読みやすいブログ記事の書き方/コンテンツ量の調整で劇的に改善

「読みやすいブログ記事の書き方を教えて下さい」という問合わせを戴きました。

育児関連記事ばかりを書いている事もありブロガー界隈からは村八分状態、Twitterで最新の記事更新を通知すると400~500は読みに来てくれる物の、はてなブックマークしてくれるのは読んだ人の1%にも満たない状態なので、久々にブロガーに好まれる記事を書いて、読者さんに媚びようと思います。

スポンサーリンク

読みやすいブログの定義とは?

『読みやすいブログの定義とは何か?』と聞かれると、明確な答えを返す事は難しいですが、『読みにくいブログの定義とは何か?』と問われれば、答えはすぐに見つかります。

読みにくい_ブログ_記事

この画像はiPhone5sで当記事を読んだ場合の見え方です。

『別に読みにくく無い』と思った人は、この記事を最後まで読んでも「追加作業でブログ記事が読みやすくはならない」という結論にしか至らないので、そっと閉じるボタンをどうぞ。

読みにくいブログの特徴

読みにくいブログの共通点『字面が揃っていない』という事です。この記事冒頭部分は、意図してPC画面で見ても字面がずれる様に書きました。(これが一番時間かかったw)

読みやすい_ブログ記事_反例

句読点の打ち方による段落ち

句読点の打ち方_段落ち

最後の「。」以前のコンテンツ量を調整するだけで、防ぐ事ができる段落ち。たったそれだけの事すらも調整していないブログが読みやすい訳が無い。

ワードラップによる字面崩壊

ワードラップ_段落ち

ワードラップは、アルファベットの文字数に応じて業溢れする場合は自動で改段してくれる超便利機能ですが、勝手にしてくれるから何もしなくて良いという訳ではありません。何も考えずに思ったままを書いた文章が、毎回読みやすい人なんて存在しません。

半角英数字による飛び出し

半角英数字_字面

半角英数字を打った時、微妙に飛び出してずれる字面。上記画像のように一部分だけを見た場合はそこまで気にする事は無いが、上記2種類と合わさった時の字面破壊力は抜群です。

スポンサーリンク

コンテンツ量の調整で、読みやすい記事に

記事の表示状況に応じて『コンテンツの追加・削除』『句読点の打ち方・文言の変更』を行う事で、誰でも簡単に読みやすい記事=字面の揃った記事を作る事が出来ます。

  • 同じ意味の言葉で置き換える
  • 句読点の場所を調整する
  • 半角英数字の必要性を考える
  • 必要に応じて改行を打つ
  • …etc

それら全てを意識して、冒頭の駄文を書き換えると・・・。

読みやすい_ブログ

はい。

字面を揃えても意味が無いという意見

上記した通り『私のiPhone5sで見た時の表示崩れ』に対応したにすぎません。

  • ブラウザのフォントサイズは?
  • スマホの文字サイズ表示モードは?
  • 画面サイズの大きなスマホでは?
  • PC・タブレットでは?

その他、『字面が崩れる』シーンは無数に存在します。当然ながらそれら全てのケースに対応する為には全角文字だけで改行も打たずベタで文字を書くより他無い訳ですが、それでは結局、糞読みにくい駄文が出来上がるだけです。

そう考えると『字面を意識しても、仕方が無い』と言う意見が出て来てもおかしく無い訳ですが、この記事を通じて伝えたいのは『最低でも、自分では読みやすいと思えるブログ記事で無ければ、不特定多数の読者から読みやすいと思って貰える可能性は0に等しい』という事。

自分自身が納得出来てない記事を「多くの人に読んで欲しい・満足して欲しい」なんて、厚かましい以外の何物でもありません。ブログの運営者はどこまで行っても『読者に読んで貰ってる』という事を忘れてはいけません。

スポンサーリンク

読者が読みやすいを意識するメリット

予想外に反響を得た結果、何も変えずに見た目ボコボコな育児疲れ記事などもありますが。少なからず、検索上位に置く前提で書いた記事は全てに置いてPC・スマホからの見た目を確認しています。

読みやすさを意識して字面の調整を行う様になると、少なからずブログ記事の書き方が上手くなります。私の過去記事と今の記事を見比べて下さい。Lv.1→Lv.2程度の変化かも知れませんが、少しは読みやすい記事を書ける様になりました。

字面の調整が出来るという事は、文字数の調整が出来るという事であり、それは即ち『最適なコンテンツ量で記事を書ける』という事です。それが結果的に多くのソーシャルシグナルを集める事に繋がり、検索上位に記事を置く事に繋がり、ブログの価値に繋がります。

(※過去記事の悪口は止してくれ)

まとめ

ブログを1人でも多くの人に読んで欲しいと思うのであれば、『まずは、誰にでも出来る見た目を整える』から始めましょう。嬲り書いた記事で人を惹き付けるなんて不可能です。と言っても、ブロガーサロンや有料記事が巷では大人気なので、お金を払っている方々は当然一番最初に教えて貰って知っている話。今更ですね♪

記事冒頭に『読み逃げ読者ばかりで、はてなブックマークが全然貰えない』なんて書きましたが、本心では無いですよ。シェアするに至らないクオリティーの記事しか書けていない私が悪いのと、はてなブックマークの利用ユーザーが少ないのが何よりの問題ですね。アホの1つ覚えみたいにスパム言うてんと、利用者数を増やす努力をして欲しいもんです。

FaceBook経由で見に来てくれている一般ユーザーにまで、はてなブックマークというサービスが浸透した時、三十路男の悪あがきブログはGODモードに突入します。ハイ、続きの寝言は寝てから言う事にします。

という訳で、久々のブログ関連記事は楽しかったです。一旦、離れたことでアンチが読みに来る回数も減ったし、何より書きたい事を好き勝手書けるのは良いですねw

ブログ関連記事を書いてる人は多いので基本はそちらに任せるとして、次のブログ関連記事の更新は、この記事から数えてブックマーク数が100を越えたら書きましょうかね。(ゲス顔)

サラリーマンの副業/毎月5万円稼ぐブログ運営情報の全て

nendのオーバーレイ広告をブログの特定カテゴリーにだけ入れてみた

 人気 アフィリエイト初心者が稼ぐコツ/三十路男の備忘録

オススメ会社員が副業ブログでお小遣い/会社にばれる?ばれない?匿名の罠

アフィリエイト比較

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事