キーワードの選び方とタイトルの付け方

ブログを収益化する方法、第6弾は『ブログ記事タイトルの付け方 Part.2』です。

本音で語ろうシリーズも気付けば6回目。

そんなシリーズ知らないよ?って人は、第1弾から読む事で一層理解しやすくなります。

第1弾:ブログを収益化する方法。キレイ事は抜きにして少し本音で話そうか

記事数が増えて来ました。冒頭にリンクをペタペタ貼っているのは良く無いので、そろそろページの構造をしっかりと考えた上で、静的ページでも作って見やすくしないとダメですね。

第5弾を公開してからの数日、随分と情緒不安定な具合を晒してしまいました。

ネット上で与えられたダメージは、ネット上で晴らさないとダメですよね!!

今回は、少しだけ真面目に書きます。

最後には、皆さんお待ちかね『私がタイトルを先に考える記事(意味深)』もサラっと書いてあります。

それでは、どーぞ。

スポンサーリンク

タイトルを先に考えてから記事を書く時の流れ

第5章でも書いた通り『ブログ記事に書かれている内容とタイトルは一致』していなければいけません。これは検索ユーザー目線だけでなく、検索エンジン目線で考えた場合も同様です。

その為、一部の特例を除いては、ここまで面倒な事はしません。

調査方法の詳細に関してはブログの力というサイトでこれ以上無い程に、詳しく説明されています。初心者には小難しい話に見えてしまう記事ですが、身内贔屓一切無しにしても書いてある内容は、ここ数ヶ月の間に読んだ記事の中でもTOPクラスに評価されるべき物です。

私にはその記事以上のキーワード選定方法記事は書けないので、該当記事1章~6章(最終章)までを読んで理解した前提で話を進めます。細かな説明は全て端折ります。

ブログの力:【SEOキーワード選定方法】第1章:検索エンジンとは何だ?

関連キーワードの調査を行う

以下、【ミルク】というキーワードを基準に考えます。

※「ミルクをメインコンテンツとして扱うアフィリエイトサイトを作りたい!」と言う話であれば、無償・有償問わず別途提供されているサービスなどを利用しなければ、時間がいくらあっても足りません。今回の本題は雑多ブログレベルを想定して書いています。

まずは、見出しの通り狙いたいキーワードと関連キーワードの組み合わせ一覧を用意します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleウェブマスターツール
  • サジェスト機能
  • キーワードプランナー
  • etc

これらは無償で利用出来る為、使い方等を纏めた記事が多いのも利用している理由です。

組み合わせ別に検索ボリュームを確認する

検索ボリュームを確認する術はいくつかありますが、私は毎回Googleアドワーズのキーワードプランナーを利用しています。(※併せて関連キーワードの調査を行えるのも魅力)

キーワードを狙って書くなら「検索ボリュームは1,000程度、競合:低を選ぶ」というのが定説です。検索ボリュームが低い程、競合が弱い程、検索上位に自分の記事を表示させる事が容易となります。そして当然ながら、1位になってもそこまで膨大な数のアクセス数には期待出来ません。上位表示する事が可能なのか、1位表示した時に発生する月々のアクセス数の期待値、その辺のバランスを考えながら、しっかりと選定します。

※Googleアドワーズ利用に伴う注意点※

間違って会社のアドレスで登録してしまった場合、メアド逆引きで会社に対して「アドワーズをご検討されている様でしたら、何でもご相談に乗らせて戴きます」という旨の電話がかかってきます。マジで泣きそうになるので、登録するメアドは個人の物にしておきましょう。

対象キーワードの競合サイトを確認する

不思議な物で、何度も競合のチェックを繰り返していると『実際に記事を書いた場合、自分が何位くらいに表示されるのか』が1ページ目の競合サイトを見るだけでザックリと解る様になります。

初動は大きく伸び悩む事が多々ありますが2週間~1ヶ月経てば予想していた場所くらいに落ち着きます。

競合サイトの強弱、専門性、タイトルに対する記事の内容、ソースレベルで見た場合に記事として弱み・落ち度が無いかなど、確認出来る情報は全て確認します。

  • シミラーウェブ
  • SEOチェキ

その他、無料で使えるツールは何でも使うと良いです。

キーワードが決まったら、やっと記事を書きます

先にタイトルを決めてしまっているので、書いている道中に脱線して関係無い話を書いてはダメです。

タイトルを見て流入してきたユーザーに対して、タイトルと記事本文の整合性がピッタリと一致している内容で記事コンテンツを書き上げて行きます。

対象キーワードだけでは記事ボリュームが稼げない場合は、関連キーワードの一覧から最適と思われる物を選定した上で、関連キーワードが目立ちすぎない程度でコンテンツボリュームの嵩ましを行います。

