人付き合いが苦手/ネットが絡むと顔が見えない分、余計に難しい

『人付き合いが苦手』と言う人は多い。

人付き合いの得手不得手を決める要素に『営業的な顔』を含めて良いのであれば、人付き合いが上手な人間なのかも知れないが、営業的な顔は一切無しで考えると私も決して人付き合いが得意な人間では無い。

今日は『人付き合いが苦手』という相談に対する返答を書くつもりが、人付き合いという物を考えていくにつれて『私も凄く苦手』と凹んでしまった話。

LINEの普及で喧嘩する人が増えた

LINEって便利ですよね。昔から世話になっているおやっさんは未だに電話一択という流儀を貫いているが、元々メールを利用していた多くの人は『メールからLINE』へシフトしました。

LINE最大の魅力は『リアルタイム性の高い、会話の様なやりとり』が可能だという事ですが、その結果、普段の会話では中々起こりえない様な喧嘩が起こるようになりました。

メールとLINEの大きな違い

1つの人付き合いツールという位置づけで確立したメールには、開封確認という特殊な方法を除いては基本的に既読という概念がありません。

『メールが返ってこないけど、何か変な事を送ってしまったのでは無いか?』という不安にかられ送信済みのメールを見た経験、皆さん1度はあるかと思います。変な事を送ってしまわない様に、何度もメールの内容を読み直してから送るという行為がメールにはありました。

しかしながらLINEには既読という概念があり、返信はすぐにするという暗黙のルールが生まれてしまった為、文字の内容よりも即効性を求めたやりとりをしてしまいガチです。

何故、LINEが喧嘩を生むのか?

会話と同じ様に、普段と変わらない事を送ったとしてもLINEだと喧嘩に発展してしまう可能性があるのは何故か?それは『相手の顔が見えない』からです。

友人と直接会って話をしている時、具体的に何かに悩んで居るという話をされなかったとしても悩んで居る様に見えた場合、『何かあった?』と聞きますよね。

しかしながら、友人とLINEで会話している時、『相手が悩んで居るのか?』なんて事を文字以外の情報から入手する術はありません。結果的に相手の状態を知る術が無いまま『いつも通りの会話』をした結果、相手が怒ってしまう事があります。

人付き合いに、いつも通りは無い

友人が凹んでいたら慰め、相談に乗ってあげます。凄く機嫌が良さそうなら、いつもよりハメをハズして一緒に楽しみます。毎回、同じ相手と同じ会話(いつも通り)をする事なんてありえない。人は視角から得られる言葉以外の情報を参考にして、自分・相手が求めているやりとりを状況に応じて変えているのです。

顔が見えない相手との人付き合い

インターネットの普及で、昔では考えられない様な人と繋がる事が出来るようになりました。大阪に居ながら北海道の人と話が出来たり、沖縄の人と話が出来たり、もっと言えば海外の人共簡単に交流する事が可能になりました。

ブログという媒体も同じで、記事を読んで『このブログが好き』という思いを抱いたとしても、そこに書かれている事が全て事実だとは解らない上、極端な話私が書いた育児体験記事だって『育児は糞余裕やけど、難しいって書いた方がアクセス増えるっしょ』と思いながら書いたかも知れませんよね。

人はネット上でハメを外しがち

私はネットで妻と知り合って結婚しているので、人見知りなのでリアルで会うと少し大人しくなる程度な物で、リアルとの切り分けは基本的に殆どしていません。しかしながら、ブログ運営という部分ではある程度のキャラ作りというか、オモシロ可笑しく行きたいと言う思いはあります。

先日、12月1日から行われている『ブログの楽しさを伝える』をコンセプトにしたブロガー連動企画。2015年の反省点や、2016年の目標などを書くというイベントに参加しました。

私が担当したのはイベント4日目という事もあり、先に色々書いてしまうと後の人が書くこと無くて困るとか、先にカッチリした物を書きすぎると後の人が自由に書けなくなるとか、その他色々な事を考えた結果、三十路男の悪あがきブログというイメージを考慮に入れた上で『ここまでしても、多分許される』というラインギリギリで記事を書きました。

