも自分が楽になる(作業効率が高くなる)ことを目指して準備をしている。資料を纏めたり作業手順書を書いたり、勝手にシステム化することもある。

同じ仕事を1分でも早く仕事をあげることができれば、1分でも早く家に帰れるから。

仕事のスケジュールを管理する

毎日3時間残業するくらいなら、定時で帰る日と6時間残業する日があった方が良い。数ヶ月に渡るスパンの仕事をダラダラやっても効率が悪いので、頑張る日はとことん頑張る。頑張れない日は早々に帰る。

偉そうなことを言ってるように見えるが、こうでもしないと子どもとの時間が作れない。

持ち帰れる仕事は自宅でやる

家で仕事したくないので、設計開発案件や見積もり案件など通常業務を持ち帰ることは絶対にしないが、システム保守の類いは自宅から作業している。仕事終わりが19時でシステム確認が22時だからと言ってムダに3時間待機することは絶対にしない。

ムダな待機時間を省かなければ、子どもをお風呂に入れてあげられる日すらこない。

休日でも嫌な顔ひとつせずに仕事をする

休日の朝イチに「システム障害がでたから助けて欲しい」なんてことが良くある。家族との時間なので基本は出勤しないがノートパソコンで外から普及作業をする。月に2~3度は最低でもあるが、別途賃金や代休など言わずやれることはやってあげる。

家族との時間に、お金や休みをあげるから出勤して欲しいと言われる方が困る。

スポンサーリンク

早く帰る人ほど会社には必要とされる

早く帰る人ほど会社には必要とされる

年明けから関わっている店も含めれば7店舗の経営に関わっているが、雇われる立場で「自分の価値を高める努力」をしない奴は基本的に全員バカ。そんな奴等に限って「給料が~、不公平が~」などと愚痴を吐く。

  • こいつが居るから仕事が取れる
  • こいつが居るから仕事がこなせる
  • こいつが居るから人間関係が円滑に回る

努力の先は何でも構わないが「こいつが居るから」という自分の価値を作ろうとしない奴に文句を言う資格はない。価値さえ作ってしまえば会社に不利益を与えない限り後は放っておいても会社に必要として貰える。

残業している人の仕事を代わりにやってみた

残業している人の仕事を代わりにやってみた

現場から上がってきた不平不満を頭ごなしに拒否することもできず、頭を下げてきた上司の顔を立てる形で「早く帰ってるから」という言いがかりを元に回ってきた仕事を受けた。仕事内容は至極簡単で文句タラタラのババァがすると毎回半日で私がすると2時間もかからず終了した。

2時間で終わる仕事をダラダラ半日かけるから帰るのが遅くなる。嫌がらせのつもりかも知らんけど、体勢に大きな影響は一切出ないのよ。私の手が早い訳でも仕事ができる訳でもなく、お前が効率よく仕事できなさすぎるだけなんよ。つまりはそういうことなんよ。

スポンサーリンク

「早く帰る」を褒める社会になってほしい

「早く帰る」を褒める社会になってほしい

最近では「スーツのはるやま」の運営会社:はるやまホールディングスが月間残業時間がゼロだった社員に対して1万5000円を支給する「No残業手当」制度の導入を発表しましたが『仕事を効率よくこなして早く帰る』は働き方として最も褒められるべき姿です。

「上司が残業してるから」とか「同僚が遅くまで頑張ってるから」とか言ってる奴はみんなバカです。公私混同することなく仕事は仕事できっちりこなして、残りの時間は家族と過ごしたり趣味にあてたりできる人になりましょう。

「そうは言っても仕事クビになったら困るし」って言う人もいるけど、日本の会社は良くも悪くも簡単にはクビにならん。因みに、倒産したりクビになった時用のリスク回避策を用意していないのは自分が悪い。本格的に転職するとか本業に昇華できる副業を持つなどの選択肢を用意するのか、早く帰れる人を嫉みながら生きてくかは好きに選べばいいと思う。

 関連 仕事が忙しいを理由に、家族や子育てと向き合わないのは甘えと知った

 人気 仕事を辞めて育児がしたい。子供との時間をもっと作りたい

オススメ『仕事を辞めたい』給料・休み・人間関係/好き勝手に転職しまくった結果

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント

  1. 育児が怖い より:

    この問題は、本当に難しいですよね。
    スーツはるやま、の取り組みは大変素晴らしいと思いますが、実際の所、誰かに頼んで早く帰るヤツが発生しそうな気がしてなりません。
    以前、2人で仕事をしており、半々で仕事を割り振ってましたが、相方が裏切り上司に仕事量が多いと報告。結局私にしわ寄せが。
    7.5:2.5くらいの仕事量になり、相方は早々に定時退社。
    時間で給料が発生しているので
    なんとも出来ませんが、仕事量の出来高制で
    お給料がもらえたら、と考えたりもしました。笑
    三十路さんと同じく、効率良く仕事している人が馬鹿を見ない社会であって欲しいと願うばかりです。

    • 三十路男 三十路男 より:

      「やるべきことをやった上で」という大前提を理解しない人が多いですもんね…。成果に応じた対価を求めると全てを管理されて仕事がやりにくくなる側面があるので、実現するかは別問題としても中々言い出せないですもんね;

      仕事を効率よくこなすことは会社のためであり自分のためだということが解れば、もっと良くなると思うのですが難しいですね・・・w