タイトルは基本的に直しません。書き終えて校正する際、タイトルに一致しない部分があった場合は、記事側をタイトルに寄せていく形で修正を加えます。

そして公開です。

※随分と端折って書いた訳ですが、それでも結構な長さになってしまいました。

私がキーワードを狙って書く記事

さてさて、読む人によってはコッチが本題、一部の特例に当たる部分です。『嫌いなブログの倒し方』で少しだけ触れた通り、私がキーワードを狙って書くのは『嫌いなブログのキラーページを殺す』時だけ。

参考記事:嫌いなブログの倒し方、知らないでしょ?三十路はもう知ってますよ

詳しく書くと100%引かれてしまうので、簡単に。

  1. キラーページを見つける
  2. 記事への流入経路を調べる
  3. 対象のキーワードで記事を書く
  4. 上位に出るまで施策を当てる

はい、こんな感じ。

正直、三十路ブログのドメインが少しずつ成長してきているので、最悪差し違える事を覚悟して全記事に手を入れれば、1サイトくらい簡単に潰せるとまで思って居ます。

まぁ実際、素人相手なら他に手はいくらでもあるのですが『三十路男にやられた』感を相手に与える事が出来ないなら、何の意味も成さない行為なので記事を上に持って来る事にしました。

一応、自己フォロー的な何か

念のために書いておきますが、過去にそんな事は1度しかしてません。

ブログやTwitterで関わっている人なら解ると思いますが、基本的に私自身を攻撃される分には怒りませんw

まぁそうゆう事です。

※この件に関しては一切、口外しません。

タイトルと記事を書く順序/まとめ

検索ユーザー目線、検索エンジン目線問わず、タイトル=記事内容が成立している事の重要性は度々伝えていますが、実際そんな難しい事は考える必要がありません。私達はSEOを生業にしている訳ではありません。

ブログは自分の思いを発信する所です。

タイトルありきでねじ曲げるのは本末転倒。

ブログという媒体の性質・特性、SEO的観点、それら全てを踏まえた上で『ブログ記事はタイトルを後で考えるべき』と三十路男は断言します。

『難しい事は考えず、軽い気持ちで実践してた事が実はSEO的にも理に叶ってた。』

ブログで副収入を目的としてる人達には、これが『一番の理想形』だと思ってます。

第7第:ブログはPV数を意識しない方が良い?試しに1ヶ月遊んでみた

※追記※

問合わせメールが後を絶たないので、導入しているアフィリエイトはコチラに纏めました。

オススメアフィリエイトの比較と選び方/三十路男が使っているASP全部

※20150919追記※

お陰様で全9話。本音で語ろうシリーズは完結しました。

ブログ運営にかかる費用や、実際に利用しているサービスなど『サラリーマンが副業で稼ぐ為に必要な投資額、実際の収益など』を全てさらけ出しました。

サラリーマンの副業/毎月5万円稼ぐブログ運営情報の全て

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント

  1. ukiyuki より:

    今回も色々とお勉強になりました(o^^o)
    パチスロブログでもタイトルの付け方はいつも考えるところです。
    検索エンジンを向いて付けるタイトルとブログ村を向いて付けるタイトルは違いますしね~。
    検索エンジン向け「リリカルなのは初打ち感想と解析」
    ブログ村向け「リリカルなのはでドリュリュリュ!バシュー!ドバー!アハーン」
    といった感じで考えています(*^^*)

    だけど大抵は最初にタイトルテキトーに付けて、後で変えるパターンが多いです。

    記事はちょっと寝かせると確かに内容がレベルアップしますね。

    後、最近SEOで気になっていること
    パチスロブログでの解析記事は似たような内容になりやすいので検索エンジンに上位表示されるのは難しいと思っていたのですが、私がたまに解析記事を書くといつも上位に表示されます。
    私が書いた場合、他人と全く違った書き方をしますのでそれが良かったのかなと思っています。
    長文失礼しました

    • 三十路男 三十路男 より:

      遅くなりましたが、1位おめでとうございます♪
      1読者として、全ツッパは財布が破綻する事を願ってます!!笑

      パチスロブログは、タイトルの付け方迷いますよね・・・。
      検索流入に特化するのか、ブログ村に特化するのかで大きく変わって来ますが、私がスロットブログをするなら、スロット主婦さんと同じタイトル付けをすると思いますw

      ~SEOで気になっている事への個人的な見解~
      ハッキリ言うと、スロット解析記事は検索上位を取るのが容易ですよ!!

      今見たら随分下がっていましたが、何となく書いたビンゴネオの周期関連記事が検索キーワード[ビンゴネオ]で公開から数ヶ月間1ページ目上位に居ました。
      流入も月間2~3万程度あったので、スロット解析美味しいな・・・。と思っていたのは内緒ですw

      なので、1位(一定のアクセスはタイトル関係無しにある)という状況を逆手にとって、いくつか解析記事も書いてみても面白いかも知れませんね♪

      コメント、ありがとうございました!