結果だけ見れば『許されなかった?(笑)』というのが正直な感想。

実際、蓋を開けてみればネタ記事を書ききった人はおらず、まさかのイベント内で完全に浮くという事態に陥りました。イベント自体を茶化すつもりは毛頭無く、盛り上げるつもりしか無かった訳ですが、主催した人には少し申し訳無い事をしたと思っています。

まぁこれも顔が見えない事で、相手の反応が見えなくて不安になっているだけという可能性もある話ですが。

『ワロタwww』は笑ってない

その他、Twitterなどで話をしていると『ワロタwww』なんて打つ時、打たれる時がありますが、基本的に笑ってないですよね。本当に笑ってしまったという事を伝える為に、色々文章を変えたりしてみますが、文字同士のやり取りで全てを伝える事は簡単ではありません。

人付き合いが苦手

過去に、人付き合いが苦手な人に向けて記事を書きました。

人間関係がうまくいかない人の特徴/華奢なインテリ眼鏡の処世術

夜の世界で身に付けた処世術を書いた物ですが、私も元々メンタルの強い方では無い(寝て起きたらメンタルが戻ってる程に、復帰は早い)ので、結局はビジネスライクな物の考え方では無いのかと少し今は迷っています。

結果を出したいと本気で相談してきたと思って無償でノウハウを提供する。次のステップがあるとも知らないまま、全てを聞いたと思って離れていく人。久しぶりにブログを読みに行くと私が提供したノウハウを我が物顔で紹介している人。大切な部分を提供する前だから、そんな情報では結果が出ない事は明白なのに、見て居て可哀相になる。

『困った事があれば何があっても駆け付ける』と口約束した相手から2年ぶりの電話、『もう死にたい』という声に何も言わずに高知まで車を走らせた。その後、高知へ戻る=人生を棒に振るという事は明白なのに、自らの足で高知へと帰って行ったのを見て何とも言えない気持ちになった。

その他、全てにおいて直接的に私の身は痛まないので構わないけど、心は痛い

とりあえず、非公開記事は一旦全ての人に対して未公開にしました。もう誰か個人に対して無償で何かを教えるという事はしません。顔が見えない相手に対して心を開くのは控えます。

『良い様に利用されている』という事を頭のどこかで理解しながら、それでも『今までの人のせいで、この人を疑うのは間違い』と自分自身に言い聞かせてここまで来たけど、何度経験しても不義理かまされるのには慣れない。

この記事を公開後、家に帰って息子を遊んで寝て起きたら何事も無くまた誰かを信じるけど、今日は今日1日だけはダメ。相手の顔が見えないから、全てのやり取りが文字情報通り入ってこない。

っとまぁ、ブログ関連の人付き合いに関しては元々の取っ掛かりが3万円稼げればOKなので気にしない方向。リアルでの人付き合いに関しては私相手に不義理かます相手は居ないからOK。

後、何かOKしないとダメなことあるかな・・・。

結論書いてないね。

人付き合いが苦手な人は、ここに注意

今現在クヨクヨしている私が言うのも変ですが、寝て起きたら復活している理由は『相手を思いやる気持ちと、相手から返ってくる気持ちは絶対に一致しない』という事を理解しているから。理解しているつもりでも、久々にくらうとクヨクヨしますが何日も悩む様な事にはなりません。

『無償の愛』

なんてキレイ事は無理なので、不義理をかました相手ともう1度なんて事には絶対になりません。相応のお礼をするという事だけは忘れずその他の事は全て相手の存在含めてキレイスッキリ忘れてしまえば大丈夫!!

私は『人付き合いが苦手』なのでは無く、『相手は自分と合う人では無かった』と割り切って、1日凹んだら次行きましょう次!!

顔が見えないと怖がらずに、何億という人が居るので必ず合う人が見つかると言い聞かせて、何十回か傷付く覚悟で突撃!!

と言う訳で、読み直ししてないから誤字だらけな気がする上に、全く持って書きたい事と違う方向へ進んでしまいましたが、我ながら匿名ブログで『顔が見えれば』って変な感じやね。笑

あー、寝て覚めてを待たずして書いたらスッキリしたw

こちらの記事も合わせて読みたい