歯磨きを嫌がる子供には「パント!」のリズムが効果的?

ウチの子供は自分でする歯磨きは好きですが、親に歯磨きされるのが大嫌い。

大人しく歯磨きさせてくれることは殆どなくて、歯ブラシを持って行くと部屋中を逃げ回り、やっとの思いで捕まえても口をあけてくれない。スマホの動画(子供自身が映る動画)を見せると歯磨きさせてくれるけど、子供を物で釣っているみたいで親としては躊躇してしまう…。

そんな悩みをおかあさんといっしょで放送されている「パント!」が解決してくれた話。

パントで歯磨き嫌いを克服

パントで歯磨き嫌いを克服

※パントは遊びじゃないんで、りさお姉さんくらい全力の脳内再生でお願いします

子供の興味を集める

三十路さん
パントっ♪
息子
!!?
三十路さん
今日のパントは~!?
息子
(遊んで貰えると思ってニコニコ)
三十路さん
歯磨きをするよ~♪
息子
きゃー!(何だか分かってないが嬉しそう)

一緒に歯磨きしてみる

三十路さん
ゴシゴシ(パパの歯ブラシでパパが歯磨き)
息子
ちょーらいっ!ちょーらいっ!
三十路さん
はいっ、ゆうと君の歯ブラシ~♪
息子
(子供が自分で)ゴシゴシ
三十路さん
ゴシゴシ
息子
ゴシゴシ

遊びの一環として歯磨きをする

三十路さん
次はね~!パパが磨くよ~♪あ~んして!あ~ん!
息子
あーん(大きなお口)
三十路さん
上手やねぇ~!しゅごいねぇ~!おぉ~!かしこいねぇ~!
息子
(パパが息子の歯を)ゴシゴシ(とにかく褒められて嬉しそう)
三十路さん
あ~!かちこかったねぇ~♪ゆうと君しゅごいねぇ~♪
息子
ちーて!ちーて!(もっとしてくれの意)
三十路さん
ごしごし~♪かしこいねぇ~♪よし!できましたー!
息子
ぎゃー!(まだまだ遊べ)

キッカケさえ作れば子供は歯磨きしてくれる

キッカケさえ作れば子供は歯磨きしてくれる

子供が自分でする歯磨きは褒めに褒めた結果、すぐにできるようになりました。

 関連 乳児の歯磨き/ピジョン乳歯ブラシで慣れる練習をしよう

親に歯磨きされるのは拘束されてる感が強いのか全く協力してくれずに苦戦しましたが「一緒に遊んでいる感」「親と同じことをしている感」をみせてあげると大人しく歯磨きさせてくれるようになりました。

親としては子供が歯磨きしてくれるという結果が得られれば過程は重要ではなく、大きな声でりさお姉さんのマネをしながらパントするのに抵抗など微塵もありません。困ったらお試しあれ!

また歯磨きを嫌がるときがきたら

また歯磨きを嫌がるときがきたら

大きくなるまでの間に、また歯磨きを嫌がるときが何度もくるでしょう。

色々試してあげることも親の仕事なので、そんな時が来る度に遊びも交えて子供が嫌がらない方法を探しながら、少しでもイヤイヤを取り除きながら歯磨きして貰えるように親が工夫してあげればいいかなーと。

 関連 赤ちゃんは歯の生え始めが肝心/知っておきたい3つのこと

親のマネっこが好きな子供に効果大

パントのリズムでやると歯磨き以外にもお布団を片付けるのを手伝って(邪魔して)くれたり、食器を片付けるのを手伝って(邪魔して)くれたり、親のマネをしたがる子供にはピッタリの遊び方みたいです。

子供が楽しそうなのは勿論、子供が寄ってきてくれるのでパパとしては嬉しいかぎりです♪

オススメですよ!パント!笑

こちらの記事も合わせて読みたい