年収400万円/手取りや住宅ローンなど生活の実情

『年収400万円』が日常生活を送る上での一定基準として用いられることが多い理由を探ってみたところ、国税庁が発表した平成26年度の民間給与実態統計調査結果に辿り着きました。

年収 男性 女性
100万円以下 3.3% 16.7%
100万円台 7.5% 26.2%
200万円台 13.2% 22.2%
300万円台 18.3% 15.9%
400万円台 17.4% 9.0%
500万円台 12.8% 4.8%
600万円台 8.4% 2.3%
700万円台 5.9% 1.2%
800万円台 4.0% 0.6%
900万円台 2.7% 0.4%
1,000万円以上 6.5% 0.7%

統計元:国税庁(平成26年度・民間給与実態統計調査結果)

男性で最も割合の高い年収300万円台、次に多い400万円台だけで全体の35%以上を占めるという集計結果になり、ました。女性は妊娠・出産・結婚等で専業主婦やパート勤務を選択するケースも含まれることから、年収400万円=世帯収入と仮定して『手取りや住宅ローンなど生活』の実例を記そうと思います。

スポンサーリンク

家族構成と年収

二世帯住宅に住んでいますが、家計は完全に別なので家族構成は以下の通りです。

続柄 年齢 職業 年収
本人 31歳 サラリーマン 406万円
36歳 専業主婦 0円
子供 1歳 赤ちゃん 0円

世帯として1年間の生活に使う事が出来るお金は、年間406万円から税金諸々を差し引かれた後に残る手取り分だけとなっています。※大阪在住

年収400万円の手取りはいくら?

年収400万円に対する年間、月々の手取金額はこうなります。

年間の手取り

年収406万円に対する手取りは280万~300万程度になります。非課税の交通費などを含んだりする理由により若干の開きが生まれますが、概ね300万円以下となります。

月々の手取り

会社から支給される扶養手当、子ども手当等を合算した月々の手取りは21万円前後です。月々の給与とは別にボーナスとして年2回(夏・冬)に基本給×2倍分が貰えるので、毎月の生活を21万円以下に抑える事が出来ればボーナス分で家族旅行等に出かける事が可能となります。

スポンサーリンク

住宅ローンはいくら?

こんな事を書いて良いのかは不明ですが、折角なので書いておきます。

住宅ローンの総額

住宅ローンは支払い期間35年で、総額は2,880万円です。

月々の支払額

35年ローンのボーナス払い無しで組んでいるので、月々の支払いは90,000円程度です。結婚前に借りていたマンションの賃料が75,000円だったこともあり、以前にも増して月々の支払額がアップした分だけ生活を切り詰めなければいけない状況になっています。

年収400万円の生活

年収400万円の生活を赤裸々に書いてみようと思います。(※全て私の実話です。)

ボーナスは固定資産税に消える

先ほど「ボーナスを残すことが出来れば家族旅行に行くことが出来る」ということを書きましたが、現実はそんなに甘くありません。家を購入することで4月~6月頃までの間に固定資産税の通知書が届きます。軽減措置として新築購入時点から数年間は支払額を軽減してくれたりしますが、それでも『ふざけるな』と言いたくなる金額の請求がやってきます。

ボーナスを家族旅行や大物家電を購入する為に貯めておくという訳では無く、固定資産税の支払いの為に置いておかなければならない。というのが現実です。

奨学金の返済が厳しい

高校を数ヶ月で中退、大検を取得して大学に行くも父親が亡くなったことでIT業界へ就職しましたが、大学時代に借りていた奨学金の返済が非常に厳しい物となっています。借りた物なので返してはいますが、毎月10,000円程度の支払いが決まっておきるので我が家の家計に重くのし掛かっています。

お小遣いは毎月0円

給料の全ては妻に渡して家計の全ては任せています。奨学金の返済で家計に迷惑をかけている事、7月に1歳となる息子の子育てには多くのお金が必要な事などを理由に、自主的にお小遣いは0円にして貰っています。

外食に行く余裕は殆ど無い

子どもが小さいのでお店に迷惑がかかるという体の良い理由を利用して、外食に行く機会は殆どありません。元々、外食ばかりしていた身としては少し物足りないのは事実ですが、1度の外食よりも子どものことを優先してあげたいので、基本的に外食は殆どしません。

