1記事で1日100万PV!?三十路式アクセスアップ禁断の書

670 Views

嫁にケーキを買い放題

子どもを抱っこし放題

発泡酒だって今夜は2本

『買い放題』『抱き放題』『飲み放題』の三拍子を見事に実現した、夢のようなアクセスアップ禁断の書。今回は特別に無料で公開したいと思います。

アクセスアップ禁断の書の読み進め方

禁断の書

記事内では「ブログやSNSなど極々狭い世界の中での良し悪し」を語っていますが、ブログのアクセスアップが主題だから、そのような書き方をしています。

ブログを書いている人にとっては「有名」な人であっても、街頭で聞いてみたら「誰それ?何それ?美味しいの?」ってレベルです。

みなさん、あまり病まずに頑張りましょう

1日1記事100万PVは天文学的数字

「三十路男が不倫!?」という記事を書いて、テレビのニュースなどで取り上げられて、検索ユーザーが増えて、偶然にも検索1位でしたなどを除けば、検索流入だけで1記事1日100万PVは都市伝説レベルです。

星の数ほど存在するブロガーの中で、1日1記事100万PVを達成した人は何人いますか?インフルエンサーと呼ばれる人達の中で、そんな実績を持っている人が何人いますか?いませんよね。

私は達成しましたが、つまりは、そういうこと(どういうこと?)なんです。

SNSはアクセスアップの導火線

しかしながら、SNSを有効活用することができれば、1記事で1日100万PVを達成できる可能性は10倍にも100倍にも膨れあがります。

SNSのシェアは、記事に対する『流入の可能性』を秘めた導火線です。

シェアしてくれる人が増えれば、それだけ導火線の数は多くなります。いずれかの導火線に火が付いて、光に小虫が集まるようにワラワラと人が集まってくる。

これが”バズ”です。

SNSを有効活用するために行ったこと

先に言っておきます。ブログ運営という目的において、SNSはちゃんと運用しなければ時間の無駄です。無駄な時間を割くならやらない方が良いです。

自分というイメージを植え付けた

ブログを始めたとき、SNS界隈でチヤホヤされている人達を分析しました。そして、バカみたいに「いいね!いいね!」と言っていても仕方ないことに気がつきました。

「〇〇さんは、✕✕な人」というイメージを植え付けないことには、何をしても、何を言っても、効果がないんです。

トレンドブログで実績作り

今となっては、当時を知る人が少なくなってしまいましたが、白猫プロジェクトというゲーム攻略のブログ(子育てブログの前身)を立ち上げました。

ゲーム攻略とは名ばかりで、やっていることは「イベント開始に併せて、他社よりも早く攻略して記事をアップすること」でした。

詳しい人が見れば、トレンドブログであることは明かでしたが、SNS上に詳しい人は少ないので、簡単にそれっぽい実績を作ることができました。

それっぽい実績とノウハウを公開

実績を作り始めて2ヶ月程で30万PV/1ヶ月を達成できたので、ちょっと詳しそうな人ぶって「〇ヶ月で✕万PVを達成した方法」なんて記事を公開しました。

この手の記事に興味をもつ人が多かったこと、同時期にアクセスアップセミナーに登壇したことなども合わさって、SNS上に「三十路さんは何となく詳しい人みたい」というイメージを植え付けました。

相互シェアという関係を取っ払った

相互シェアというのは、ブロガーという輪に対して内向きのシェアです。

はてブの付け合いで運良くはてな経由のバズが起きることはありますが、それで得られるのは本当に一時的なアクセスアップです。

時間の無駄なので、相互シェアという関係を取っ払いました。

しっけた導火線には火が付かない

相互シェアという発想を持っているアカウントがシェアする記事は、あわよくば自分の記事もシェア仕返して欲しいという想いの元に流すもの。そして、そのアカウントをフォローしている人の大半は、相互シェアを前提に繋がっている人。

