副業でブログを始める前の自分に伝えたい10のこと

副業としてブログを始める前の自分に伝えたいことを、思い付くままに書いていきます。

スポンサーリンク

届く意見はあくまでも一例だと思え

届く意見はあくまでも一例だと思え

反対意見は受け入れろ

物事は見方次第で答えが変わるものだから、自分と真逆の意見が飛んできてもシッカリと受け入れよう。理解しようとすることで物事の違う側面が見えてくる。

批判意見には耳を貸すな

記事内容によっては反対意見ではない、ただの批判が飛んでくることもある。そんな時は「うっせえ、ババア」と言って終わりにしよう。気にするだけ時間の無駄だから。

賛成意見には気をつけろ

例え少数であっても賛成意見が集まることで、民意を得た顔をする奴を何人もみてきた。それらは私の目に醜く映ってしまうので、賛成意見の上にあぐらをかくのは辞めよう。

ネット上の人付き合いは決して悪い物ではない

ネット上の人付き合いは決して悪い物ではない

人の目という枷が外れやすいネット上だかこそ相手の本質が見えてくるという意味では、ネットを通じて繋がる関係は決して悪い物ではない。「この人は」と思える相手に出会ったら、積極的にアプローチするといい。※ストーカーダメゼッタイ

スポンサーリンク

ブログは毎日書かなくても良いけど頑張れ

ブログは毎日書かなくても良いけど頑張れ

ブログは毎日書いてもいいし、毎日書かなくてもいい。その真意は副業なのだから本業や家族への時間を十分に割いた後で残る時間を使えばいい。やったらやっただけの結果が返ってくる業界ではないから、無理はしなくていい。

でも、何もやらなければ何も返ってこない業界であることは間違い無いので、出来る限りは頑張って。

好きなことを書けば良いけど試行錯誤して

好きなことを書けば良いけど試行錯誤して

ブログには自分の好きなことを書けばいい。悩んで何も書けないよりはよっぽどいい。もちろん、お金が好きならお金に繋がる内容を書いてもいい。

タイトルにキーワードを含めて、見出しだけで内容がわかる物にして、関連記事があれば内部リンクを張って。この辺りの基礎的なことは変えずに後はGoogleの動きに合わせて試行錯誤を繰り返して欲しい。

スポンサーリンク

広告の種類は多い方がいい

広告の種類は多い方がいい

アドセンスのアカウントを1度だけBANされたことがある。広告が無ければ副業ブログを続ける意味はない。nendはゴミやけど、クリテオはいいぞ。

 関連 CriteoとAdSenseの併用期間2週間で見えてきた収益増加の可能性

アフィリエイトは少なくとも3~4社を使った方がいい。広告の幅が広くなるし、単価が全然違ったりするし、特単交渉もしやすくなる。

 関連 アフィリエイトの比較と選び方/三十路男が使っているASP全部

物販系であれば7.netとヤフーショッピングは使えるようにしておけ。想像以上に利用ユーザーが増えてるから儲かるぞ。

 関連 7.netとヤフーショッピングが有能

自分で決めたルールは守れ

自分で決めたルールは守れ

お小遣い制じゃないから急な入り用でお金に目がくらんでしまう時もあるが、自分で決めたルールは守れ。自分が使って良いと思った物しか紹介しないと決めたのであれば、何万円積まれても掲載するな。評価の積み重ねは大切だよ。

スポンサーリンク

副業で稼げるかどうかは運次第

副業で稼げるかどうかは運次第

検索上位に記事を持って行くのも、読んだ人が広告クリックや商品購入してくれるのも、拡散してくれる人や知識を共有できる人と知り合えるのも、固定読者を捕まえるのも運次第。全てが運任せとは言わないが、素人前提なら8割方運と言っていい。

強力な運を味方につければ、糞みたいにつまらない記事を書いても誰かしら読んで貰える。逆にどれだけいい記事を書いても運が悪ければ読んで貰えない。

でもまぁ逆に考えれば、運次第ということは誰にでも少なからず可能性があるということやから諦めずに頑張ってね。

誰にも左右される自分を表現すればいい

誰にも左右される自分を表現すればいい

ブログのコメント返しも、SNSでのやり取りも、記事内容も。全てにおいて誰かの意見に左右されるでもなく正直に自分を表現すればいい。

誠意ある対応にはそれ以上の誠意をもって対応してね。悪意ある対応を受け止めると周りからの見た目が良くないし、目くじら立てる程の相手じゃないから受け流すが吉。それでも我慢出来なければ会いに行って直接話してやれば大人しくなるよ。

先のことなんて考えなくていい

キュレーションが飛んだ後は専門性が重要視されるとか、SEOは愛だとか言われてるけど、先のことなんて誰にもわからないし、それを決めるのはGoogleであって有象無象の意見ではないから先のことは考えなくていい。

そうなるかも知れないし、そうならないかも知れない。然るべき時がくれば嫌でも考えないとダメな時が来るから、その時に悩めばいいんじゃないかな。

ブログに依存するな

最後は1番大切な「ブログに依存するな」ということ。

チヤホヤされても図に乗るな

何百万回記事が読まれようと「三十路男の悪あがきブログの運営者です」って駅前で叫んでも誰もお前なんか知らんよ。閉ざされた極々狭い空間の中だけで持ち上げられて偉そうぶるなんて格好悪いことはしないでね。

ブログの収入に頼るな

ブログの収入が本業を超えようとも、あくまでもオマケ。明日の朝起きたら停止されているかも知れない収入源だけに依存するな。今まで通り派遣でも経営でも好き勝手やればいい。複数の食いぶちを常に用意しておかないとダメだよ。

嫁にブログの話はするな

主婦さんとやり取りする行為を嫁がよしと思う訳がない。お前の趣味がブログだとしても、嫁の趣味はブログではない。何でもかんでも共有しようとして不愉快な思いをさせるのはやめるべきだ。実家に帰られたくないなら、家にブログを持ち帰るな。

あとがき

最近、ブログで変な人達に絡まれすぎて心が折れかけていて、何を書いていいか分からなくなったので、唯一の癒し(読まれないから責められない)であるブログ論的な物を書きました。

読み返すと想像以上にぺらっぺらで驚いていますが、それでもまぁ何かしら後で読み返したら思う所があると思うので残しておきます。

 関連 ポータルサイトの考え方と作り方!成功事例に習う理想のサイト構造

オススメ無料で使えるブログ運営に便利なツール・外部サービス一覧

 人気 システムエンジニアが語る。7つのSEO会社を使って辿り着いた結論

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事