見出しタグ[h1, h2, h3]の正しい使い方/ブログ初心者は迷わずコレ

まず始めに、見出しタグの付け方には諸説あります。

その中で私がベストと思っている見出しタグ[h1, h2, h3]の使い方を纏めます。

副業ブログを運営する上で『細かな理由・設定する意図』などを理解する必要までは正直感じないので『三十路男の悪あがきブログがやってるから真似しておこう。』くらいの感じで真似して貰えれば良いと思います。

それでは、どーぞ。

スポンサーリンク

見出しタグの正しい使い方

文字で説明するのは難しいので、三十路男の悪あがきブログを画像にして説明します。

三十路男の悪あがきブログの見出しタグ構成

見出しタグの使い方

私はSimplicityを利用させて貰っているので、記事にタイトルを付けると『自動でh1タグにタイトル部分を設定』してくれます。

※Simplicityの記事制作画面では【段落, 見出し1~見出し6】となっています。

  • 見出し1=<h1>タグ
  • 見出し6=<h6>タグ

見出し_選択方法

記事内で使っているタグは2種類

私が記事の中で使うタグは基本的に<h2>, <h3>だけです。

随分無理矢理な記事運びにしましたが、この記事の構成を見直すと

<h1>タグ

見出しタグ[h1, h2, h3]の正しい使い方/ブログ初心者は迷わずコレ

<h2>タグ

見出しタグの正しい使い方

<h3>タグ

三十路男の悪あがきブログの見出しタグ構成

記事内で使っているタグは2種類

こんな感じの構成になっています。

タグの実用例

見出しタグの使い方_実例

中見出しの<h2>だけで完結してもOK!!

小見出しの<h3>を複数使ってもOK!!

※あまりに見出しが多すぎると見にくくなるから、読者側の視線で考えて記事ボリュームに応じて見出しの数は変えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

この辺の考え方は『古いSEOの概念を払拭出来ていない』と言われればそれまでですが、現状のSEOの概念においても『代替え案が出てこない限りは古きも重要』という事で、今でもずっとこの書き方を続けて居ます。

当たり前の様にやっている事が、当たり前で無かった事に少し反省しています。

これらも踏まえて、これからも記事更新頑張って行きたいと思います♪

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事