賃貸マンション全体の防水工事/最上階の人は騒音で家に居られない

賃貸_防水工事_騒音被害

天井のシミは雨漏りが原因なので必ず再発すると言われながらも、予算の関係で壁紙を貼り替えて見えなくするという選択肢を選んだ管理会社。安物買いの銭失いとは良く言った物で2年間で4回も天井の張り替えを行った。

天井の壁紙張り替え4回目。流石に業者も諦めたのか「部屋の真上が屋上な為、工事期間中、騒音でご迷惑をおかけするかも知れませんが、マンションの防水工事をさせていただいてもよろしいでしょうか?」という連絡が携帯に入った。

スポンサーリンク

マンションの防水工事は騒音が凄い

工事前日、管理会社の担当者がわざわざ「工事期間中は騒音が・・・」という電話をかけてきた。その後、屋上へと上がる階段に立ち入り禁止のロープが張られ翌朝工事が始まった。

~工事1日目~

自室の真上で防水工事をする方に伝えたい。

『絶望的にうるさい!!』

頭のすぐ上で金属と金属が当たる音がずっと鳴っている状態。許可した限りは文句を言う訳にもいかず、あまりの五月蠅さに、その日は終日妻と外出する事になった。

~工事2日目~

朝の7時過ぎから工具・材料の運び込みが始まる。この時点では機材は動かしていないので外出する程では無いが『寝てられる訳が無い!!』この日も朝から妻と外出する事になった。

~工事3日目~

前日と変わらず荷物の運び込みが7時から始まり、おかげで会社に遅刻せずに済みました。私が仕事に出ている間、妻は騒音と戦った物の『午前中でギブアップ』。工事時間を外で過ごす為にひとりで買い物へ出掛けました。

~工事4日目~

この日は朝から驚く程静か。「工事完了したのか~」などと思っていると夕方1枚の手紙が投函された。「乾燥するまでの間、工事はお休みです。」終わって無かった。

~工事9日目~

手紙が投函されてから5日目。「乾燥にどれだけ時間がかかるの?」そんな事を思っていると新しい1枚の手紙が投函された。「工事が完了しました。」4日目以降何もしてないやん!!

騒音は1週間程度続いた

階段を上がり降りする音、屋上で工具や材料が落ちる音、ドリルなどの工具で工事を行う音など『とにかく朝から晩まで、ひっきりなしに五月蠅い』です。家でゆっくりなんて出来る訳も無く、少なくとも各階の角部屋+最上階の各部屋に住んでいる人は強制的に日中の外出を余儀なくされるでしょう。

マンション全体の防水工事の効果

防水工事完了後、管理会社の指示でやってきた内装業者さんによって天井のシミ(雨漏り部分)の修繕が行われ、雨漏りは全て解決しました。今回の件で手抜き工事の全貌が大家さんにバレてしまった管理会社。仲良くなった大家さんから「管理会社は今回の件で、二桁で足りない出費を支払った」と聞かされて、少し心がスッとした私なのでした。

リノベーション物件に関する情報はコチラに纏めました

オススメリノベーション物件の甘い誘惑!綺麗な内装に隠れた3大注意点

引っ越しを考えている人には、こちらがオススメ

iettyは『希望条件を登録して待つだけで、アナタの条件に一致する物件があれば紹介してくれる』お部屋探されサイトなので「引っ越しはしたいけど探している時間が無い。」そんな悩みを解決してくれるサイトです。

 公式 業界初お部屋探されサイト「ietty」でらくらく引っ越し!

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事