既婚者の恋愛/その口から出る「好き」には重みが無い

恋は人の生きる活力になり得るので、「いくつになっても恋はしていたい」という想いは否定しません。しかしながら、既婚者が他の異性に恋心を抱き「好き」と呟き、恋愛している自分に酔うのは如何な物でしょうか。

スポンサーリンク

好きになった人に奥さんが居た

ドラマなどで良く聞く話ですが、2つのパターンがあります。

一目惚れに近い恋愛

三十路さん
好きになった人
女性A
三十路部長って、本当に素敵よね…。
女性B
あれで独身なら、私だってねぇ~。
女性A
えぇぇ!?奥さん居るんだ。ショック…。
三十路さん
好きになった人

一目惚れに近い恋愛の場合に限り純粋に『好き→既婚を知る』という可能性があります。

既婚の事実を隠しての恋愛

女性A
はぁ…。私ってこの仕事向いていないのかな…。
三十路さん
A君、何か悩んでいるみたいだね。もし良かったら今夜、ボクの知り合いがやっているBARで少し話さないかい?
女性A
ありがとうございます。仕事の事で色々悩んでて…。是非、ご一緒させて下さい。

~マティーニ~

三十路さん
マスター、彼女に少し強い目の酒を。全てを忘れさせてやってくれよ。
女性A
で…でも、私あまり強いお酒は…。
三十路さん
大丈夫。ボクがついてるから。

~翌朝~

女性A
部長、私…。
三十路さん
上司と部下
女性A
えぇぇ!?奥さん居るんだ。ショック…。

既婚の事実を隠して始まった恋愛は『スタート地点から嘘』で始まった物です。

未婚者は誰に恋をしても許される

未婚者が既婚者に恋をしたとしても『既婚者側の受け入れが無ければ、恋愛は成立しない』ので、誰からも責められる事ではありません。片思いというある意味とても幸せな時間を邪魔する権利は誰にもありません。

しかしながら、既婚者の場合はその限りではありません。

スポンサーリンク

既婚者が口にする言葉は軽い

既婚者が口にする言葉は『ペラペラで、中身が無く、本当に狡く卑しい物』です。

妻とは別れようと思っている

昼ドラの代名詞とも言うべき台詞ですが、本心であれば行動の順番が違います。

  1. 別れる
  2. 告白する
  3. 付き合う
  4. 再婚する

これが、当たり前の流れです。

何よりも優先するべき『妻と別れる』という部分を差し置いて、気持ちを先に伝えている時点で『離婚する程の覚悟は無い』のでしょう。最悪のケースに戻れる場所を確保したまま、気持ちを伝えて関係を持つなんて羨ましいですが、人としてやってはいけない事です。

子どもの件が無ければ…

血迷った既婚者が口にしそうな言葉ですが、子どもが居ようが居まいが離婚する時はします。逆に、浮気がバレても離婚に至らない夫婦も居ます。結局、何かを言い訳にして『今の私生活は壊さずに、他の女も手にしたい』という自分勝手極まりない考え方です。

君が好き、君だけを愛してる

言ってる姿を想像するだけで吐き気がします。気持ち悪いです。

自分はリスクを犯したくない

本当に好きなら『離婚して、失う物が無い状態』になってから想いを伝えるのが当たり前。それが出来ない人に「好き」という資格はありません。自分は乗り慣れた船から降りる事をせず、いつでも戻れる場所に身を置き、その上で新しい恋愛をなんて虫が良すぎます。

どうしてもと言うのであれば、まずは先に離婚してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

既婚者の恋愛

以下は、妻と3歳・5歳の子どもが居るにも関わらず、何食わぬ顔で「今、年下の子に恋してる」と相談してきた友人に向けて書くので、読み飛ばし推奨。

結婚して6年も立てば夫婦関係がマンネリ化するって言うけど、そうなったのは夫婦お互いの努力不足でしかない。人の親になった今、子育ての大変さを痛いほど体験してるし、夫婦としての時間を作ることの難しさも理解してる。

でも、仕事仕事で子育てに参加してない事も考えると、お前が全部悪い。

仕事で帰りの遅いお前を待ちながら、24時間365日休み無く2人の子育てに追われてりゃ、家の中では女性では無く母親になってしまうのは当たり前。それをお前が早い段階に気付いてやって、外に連れ出したり夫婦としての時間、1人の女性として過ごせる時間を少し与えてあげてれば、必ずしもそうはなってなかったハズ。

だから、お前が全部悪い。

相手の子がお前を好きと言うのは勝手やけど、今のお前が相手の子を好きというのはお門違い。ホンマに好きなら全部綺麗に精算してからにしろ。

  • 子どもの笑顔も
  • 奥さんの笑顔も
  • 家族の時間も

全部、全部2度と見られないって覚悟を決めてからにしろ。そうじゃないと筋が通らん。何も知らずにパパの帰りを待つ家族のことを考えたことある?今ある当たり前は、必ずしも明日ある物とは限らんねんで。

自分には家族が居るという前提+αで、恋してる自分に酔ってるだけならやめとき。

 関連 夫婦喧嘩の原因は『当たり前』という思い/仲直り出来るうちに

 人気 夫婦円満の秘訣は会話のセンス/言葉の選び方・伝え方が全て

オススメ男子会で判明!壊れた夫婦関係は伝え方を変えるだけで恋人時代に逆戻り!?

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント

  1. ikumin より:

    はじめまして。
    男子ではありませんが、ブログを楽しく読ませていただいております。

    後半の友達に送る文章に、思わず膝の皿が割れる勢いで叩きそうです。
    一人の女性として外に連れ出してあげる…私も離婚した一人ですが、相手から何も誘ってもらえなくなるのは、寂しいですね。世の中の男性に読んでほしい!のでツイッターでシェアさせていただきます。
    良い記事をありがとうございました!

    • 三十路男 三十路男 より:

      膝の皿、割っちゃダメです!!笑

      女性はいつまで経っても女性、それは勿論男性にも同じ事が言えます。恋人になる前はお互いあれだけ必死に相手を思いやり、恋人同士の時はお互いを尊重し合い、紙に名前を書いただけの結婚という儀式を済ませると「オレ様」になる人が後を絶たないのは何故なのでしょうね・・・。

      コメントして戴きありがとうございます!

  2. たろー より:

    恋する事を「自分に酔ってる」なんていい方は良くないな。

    そういう人もいるけど、一概には言えません。

    本当の恋をしたことありますか?

    もしかしたらその方は絶対にバレずに恋愛をする事ができる人かもしれませんよ。

    一度の人生、どう生きるかはその人が選ぶ事なんでしょうね。

    • 三十路男 三十路男 より:

      「既婚者が」という大前提の元に書いていますので、バレるバレ無いに関わらず恋はするべきでは無いと考えています。誰がどう生きるのも、当然自由ですが妻帯者という立場で無くなってから恋はするべきかと。

  3. […] ます。結局、何かを言い訳にして『今の私生活は壊さずに、他の女も手にしたい』という自分勝手極まりない考え方です。 引用元-既婚者の恋愛/その口から出る「好き」には重みが無い […]