みさき公園の動物園と遊園地/赤ちゃん・子供が主役のおでかけ場所

子供を連れてみさき公園の動物園と遊園地に遊びに行ってきました。

最近の動物園は動物の見せ方・見え方を中心に据えた物ばかり、遊園地は大型アトラクションを中心に据えた物ばかり、大人も子供も楽しめるをコンセプトにすれば、それはある種避けようの無い物なのかも知れません。

しかしながら、幼少時代の記憶にある動物園や遊園地の主役は、動物や乗り物ではありません。好き放題に園内を歩き回り、持ち込んだお弁当を家族で囲む様。数ある乗り物の中から厳選した数百円で乗れる乗り物で遊びたいとお願いする様。「1回だけやで」と微笑みながら乗せてくれる両親。遊園地の主役は私、動物でも乗り物でも無く子供が主役でした。

今から書く事は、人によっては悪い意味に聞こえてしまうかも知れません。しかしながら、子供の成長に応じて『また、行きたい』と思えたからこそ書くので、私自身は全て良い意味として捉えています。

スポンサーリンク

赤ちゃんとのおでかけでも大丈夫

生後7ヶ月半の赤ちゃんを連れて遊びに行ったみさき公園、事前に調べたが赤ちゃんを主とした知りたい情報を全然見つけられなかったので、書いておこうと思います。

授乳室有り

正面ゲート入ってすぐの場所に、授乳室が用意されていた。乳幼児を連れて遊びに行く親としては非常にありがたいサービスです。

ベビーカー預かりサービス

ベビーカーを持っていったけど、赤ちゃんの機嫌が悪くて抱っこ→ベビーカーは荷物置きというケースは想像以上に良くある事。自前のベビーカーを預かってくれるサービスがあるのでとりあえず持って行くという事が可能です。

ベビーカー貸し出しサービス

親の制止も聞かずに走り回った後、遊び疲れて歩けないとグズグズ言い出すまではお決まりのコース。園内ではベビーカー貸し出しサービスを行っているので、歩けないと駄々こねる子供を乗せて園内を移動する事は可能です。

園内は車椅子・ベビーカーOK

流石に、園内全てバリアフリー対応とは言えませんが、階段を一切利用しなくても園内を回る事が可能となっていました。後にも出て来ますが、孫の楽しそうな姿を見たいけど足腰が不安で人が多い場所はNG。という人にもオススメできる場所です。

混雑無く見て回れる園内

私達家族が混雑無く見て回る事が出来た理由は後々出て来ますが、動物園内に居る動物全てにおいて、混雑で見られないという事は1度も無く、混雑に対する一切のストレスを感じる事なく園内を見て回る事が出来ました。

常に子供をベストポジションに置いて写真が撮れたり、動物の動きに併せて見やすい場所に移動してあげられたりと、文句の付けようが無い程に良い時間を過ごす事が出来ました。

みさき公園の動物園

みさき公園内の動物園ではライオン・虎などを含む26種類の哺乳類。ペンギンやフラミンゴなどを含む15種類以上の鳥類。ワニやリクガメなどのは虫類などを飼育しています。

 公式 みさき公園:動物園

少し暖かくなってきたと行っても来園したのは2月末、殆どの動物が大人しく固まっている事を覚悟していましたが『動物が、どれも凄く元気』『動物までの距離が近い』というのが非常に印象的だったので、いくつかオススメの動物を記載しておきます。

手を伸ばせば触れそうなキリン

みさき公園_キリン

パパ、ママ、子供の3匹で暮らすキリンの家族。子供のキリンが足をハの字に開脚しながら足を舐めたり、パパ・ママに寄り添って行く姿をもの凄く近くで見ることが出来ました。

ニホンザルの餌やり

みさき公園_ニホンサル

みさき公園の動物園内にあるサル山には、本当に小さな小さな赤ちゃんサルから、こいつ絶対にボスやって言う大きなサルまでが一緒に暮らしています。非常に頭が良いらしく、100円で販売している餌を持った状態で人が移動すると目の前まで追いかけてきて『ちょーだいポーズ』をしてくれます。

赤ちゃんサルに餌をあげたいというのが人間真理、大きなサルを誘導しながら赤ちゃんサルが1匹だけ離れた状態になった時に餌を思いっきり遠投。見事、4個中3つの餌を赤ちゃんサルにあげる事が出来ました。

