ブログ運営者がTwitterアイコンを変えるリスク/本当に変えて大丈夫?

三十路男の悪あがきブログには『非常に残念な事に2種類のアイコン』が存在します。

何故2種類存在するのか?

理由は明白で『ブログ開設当初にアイコンなんて考える余裕なんて無かった』からです。

一応、2種類の画像を見て置きましょう。

ブログ用のアイコン

30sman_ブログ_アイコン

三十路男の悪あがき=この画像をイメージする人の多くは『検索エンジン』を利用してブログ記事を見つけ出し、読んで下さった方だと思います。

Twitter用のアイコン

Twitter_アイコン_エイプリルフール

すみません間違えました。

これはエイプリルフール専用アイコンでしたね。

正しくはコチラ。

Twitter_アイコン

満足したので、そろそろ本題に行きます。

今回は『ブログやTwitterのアイコンを変えるリスク』です。

スポンサーリンク

フォロワーさんの何割を名前で覚えていますか?

私は本音を売りにしている(と思われているらしい)ので、ハッキリ言います。

『私は8割以上のフォロワーさんをアイコン画像で覚えています。』

アイコンは対人関係における『顔』です。実生活でも相手の名前から先に知るという事は殆ど無く、基本的には顔を見た後に顔と名前を紐付けるという行為をします。

Twitterで実際に検証してみました

始まりはブログ界でも有名な某永遠さんが書いた記事を見かけた事。

『アドセンス秋のBAN祭り開催中にも関わらず、運営報告をするなんて流石、某永遠さん。』

そんな事を思って記事を開いた瞬間『ニヤァwwwww』としました。

アドセンス停止などおそれず2015年8月のブログ運営報告をいたします

そして三十路男の悪ノリ検証が始まりました。

※因みに、検証されている事は一切本人知りません。

※他の人が調子乗って同じ事をしたら最悪、激怒されるからね。

※私が怒られるかどうかは。。。知りませんw

検証するのに餌など必要無かった。

「流石に餌も無しに食いついて来る訳無いよな~。」なんて思いつつツイートを流した。

流石!弄るだけじゃ無く、弄られてくれる!

その後、アノ手コノ手で三十路さんを喜ばしてくれる永遠さん。

※名前変えると残らないのでスクショ

アイコン_変える_リスク1

アイコン_変える_リスク2

アイコン_変える_リスク3

それにしてもこの男。ノリノリである。

ブロガーのTwitter運営におけるアイコンの意味

どうやって引き出そうか迷っていると、勝手に本音が出て来た。

アイコン_変える_リスク4

『だいたいみんな「目」を見てるからわからんと思ってw』

はい、まさしく私の求めてた答えです。

『アイコン=ブログ・Twitterの顔です。』

試しに笑いと言う名の餌を撒いてみた


うん、そりゃ変えませんよね!!

私でも変えませんw

スポンサーリンク

アイコン画像を変えるリスク

※因みに、私のTwitterアイコンは今少しだけ違います。

永遠さんのネタに乗っかってテッテレー/ver.レインボーに変えましたが『画像の中に元のピクトグラムが居た』から変えただけであり、流石に大幅な変更は怖くて出来ません。

イラストの描き手さんから2度、3度アイコン作りますので利用して貰えませんか?というお問い合わせを戴いた事がありますが『アイコン無しで三十路男の悪あがきという媒体を読者さんに認識して貰っているなどという過度な自信は私には無いので申し訳ありません。』という形で全てお断りさせて戴いております。

まぁ理由はもう1つあって『似た様なテイストのアイコンばかりになって来てて、見分け付かないんですが?』と思っている張本人が同じテイストになるのはダメでしょw

私がアイコンを変える時が来るとすれば・・・。

①三十路男の悪あがきという名前検索が月間3万回を越えたら!!(※100%無い)

②1度も関わった事すら無い某イラストレーターさんが書いてくれる。(※可能性:小)

それ以外の理由で『やっとの思いで覚えて貰った顔を変える』なんて事はしません。

ブログとTwitterを連携させて運営していくのであれば、『人に覚えて貰う』と言う部分もしっかり考えていく必要があると思います。

何となく良い感じになったから、この辺で!!

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事