北朝鮮のミサイル問題/願わくば家族四人で身を寄せ合って死にたい

日本は平和な国。

北朝鮮で核開発、ミサイル発射実験が行われても「遺憾の意」を示すだけ。外務省が水面下で高度な交渉を行っているのかも知れないけど、北朝鮮に変化はみられない。

北朝鮮の建国記念日(9月9日)までに、核実験、弾道ミサイルの発射、グアム攻撃などを行う可能性が高いと指摘する専門家も多い中でも、そのような情報を取り扱うのは主にネットニュースだけ、地上波ではあまり見かける機会はない。

平和な国で生まれ育ち、平和に飼い慣らされた私は、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したその日も、当たり前のように出勤して仕事をしている。

スポンサーリンク

菅官房長官はいつも困り顔

CNNニュースなどが北朝鮮のミサイル問題を取り上げている最中、日本の国会は加計学園に夢中。そこに群がる日本のメディアは「出会い系バーに行ってた」などと個人叩きに夢中。

テレビに映る菅官房長官はいつも困り顔。

北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過しても、困った顔で「極めて強い表現で遺憾の意を示した」という政府の公式見解を伝えるのだろう。

行動を起こせる人達は凄い

ミサイルが通過した今でも「自分にはどうすることもできない問題」という意識しかない。北朝鮮は大嫌いだけど、私には与党・野党が悪い。安倍総理・菅官房長官が悪いという感覚はない。

一昔前なら非国民と罵られるかも知れないけど、愛国心なんて物は微塵もない。戦争が起こっても絶対に参加しないと思う。

だから、日本の未来の為に、自国の安全の為にと声を上げ、行動を起こせる人達は行動の是非問わず凄いなと思う。その行動力を羨ましく思うけど、やっぱり私にはマネできない。

スポンサーリンク

できることなら戦争にはなって欲しくない

実際に戦争を経験してきた世代の祖父母から聞いた話、各国で行われている紛争の映像などを頭の中で鮮明に具現化することはできないけど、戦争になると大切な人が死んでしまうということくらい知っている。

自分では何も行動を起こさないのに、願うのはお門違いかも知れないけど、戦争にはなって欲しくない。大切な人には1日でも長く生きてもらいたい。

ミサイルで死ぬなら家族四人揃って死にたい

戦争回避の願い叶わず、ミサイルが飛んでくる状況を回避できないなら、家族四人揃っている時間帯にお願いします。

有事の際にはみんなパニック状態。

  • 3分後にJアラートの連絡
  • 5分後に避難呼びかけ
  • 7分で屋内避難完了
  • 10分でミサイル着弾

たった1度の避難訓練もない状態で、想定通りにことが運ぶとは思えない。

絶対に嫌。絶対に嫌やけど、そのような状況になった場合は、妻のお腹にいる二人目の子供も一緒に家族四人で身を寄せ合って、その瞬間を迎えたい。

スポンサーリンク

数年後、全てが笑い話でありますように

できることなら、何事もなく平和に家族揃って1日でも長く生きたい。

戦争や災害に巻き込まれた時、少しでもツライ思いをさせなくて済むように、少しでも生きられる可能性を高められる様に非常食を買い置きしてある。

勿論、子供の分も用意してあるけど、どれも使う予定はない。

 関連 赤ちゃんの防災グッズ一覧/地震に備えて離乳食の買い置きなど

数年後に「こんなバカみたいな記事を書いたな」って言えますように。

あとがき

先週からアメリカ、ロサンゼルスから叔母さんが一時帰国している。

向こうで35年生活している叔母さんは、北朝鮮と日本(アメリカ)の状況をニュースで見るまで殆ど知らなかったらしい。

日本にはアメリカに頼るより他に選択肢がないから文句は言えないけど、アメリカは日本の有事にどこまで動いてくれるのやら…。と思わずにはいられない。

どうか、何事もなく平和的解決しますように。

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事