知育玩具/0歳の赤ちゃんにパパがあげた初めてのプレゼント

肌着を買いに行ったハズが、おもちゃで楽しそうに遊ぶ我が子を見たくて目に付いたおもちゃをレジに持っていってしまったり。親戚達・友人達が物で釣ろうという浅ましい思いを隠すことなくおもちゃを買って来てくれたり。生後8ヶ月にして息子のおもちゃ箱はパンパン。

みんな遊んで欲しいと思っているのに、赤ちゃんは自分の好みを教えてくれないので『おもちゃを買ったのに、全然遊んでくれない』なんて事は良くある話。我が家にも遊んで貰えない(数秒で飽きられる)おもちゃ達が大量にある訳ですが、そんな中に『元々は見向きもして貰えなかったにも関わらず、No.1おもちゃの座にまで上り詰めた奴』が居ます。

パパが生後間もない赤ちゃんに贈った初めてのプレゼントが、知育玩具として赤ちゃんの成長を感じさせてくれる素敵なおもちゃだった。という話。

スポンサーリンク

初めてのプレゼント選び

初めての赤ちゃん、初めての子育て、その全てが想像でしか無かった。

  • 顔に当たっても痛くない
  • 口に入ってしまわない大きさ
  • あかちゃんでも掴める
  • 音が鳴る方が良い
  • 機械的な物はイヤ

妻の入院中に1人でベビザラス・西松屋・赤ちゃん本舗などに足を運び、赤ちゃんのおもちゃコーナーに並ぶ知育玩具を片っ端から手にとっては戻すを繰り返した末に選んだのは『BabyLabo:アンパンマンのはじめてラトル』だった。

生後0ヶ月/おもちゃは見向きもされなかった

知育玩具_0歳_0ヶ月

無事に退院する事が出来たその日、パパは嬉しそうにおもちゃを袋から出して赤ちゃんの目の前に持っていったが反応はこれっぽっちも無かった。ムキになって目の前でおもちゃをゆらゆらさせてみたり、フリフリして音を出してみたりしても結果は同じ。

無理矢理感満載で赤ちゃんの手におもちゃを握らせた時、赤ちゃんの手が本当に小さくて、握ったおもちゃが本当に大きく見えて、まだ殆ど開かない目で何かを見つめながら小さな体で必死に生きる赤ちゃんの姿に涙した。

スポンサーリンク

生後3ヶ月/音が鳴る物への興味

知育玩具_0歳_3ヶ月

初めてのプレゼントを渡してから3ヶ月。ずっと固く握り締められていた手は少しずつ開くようになり、自らの意志でパパの指を握ってくれるようになった。笑ってくれる回数もかなり増えたので「今がチャンス」という瞬間には必ずパパのあげたおもちゃを差し出したが、次々入ってくる新入りおもちゃ達に興味の全てを奪われ、遊んで貰える機会は限りなく少なかった。

半ば諦め気味にふりふりして音を鳴らすと目を見開いて喜んだ。そして次の瞬間には自らの意志でパパのあげたおもちゃを握ってくれていた。でも、カメラを向けるといつも真顔だった。

生後4ヶ月/物を掴んでふりふり

生後4ヶ月を迎えた頃には、片手だけを上手に振る事は出来ないまでも、全身を使って握ったおもちゃを揺らすことで音を出して遊んでくれる様になった。持たされるおもちゃから、持つおもちゃに変わり、音を鳴らすおもちゃになった。

スポンサーリンク

生後6ヶ月/タグを噛むのが大好き

知育玩具_0歳_6ヶ月

ハーフバースデーを迎えた頃にはNo.1おもちゃの座を欲しいままにしていた。バンボに座っている赤ちゃんの手の中、ずりばいで向かっていく視線の先、赤ちゃんの口の中。そこには常にパパのあげたおもちゃがあった。

下の歯と上の歯茎を上手に使って、おもちゃから飛び出た2つのタグをいつでもカミカミ。時にはアンパンマンの鼻を千切る勢いでかぶりつく。そんな時に目が合うと必ずドヤ感満載で笑う赤ちゃんを見て、赤ちゃんの半年という時間の長さを感じた。

生後8ヶ月/どこに行くのも一緒の友達

知育玩具_0歳_8ヶ月

パパ・ママともお買い物にも、車に乗って出掛ける公園にも、どこに行くのも一緒の友達。新入りおもちゃ達に興味を示しはする物の、最終的に辿り着くのはいつもパパがあげた初めてのプレゼント。

あれだけ小さかった手はアンパンマンの顔より大きくなり、随分乱暴に扱われる用にはなったけど、それすらも愛嬌。今では我が家の育児に欠かせないアイテムになった。

スポンサーリンク

0歳の赤ちゃんに贈る知育玩具

当時、0ヶ月の赤ちゃんに「パパが買って来たおもちゃで遊べ」なんて無理難題を押し付けた私が言うのも変な話ですが『0歳の赤ちゃんに知育玩具を与えるのであれば、1つの知育玩具で段階的に赤ちゃんの成長を見て取れる物』を贈る事をオススメします。

  • 物を握ること
  • 音に興味を持つこと
  • 手を振ること
  • 口に物を入れること
  • 口で物を噛むこと

愛する我が子に贈る初めてのプレゼントは、0歳の赤ちゃんにおおよそ必要と思われる成長過程の全てを経験させてくれる知育玩具。みなさんも、そういう物を選んであげて下さいね。

で、結局何の話だったのかって?

『パパが選んだおもちゃで遊んでくれて嬉しい!!』って話だよ。言わせんな恥ずかしい

追伸:そう言えば、昨日インスタグラムなる物を始めました。「目指せフォロワー100人くらい」という訳でゆる~く使うので良ければフォローしてくださーい♪

Instagram:三十路男の悪あがき

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事