児童手当の使い道/総額198万円は貯金?学費?生活費?

児童手当は年齢に応じて毎月決まった金額を支給してくれる制度ですが、月々の支給額自体は生活に大きな影響を与える程の金額ではありません。

  • おむつなどの消耗品
  • 離乳食やミルク
  • 衣類やおもちゃ
  • 子育て中だからこその光熱費

その他、どれだけ節約を意識しても子育てに関わる出費は増えるばかり、それに併せて「育児を頑張る自分へのご褒美」などと言いながら余計な物を買ってしまったりするせいで、児童手当の明確な使い道を決めないまま、気が付けば無くなっている家庭は少なくありません。

家族会議の末に『我が家なりの使い道』が決まったので、参考までに纏めておきます。

スポンサーリンク

児童手当の支給金額

児童手当の支給金額は年齢・家族構成によって異なります。

年齢 支給金額/月
0歳~3歳未満 15,000円
3歳~小学生 10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円

※所得制限限度額(最低額:833.3万円)を越えている場合には特例措置として一律5,000円の支給となります。

 参考 厚生労働省:児童手当所得制限限度額表

意外と知らない支給総額

市役所に申請を行った際に説明された月々15,000円という情報は知っているのですが「トータルでどれだけの金額を貰う事が出来るのか?」を考えた事はありませんでしたが、計算してみて驚きました。

第1子・第2子の場合

年齢 支給金額/月
0歳~3歳未満
(36ヶ月)
540,000円
(15,000円×36ヶ月)
3歳~小学生
(108ヶ月)
1,080,000円
(10,000円×108ヶ月)
中学生
(36ヶ月)
360,000円
(10,000円×36ヶ月)
総額 1,980,000円

第3子以降の場合

年齢 支給金額/月
0歳~3歳未満
(36ヶ月)
540,000円
(15,000円×36ヶ月)
3歳~小学生
(108ヶ月)
1,620,000円
(15,000円×108ヶ月)
中学生
(36ヶ月)
360,000円
(10,000円×36ヶ月)
総額 2,520,000円

支給総額は想像よりも多い

月々10,000円~15,000円というお金は気付かない内に使ってしまいがちですが、意識して残すことが出来れば、第1子・2子の場合は『198万円』になり、第3子以降の場合は『252万円』という非常に大きなお金になります。

スポンサーリンク

高校の学費としても十分な金額

平成26年度に文部科学省から発表された子供の学習費調査では、高校3年間でかかる費用は以下の通りとなっています。

学年 公立 私立
第1学年 488,134円 1,178,991円
第2学年 392,965円 939,161円
第3学年 345,724円 855,640円
総額 1,226,823円 2,973,792円

 参考 文部科学省:平成26年度子どもの学習費調査

公立高校への進学を選んだ場合は学費の全てを補うことが可能。私立への進学を選んだ場合でも費用の2/3を補える計算になります。

我が家の使い道

妻と相談した結果、児童手当の使い道は『子どもの将来で、いつか必要な時が来たら使うお金として残す』に決まりました。子どもの可能性を広げる為に使います。

進学の費用として使う

家計を理由に高校進学を諦めた友人の多くが「高校に行ってみたかった」と口にします。夜間高校等で卒業資格を取るとかそういうことでは無く、学生時代にしか経験することが出来ない色々なことを体験したかったと言います。

お金を理由に、息子の進学可否を決めさせる様な状況にはしたくありません。

子どもの可能性を広げる為に使う

私自身がそうだったように、学生時代に突然「オーストラリアにホームステイしに行きたい」と言い出さないとは限りません。子どもの将来にとってプラスになる物であれば「お金が無いからダメ」とは口が裂けても言えませんし、何より有意義な使い方だと思っています。

結婚式・祝い金として使う

私達夫婦は結婚式を挙げていません。いつか必ず妻にウェディングドレスを着せてあげるという夢は諦めていませんが、出来れば息子に同じ経験はさせたくないので、自分の稼ぎで式を挙げるが基本ですが、人生何が起きるか解らないので困ったときに助けてやれるお金として使う選択肢もあります。

スポンサーリンク

児童手当は全て貯金する

息子が1歳の時点で「この時に使う」と決められる程、なだらかな人生を送れるとは思いません。なので、我が家では児童手当の全てを『貯金』します。

  • 積み立て貯金にするのか?
  • 口座の名義はどうするのか?
  • 学資保険を増やすのか?

その他、貯金する方法自体は決めかねていますが、どちらにしても『全てを、息子の何かにまとまって使えるお金』として残すことに決めました。

後書き

芯の部分で「足りない分は稼げば良い」と思って居ますし、今までもそうやって生きてきたので、年収が少ないから少しでも残さないとダメとは思っていません。しかしながら、父親が身をもって「人はいつ死んでもおかしくない」という事を教えてくれたので、転ばぬ先の何とやらと自分に言い聞かせて残すことに決めました。

 関連 年収400万円/手取りや住宅ローンなど生活の実情

オススメ夫婦生活/産後の悩みと苦痛、夫婦円満の秘訣

 人気 人生やり直したい/過去は変わらないけど、明日は変えられる

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事