林先生が説明する「無能な上司」が核心を突いていて妙に納得できた

林先生が驚く 初耳学という番組で”無能な上司”について話をしていました。

林先生は「なんでこいつが出世してんだ?っていう人はいませんか?」という質問を投げかけたあと、「一般社会において、できる人が出世できない理由としてよく挙げられるのが出る杭は打たれる。逆に上司に従順、素直に言うことを聞いて当たり障りのない無能な人ほど出世しやすい」と言っていました。

”無能な人ほど出世しやすい”に関しては、ネット上でも賛成・反対含めた色々な意見が出ていたけど、私は林先生が説明してくれた”ピーターの法則”を聞いて妙に納得してしまった。

会社の上司が無能だらけな理由

林先生はピーターの法則を引用して「世界中の企業は無能な管理職だらけ」という理由を説明していました。

ピーターの法則(ピーターのほうそく、英: Peter Principle)とは組織構成員の労働に関する社会学の法則。

能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。
時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

引用:ピーターの法則wiki

wikiを読むだけで納得させられる内容ですが、林先生が黒板に書いた絵と併せて説明します。

優秀なセールスマンは主任としても有能?

セールスマン

大きなセールスを上げたことで”セールスマンとしての能力”を認められて、主任に出世した男性。

主任に昇進

セールスマンとしては優秀な人材ですが、主任(セールスマンを管理する側)として優秀とは限りません。なぜなら、主任に要求される能力とセールスマンに能力は全く違うものだからです。

主任をクリアできたとして次の役職では?

部長に昇進

複数人のセールスマンを管理することに成功したことで”主任としての能力”を認められて、次の役職へと出世した男性。

主任としては優秀な人材ですが、部長・課長・係長といった中間管理職として上下の板挟みに遭いながら、次の役職でも能力を発揮できるとは限りませんよね。

世の中の管理職は無能を露呈した人たちの集まり?

有能だからと出世しても、次のポジションで活かせる能力がない人は、そのポジションにいつづけることになってしまう。

ということは、世の中の管理職は現在の役職に必要な能力がないことを露呈した人達の集まりということになるんです。

最もわかりやすい例えを上げるとすれば「一流の野球選手が、監督としても一流になれるか?はわからない」です。

無能な上司が自分を脅かす有能な部下を昇進させると思う?

「人間は能力の極限まで出世する」と書かれたピーターの法則と、若干の食い違いを感じずにはいられませんでしたが、林先生は「上のポジションにいる無能な人が、自分のポジションを脅かす可能性がある有能な部下を昇進させますか?」と問いかけて「させませんよね。だから、無能な人ほど出世するということになるんです」と締めくくっていました。

お酒を飲みながら「ワシ等の若い頃(現場に出て働いていた頃)は~」とくだを巻く中間管理職、何かにつけて部下を怒鳴りつける中間管理職の人達は、出世先に見合う能力がなかった可哀相な人達なんだなと、少しだけ気持ちを理解できた気がしました。

上司が怒鳴るたびに、部下は無能になっていく
何かにつけて部下を怒鳴りつける上司に理由を問いただすと「部下のことを思って、憎まれ役を買って出ている」という答えが返ってきました。 ...

無能ばかりが上にいても組織が成り立つ理由

無能ばかりでも成り立つ理由

そうなると「無能ばかりが上にいて、なぜ組織が成り立つのか?」ということが気になりますよね。

出世の途中で無能をさらけ出した人はそこで止まってしまいますが、更に上にいける人は現在のポジションで余裕をもって仕事をしています。つまりは、組織というのは”まだ無能レベルに達していない人達”によって動いているということになるのです。

夫婦の関係に置き換えると妙に納得できた

ピーターの法則wikiには、下記の通り書かれています。

ピーターの法則は、「あらゆる有効な手段は、より困難な問題に次々と応用され、やがては失敗する」という、ありふれた現象の特別な事例である。

引用:ピーターの法則wiki

自分の中に落とし込むとき、結婚生活に置き換えると妙に納得させられてしまいました。

  • 彼氏に求めるもの
  • 旦那に求めるもの
  • 父親に求めるもの

どれも全然違いますよね。

彼氏として「格好いい、面白い」などを評価されて旦那に昇進。

旦那として「稼ぎが良い、落ち着く」などを評価されて父親に昇進。

父親として「子どもの面倒を全然みない」とダメの烙印を押されて夫婦仲は終了。

こじつけみたいに見えるかも知れませんが、夫婦関係では役割毎に求めること・求められることが全然違います。羽振りの良さが魅力的だった彼氏時代をマネして、旦那が大盤振る舞いすると叱られる光景が目に浮かんでしまい…。私は「あるある…」と納得してしまいました。

自分もいつかは無能な上司になるのかな?

いつまでも若いつもりでいましたが、私も今年で34歳。中小企業の肩書きは飾りみたいなものなので、役職手当が貰える以外のメリット・デメリットはありませんが、年功序列の強い会社なので、数年前から「主任」の肩書きを与えられています。

直属の上司(部長)が経営側に回る2年後には、必然的に私が部長になります。

経営の「け」の字も知らない人間が経営側に回って、管理の「か」の字も知らない人間が管理側に回る。どこの企業でも当たり前のように行われている昇進制度のお陰で、良くも悪くもいつかは自分も無能な上司になってしまうんだろうな。という感じ。

まぁ、家族と楽しく暮らしていけるのなら、無能でも何でも良いんですけどね…。

あとがき

ピーターの法則では「工場勤務の優秀な職工が昇進して管理職になると、これまで得た技術が新しい仕事に役立たず無能になる」という事象を解決する例として「管理能力を示さない限りは部下を管理する地位に昇進させない」という方法があげられていたけど、現実問題として、そんな解決策を取れる企業は多くない。

私達若い世代がするべきは「上司が無能だ」と嘆くことではなくて、次の世代を意識して経験を積み上げていくこと。そうすればきっと、子ども達の世代は今よりもっと良い物になるんじゃないかな?と思う。

とまぁ、私は仕事に熱い情熱を注げるタイプの人間ではないので、引き続き父親という役職をこなしながら、いずれは必ずやってくる老後に「無能」と言われないように頑張ることにします…。

「早く帰る人に仕事を回せばいい」なんていう会社は潰れてどうぞ
どの会社にも定時になったら仕事を切り上げて早く帰る人って居ますよね。 自分は残業してるのにズルい あいつだけ仕事が少ないから...
こちらの記事も合わせて読みたい