『この人と結婚して良かった』と感じる瞬間

そういうとこやぞ

またひとつ『この人と結婚して良かった』と感じる瞬間に出会った。

それは意識して作れるものではない、誰かをマネして作れるものでもない。何気ない日常の中に隠れていた些細なもの。きっと読んでも意味がわからないという人が、たくさんいると思うけど、私は幸せな気持ちになった。

『この人と結婚して良かった』と感じた瞬間

ヘタすると住むところ無しの借金まみれ?という状況は回避できましたが、ここ数ヶ月は本当に地獄でした。精神的に追い込まれていたこともあり、家族や周りの人達にはたくさんの迷惑をかけていたと思います。すみません。

 

そんな問題を回避することができたのは、紛れも無く『親よりも年の離れた親友』の存在があったから。朝、昼、晩と色々な世界を見せてくれたのもこの人。困ったときにいつも助けてくれたのもこの人。本当に父親みたいな存在。

 

お世話になった人に感謝の品を探していた

恩返し、恩送りとは全くの問題として、感謝の気持ちはシッカリと伝えなければいけない。そう教わって生きてきた身として初めて贈る感謝の品。

 

しかしながら、相手は(良い意味で)お金で買える物は何でも持っている人。ハッキリ言ってメチャクチャ悩んだ。私からなら吉野屋の牛丼をご馳走するだけで、喜んでくれると解っているけど、やっぱり他では手に入らないものを贈りたかった。

 

妻に贈った名入れ彫刻のお酒を思い出した

感謝の品

感謝の品を探している中で、2年前、妻の誕生日に家族旅行をプレゼントしたこと、旅館の食事中に名入れ彫刻を施したお酒(妻は柚子酒が好きなので柚子酒)をサプライズでプレゼントしたことを思い出した。

 公式 名入れ工房アートテック

 

お酒のボトルは邪魔になるほどの大きさではなくて、事実、お酒を飲み終わった後のボトルは今もリビングに飾られていてる。これしかない!と思い、名入れシミュレーターを使って世界に1つしかない感謝の品を作った。

 公式 名入れシミュレーター(※商品ページ中程)

 

感謝の品を購入することを妻に報告した

妻とのLINE

※一周回って古いLINEスタンプが夫婦間で流行っているのはご愛敬

 

「いくらするの?」と値段を聞いてくるでもなく、否定するでもなく。一応理由を話しておこうと説明するも、自分もそう思ってたからと…。その後、電話で実際の値段(1万円前後)を伝えても結果変わらず。

 

そういうとこやぞ

 

しょうもない物を買おうとしたら邪魔になるからと言われ、高い物を買おうとしたらウチの家に余分なお金はないと叱られる。それなのに、お世話になった人に初めての贈り物を送ろうと思うと相談したら、無条件で許可をくれる。

 

そういうとこやぞ

 

本当に「この人と結婚して良かった」と思う。

 

結婚しなければ良かったは多いけど、結婚して良かったは意外と少ない

一緒に過ごす時間が長くなれば長くなるほど「良いことは当たり前、悪いことは悪いこと」になってしまう。だから「結婚しなければ良かった話」を聞かされることは多いのに「結婚して良かった話」を聞くことは少ない。

 

中には照れくさくて言えない人、他人に自慢することではないから言わない人、色々な人がいるとは思うけど、人間は当たり前になった出来事に対する感謝を忘れてしまう生き物だから仕方ないのかな…。

 関連 夫婦喧嘩の原因は『当たり前』という思い/仲直り出来るうちに

 

私はそうはなりたくないので、これからも『結婚しなければ良かった』よりも『結婚して良かった』を探して生きていきたいなと思う。

 

 

ここまで読んだ = 興味があった

じゃあ、アナタが『この人と結婚して良かった』と感じた瞬間を書いていってください。

ブログに寄せられた「結婚して良かった」の声

あとがき

こんな些細なことで『この人と結婚して良かった』と感じることが出来るなんて、我ながら単純な人間だなと思うけど、だからこそ幸せな生活を送れているのだとも思う。

 

この手の記事は反響ないの解ってるけど、また、結婚して良かったと感じる瞬間に出会えたら紹介しよう。感じられる出来事に出会えますように。