不思議だったのは、餌を待ち受ける場所は大きなサル(偉いサル?)が優先で、飛んで来た餌を他のサルが食べようとすると激怒していましたが、赤ちゃんサルの手元に投げて口に入れた後はその餌を他のサルが奪おうとする事はありませんでした。サルは賢い。

直立不動のミーアキャット

みさき公園_ミーアキャット

ナショナルジオグラフィックで放送されていた、ミーアキャットのフラワー達が大好きでしたが、手を伸ばせば届く場所に直立して空を監視しているミーアキャットが居る事に大興奮しました。

スポンサーリンク

みさき公園の遊園地

みさき公園の遊園地は子供『が』遊ぶという言葉がピッタリ。生後7ヶ月半の子供を遊ばせる事はしませんでしたが、基本的に1回300円で遊ぶ事が可能な乗り物ばかりです。

 公式 みさき公園:遊園地

自分の足で歩いて遊ぶ「鏡の迷路」や「わくわく迷路」、小さな子供でも安心の「ボールプール」や「わんぱくトランポリン」、昔懐かしいアンパンマンの形をした車に乗ったり、トーマス電車に乗ったり。勿論、もう少し大きな子供向けに「ジェットコースター」や「ウォータースライダー」なども用意されていました。

みさき公園のイルカショー

入園料とは別に500円(3歳以上)を払う事で見られるイルカショー。大阪湾を背景に行われるイルカショーは非常に多くのお客さんで賑わって居ました。(※私達家族はショーの時間を知らず、終了と同時にイルカショースペースに向かいましたが、みさき公園にこんなに人が居たの?と思う程に人が出てきました。)

 公式 みさき公園:イルカショー

スポンサーリンク

入園料・営業時間など

入園料 大人:1,350円
学割: 950円
子供: 700円(3歳以上)
 公式 みさき公園:入園料
営業時間 9:30~17:00
※時期・状況により開園時間・閉園時間を変更する場合あり
 公式 みさき公園:営業情報
乗り物代 100円=100Mipoで購入して利用
 公式 みさき公園:アトラクションカード
駐車場 1,200円/終日

お得な割引券

公式サイトにて、みさき公園のメルマガ登録する事でお得な割引券:2割引を貰う事が可能です。(※印刷して持って行かないとイケナイという点だけ注意)

 公式 みさき公園:メルマガ

その他、2016年02月29日まで限定ではありますが、いこーよというサイトで2割引のクーポンが配布されていました。

 公式 いこーよ:クーポン

スポンサーリンク

動物園・遊園地の混雑を回避する方法

動物園・遊園地で混雑を回避する方法は、ずばり『イルカショーの時間中に、園内を見て回る』です。みさき公園を訪れる人の多くが、イルカショーへと足を運ぶので、その間の園内は良い意味でガラガラです。

赤ちゃんや小さな子供を連れて遊びに出掛ける場合、イルカショーは見ないと割り切って自由気ままに動き回れる動物園・遊園地を満喫することをオススメします。

イルカショーの時間

2015年12月1日~2016年2月29日

  • 11:30~
  • 14:30~

その他、日程は公式サイトを参照

 公式 みさき公園:イルカショー

赤ちゃん・子供が主役になれるおでかけ場所

みさき公園は、決して煌びやかで華やかな場所ではありませんでした。しかし、園の人に愛されて生活している動物達は元気に動き回り、園内に居る子供達は、みんな目をキラキラさせて楽しそうに遊んでいて、元気にはしゃぐ我が子を見つめる親の親御さんのからは、自然と笑みがこぼれる素敵な場所でした。

後書き

通常、ブログ記事は自分のブログ内の他記事へ誘導する事を目的に書きますが、今回は殆どのリンクをみさき公園の公式ページにしました。お金を貰った訳でも無ければ、宣伝を依頼された訳でもありません。ただ純粋に、子供達が主役になれる場所の良さを再認識する事が出来たからです。

USJやディズニーランドと同じ目線で考えるのでは無く、これからも『古き良き、子供達が主役になれる場所として営業を続けていって貰えれば嬉しい』と心から思っています。夏にはプールが解放されるみたいなので、子供がもう少し大きくなったその時は、改めて家族を連れて遊びに出掛けたいと思います。

淡路島の生しらす丼/春の訪れを告げる絶品丼!

【2016年】淡路島の灘黒岩水仙郷/開花状況、駐車場の注意点と混雑具合

シャチの泳ぐ姿が見られる名古屋港水族館/超オススメ!!

なばなの里/家族でデートでイルミネーション

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事