余程の人気者が書いた記事、もしくはブログ運営の有用なノウハウ等でなければ、導火線に火が付く可能性は極めて低いです。

しっけた導火線は捨てましょう。

提供する側に回った

相互シェアという関係を取っ払うことで、提供し合う関係から提供する側に回りました。

提供側がシェアする記事は、個人的に良いと感じたもの。提供側をフォローしてくれている人は、個人的に好きで居てくれている人。

自分が他者のために張る導火線の価値を高めました。

結果的にブロガーとしての立ち位置(極々狭い世界の話)を確立しました。

読者と真剣に向き合うようになった

無駄な労力を取っ払って出来た余力は、全て読者さんに向けました。

記事やSNSに対するコメントはちゃんと返します。ちょっとくらいの批判なら、嫌いから好きに変えようと努力します。凄い批判は無視します。

読む価値がある記事は書けないので、SNSでの関係こみこみで囲い込むようにしました。

後は果報を寝て待つだけ

「お前、どの口が言うねん」って叱られてしまいそうですが、炎上商法はなしだとすれば、具体的にバズを起こす方法なんてものは存在しません。

「この人は有益な情報を発信してくれる」と思えば、一方通行でも良いからフォローしました。「この人は何となく気が合いそう」と思えば、オフ会と題して会ったりもしました。導火線を張ってくれる人達(自分を好んでくれている読者さん達)との交流を深めていきました。

無駄な労力を排除しながら、必要な所にコストを割いて、地道にSNSアカウントの価値を積み上げていきました。

結果、書いた本人は「何が他記事と違うのかわからない」と思っている記事に多数の導火線を張ってもらうことができて、訳もわからない内に色々な所で爆発が起きて、レンタルサーバーを殺したりしながら100万PVを達成しました。

その後、ボートレースだ!競馬だ!と連呼して、アカウントの価値及びブログの価値を下げてしまったのは、また別のお話。

それっぽいまとめ

最近、SNS界隈で騒がしい人達を見ていると、老婆心ながら「SNSに疲弊して辞めていくんだろうな」と思ってしまいます。数年前に私が病んだみたいに。

Twitterの世界って「漫画かよ!!」ってくらい江戸時代
Twitter上でのやりとりを見てると「漫画かよ!!」ってツッコミたくなるぐらい、愉快なやり取りをしている人達が居るよね。 そ...

「ブログをしながら、みんなで楽しくワイワイしたい」という目的なのであれば、何も言うことはありませんが、ブログ運営のためにと割り切ってSNSを運用するのであれば、無駄なことをしている時間はありません。そんなことをしている暇があるなら、1行でも多くブログを書いた方が良いです。

今一度、自分の目的が何なのか?を考えてみることが、何よりのアクセスアップ方法なのかなと思います。(無理矢理感:中)

本文より長いかも知れないあとがき

子ども達が入退院を繰り返していて、明るい子育て記事なんて書く気になれない私を見かねて、岡山が生んだファッションモンスターが、記事ネタを提供してくれました。

「タイトル何やっけ?」と思いながら書いたので、中身は酷い有様ですが、バズに関しては完全に運ゲーです。ただし、確立を高める方法は間違いなく存在します。

SNSの有効活用という意味では、しっかりと実値検証済みの正攻法を書きました。

「そんな戦略的に運営してたとかひくわ」と言ってフォロワーが減ったとしても、しっけてた導火線が減るだけです。少し淋しいだけで、別に困りません。

書き忘れていた本当に大切なこと

「これだけは胸を張って言える!」ということが1つだけありました。

妻の発言を面白おかしく着色したことはありますが、ブログに嘘を書いたことがありません。

情報サイトではなく、ブログだからこそ、ちゃんと自分の言葉で事実を並べる。結果、叩かれることもあるけど、それは私にとっての事実と相手にとっての事実が異なったというだけの話。

本当の意味での間違い以外は批判されても書き直さないし、ちゃんと残しています。

「ブログを書く目的は何なのか?」とは別に、自分が決めたルール(毎日投稿、コメント返信、自宅では書かない等)を守って、自分のペースでブログ運用を続けること。

これが1番です。(無理矢理感:低)

最後に、こういう機会に乗じて、予め予測した読者層に向けて内部リンクを提供しておくことは重要です。

先ほど書いたことと重複しますが、私はブログに嘘は書きません。是非、この機会にASPサービスの見直しを…ry(無理矢理感:高)

アフィリエイトの比較と選び方/三十路男が使っているASP全部
今年に入ってから『アフィリエイトに関する問合わせ』と『コンサル依頼』が頻繁に送られて来ます。何処でブログを見つけてきたのかは知りませんが、三...

いやぁ、3500文字近く書いて「自分のペースで頑張れ」がゴールとか、久しぶりにメチャクチャな記事書いた。楽しかった。笑

SNSシェア
アフィリエイト比較
こちらの記事も合わせて読みたい