ブログの過去記事を修正する事で得られるSEO上のメリット

SEO_過去記事修正

半年で300記事も書いたのに、アクセス数が全然増えない

記事を1つ更新したら1日10アクセスあった。毎日頑張って記事を更新して遂に達成した300記事。1日3,000アクセスある予定だったのに何故アクセス数が増えない・・・?

アナタのブログ運営方法は間違っています。

本当に重要なのは記事を書いた後、どれだけ手入れするかと言うこと。

今回はブログの過去記事を修正する事で得られるSEO上のメリットを解説。

スポンサーリンク

半年前の自分とは違うと言う事を認識する

ブログ開設当初に書いた記事と、最新の記事を1度自分で見比べてください。

どちらも自分自身が書いた記事ですが、何か違和感を感じると思います。

違和感の正体

数多くの記事を更新する中で、自分の中で様々なルールが作られています。

  • 見出しタグの書き方
  • アイキャッチ画像の選び方
  • 改行を打つ場所
  • 言葉の選び方
  • SEOに関する取り組み方
  • 読み手を意識した文章構成

それらの全てが過去記事に反映されているか?反映されていないでしょう。

この違和感を無くす作業こそがブログの過去記事を修正すると言う事です。

過去記事を修正するメリット

ブログ開設2ヶ月の私ですが、当初書いた記事を見て絶句した。私が過去記事に対して行った修正作業の中から、過去記事を修正して良かったと思えた項目を羅列します。

  • 記事のボリュームが増える
  • 画像を最新の物に更新
  • デザイン崩れを直す
  • リンク切れ等のマイナス要因を排除

これらを踏まえて下記、SEOの観点から見た記事修正のメリットをどうぞ。

スポンサーリンク

SEOの観点から見た記事修正のメリット

ページ滞在時間を伸ばせる

記事の見直しをする際、解りにくかった説明内容を解りやすく修正した。誤字があったので修正した。それらは全て読者の為となり、結果的に1ページでの滞在時間が伸びる。

Googleは評価対象の一部に「滞在時間の長い記事=良質の記事」を含めている。

これは良く目にするブログ記事の文字数は最低でも500文字という表現とも少し関係しているが、本当に読者の求める情報が記事内にあった場合、読者は本文の多くを読んでくれる。結果的にページボリュームがある記事程、滞在時間が伸びるという訳だ。

PV数を増やす事が出来る

私の記事を例に上げると白猫プロジェクトの記事を書き出した当初は直帰率が高かった。

直帰率が高い理由は明白。他の攻略情報も見てみたいと読者に思わせる程の情報量が無かったのだ。完全に机上論ではあるが、1ユーザーが3記事見てくれる様なサイト構造にすれば100アクセスしか無くても300PVになる。

なんとか改善しようと他サイトには無い付加要素を記事内に情報として盛り込み、長いときには4時間以上かけて記事の修正を行った結果、特定ワードで1位表示させる事に成功、1週間で3万PVを達成する事が出来た。

Googlに動的なサイトと認識させる

半年、1年前に書いた記事。定期的に手直しをする事で、現在もこのページに載っている情報は最新の物です。と伝える事が出来る。

現在提唱されているSEOでは、1年前に作成された記事を並べた時、最終更新日が1年前から変わっていない記事と、更新日が変わっているの記事では定期的に更新されているページの方が評価が高いとされている。

これは読者心理とも同じで、ページを開いた際に最終更新日が何年も前の記事であれば情報が古いと判断して離脱に繋がるが、記事の修正を行い更新日を明記する事で最新の情報が載っているという事を読者に伝える事になり、結果離脱を回避すること出来る。

ロングテールで予期せぬ検索流入を生む

先日ワードプレスの調べ物をしていた際、[ワードプレス ○○する方法]と検索すると私の記事が1ページ目に表示されていた。当然、私の記事内には○○する方法は載っていないのだが、Googleが記事内のワードから拾い上げて上位に表示してくれていた。

狙ったロングテールSEOでは無い物の、ブログの露出が増える事には変わりが無く、[ワードプレス ○○する方法]というワードで狙って記事を書けば上位表示が可能という事が解る良い機会となった。

ブログ全体の評価が上がる

「順位を上げる場合、末端のページに対してSEO施策を行うべき。」過去に業務で関わった、SEO会社6つ全てに言葉は違えど同じ内容の事を言われた。

ブログで言う所の末端は記事ページ。それぞれの記事を修正・内容を良くする事でサイト全体の評価に繋がる。

逆に言うと記事ボリュームが無く、SEO上マイナス要因を生み出してしまう可能性がある記事は削除した方が良い。私はあくまでも雑多ブログとして思った事は全て書き残すスタイルで運営している為、そこまで気にしていないが参考まで。

ブログの過去記事を修正/まとめ

SEO対策にゴールは無い。

現状正しいとされているSEOのノウハウが、明日も同じ価値とは限らない。

読者の求める答えが載っている記事。これは明日も変わらず価値のある物なので、アクセスアップを望む際は、まず自分のブログの記事を読み返して本当に価値がある記事なのかを判断する必要がある。

それこそがアクセスアップに繋がる最上のSEOなのだと私は思う。

著者:三十路男(@30sman_blog)

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事