親の物は殆ど買わない

例外として妻が必要最小限の化粧品を購入することはありますが、子どもが生まれて以降に親しか使わない物を買った記憶がありません。私は物欲が無い人なので構いませんが、お洒落に気を使っていた妻に遠慮させているのでは無いかと悩む時があります。

スポンサーリンク

年収400万円だからこそ固定の支出は抑えた

年収400万円からの支出で一番大きな物は『住宅ローン』です。

住宅ローンを組む銀行によって金利が全然違ってきます。それは即ち毎月固定の支出が大きく変わってくることになります。

あくまでも一例にはなりますが、私の場合、毎月の支払額が4万円。終身での返済額が1,000万円以上も変わる結果となった事実があるので、住宅ローンを組む際は一括見積もりサービスなどを利用してできる限り安い支払いで済むようにしましょう。

 公式 住宅ローンの一括見積もり

また、既に住宅ローンを組んでいる方専用の借り換え一括見積もりサービスなども存在しているので、極力、固定の支出は抑えるようにしましょう。

 公式 住宅ローンの借換・見直し

お金をかける所は人それぞれ

ここまで悪いこと(節約・我慢)ばかり書いてきましたが「年収400万円しか無いから節約生活をしなければ生きていけない」という事ではありません。

ブログの子育て記事を見て「お金に余裕があって羨ましい」などと訳の解らないことを口にする人に対して「バカだな、コイツ」と思いながらも言いませんが『何にお金をかけるのか?』が違うだけです。

子どもの物は遠慮無しに買う

おすすめの育児用品に書いているおもちゃが良い例です。

  • おもちゃ
  • 家具等の設備
  • 絵本
  • 消耗品

その他、子どもの成長に必要と判断した物や「息子がこれで遊んでたら可愛い」とか「息子がこれを着てたら可愛い」なんて理由も含めて、息子のためになるのであれば何でも買います。

旅行は月に1度は行ける

流石に一泊する余裕は無いので毎回日帰りではありますが、最低でも月に1度は家族を連れて他府県に遊びに出かけます。淡路島が好きなので頻繁に訪れますが、交通費だけで10,000円はかかってくるので結構な出費ですが、妻・子どもが喜んでくれることは勿論、私自身が楽しいのでお小遣い無くしてでも優先しています。

たまには贅沢もする

1~2ヶ月に1度くらいの頻度で、七輪を使ってバーベキューをします。お肉はちゃんと肉屋さんで買いますし、ビールも飲みます。家計に大打撃を与えることは間違いないですが、たまの贅沢は生きる上で必要な物です。

学資保険にも加入出来る

もう、どこまで書くのが正解なのか解りませんが、学資保険にも加入しています。

手取りを考えると毎月15,000円の支払いは吐きそうな程にキツいですが、将来子どもが大きくなった時に必要なお金を手元で貯める自信が無かったので、ファイナンシャルプランナーに相談した上で学資保険に入りました。

 公式 学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ”

スポンサーリンク

年収400万円あれば、生活は十分に出来る

良いこと、悪いこと書き出したらキリが無いですが、本音として年収が400万円あれば、結婚して子供を産んで住宅ローンを支払いながらでも十分な生活を送ることが可能です。

しかしながら人は欲深い生き物なので「あれも欲しい、これも欲しい」となってしまいます。私自身、お小遣い0円では生きていくことは難しく、会社に給料を上げてくれと言っても無理なので、趣味と実益を兼ねた副業でお小遣いを稼いだ上で、残ったお金があれば家計だけでは賄えない物に使っていますが、必ずしも副業を勧める訳ではありません。

お金の余裕はある方が良いに決まっていますが、お金があれば幸せになれると言われればその限りではありませんし、稼いだから偉いという訳でもありません。家族の為に少しでも多くのお金を得ようとして、家族との時間を対価に差し出し、結果的にすれ違いが生まれ妻・子どもが悲しむなんてのは、間違っています。

使えるお金を増やす方法は稼ぎを増やすだけではありません。限られた収入の中で優先する物しない物を決めることも、ひとつの解決方法です。

 関連 資格を持っていると転職に有利なのか?/未経験でIT業界へ

オススメ会社員が副業ブログでお小遣い/会社にばれる?ばれない?匿名の罠

 人気 転職を成功させる3つの秘訣!風俗経営からSE(IT業界)への転職実話

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事