屋根付きのベランダを掃除する頻度は?/1年半放置するとこうなる

ベランダって、どれくらいの頻度で掃除するべきなのか迷いますよね。

屋根付きなので雨が大量に入る訳でも無く、洗濯物を干す時とBBQをする時以外は使わないベランダ。二世帯住宅完工時点から1年半の間、1度も掃除することが無かったベランダを掃除した結果を共有します。

※衝撃的な画像が含まれます

スポンサーリンク

屋根付きのベランダを掃除しなかった理由

屋根付きのベランダは、雨の日でも洗濯物を干せるというメリットがあります。これは裏を返せば『ベランダに雨が入ってこない』ということです。雨が吹き込まなければベランダが汚れることは殆ど無いという誤認が1度も掃除しなかった理由です。

ベランダを汚す物の正体

雨は勿論、ベランダを汚す物は色々あります。

雨は海や川などの水が水蒸気となり、温度変化や上昇気流などによって凝結し、その細かな水滴(雨粒)でできた雲となり、その中で徐々に成長し地上に落ちてきた天然の蒸留水です。その為、雨が出来た瞬間は決して汚い物ではありません。

しかしながら、地上に落ちてくる最中に大気中の塵や埃、化学物質などを取り込んでしまい、地上に落ちてきた時には『汚い物』となり、雨はベランダを汚す一因となります。

大気中の塵や埃

大気中には多くの塵や埃が舞っています。目には見えにくい物ですが、ベランダなどに堆積するとその存在感は汚れと認定するに値します。塵や埃は知らず知らずの内にベランダを汚す一因となります。

洗濯物に付いた埃や髪の毛

これは今回掃除をするまで考えて居ませんでしたが、洗濯物の乾燥と共に洗濯物に付いていた埃や髪の毛がベランダに落ち、結果としてベランダを汚す一因となります。

室外機の排水

賃貸住宅などに多いですが、室外機からの排水をしっかりと排水溝に流し込む構造が出来ていないベランダでは、室外機の排水汚れはクッキリと残りベランダを汚す一因となります。

ベランダの掃除に必要な物

ベランダの掃除に使った物は以下の通りです。

  • ホース
  • ゴム手袋
  • 掃除機
  • ゴミ袋
  • ペットボトル(500ml)
  • 輪ゴム
  • 排水溝ネット

1年半の間、掃除をしなかったベランダを掃除した手順は以下の通りです。

スポンサーリンク

絶対に守りたいベランダの掃除手順

ベランダを掃除する方法は色々ありますが、少なくとも最低限以下のルールは守って下さい。※排水溝が詰まると業者に頼んで工事が必要になってしまうので、余計な出費を避ける為

目に見えるゴミは掃除機で吸い取る

ベランダに敷いたタイルの隙間やベランダの隅に溜まった髪の毛や目に見える埃は全て掃除機で吸い取りました。掃除機の先を外すことで掃除機をかける労力は上がってしまいますが、後のことを考えると目に見えるゴミは可能な限り掃除機で吸い取っておきましょう。

吸いきれなかったゴミを手で取り除く

何が落ちているか解らないので、怪我や手荒れを避ける為にゴム手袋を付けて掃除機で吸いきれなかったゴミを拾い集めて下さい。排水溝詰まりの原因にもなるので、ここまでで見えるゴミは全部取り除きましょう。

排水溝が詰まらない様に排水溝カバーを作る

まず、ペットボトルを半分に切り底側と飲み口側に分解します。底側を手に取り、底をくり抜けば筒状のペットボトルが出来上がります。筒状になったペットボトルに排水溝ネットを被せ、輪ゴムで固定すれば排水溝カバーの完成です。※後でイメージ図有り

水圧だけでベランダの汚れを流し落とす

排水溝が詰まらないことを確認出来たら、ベランダの端から排水溝方向に向かってホースで水を撒きます。ホースの先を指で押さえることで水圧を上げながら、ベランダの汚れを順番に流し落としていきましょう。

1年半ぶりにベランダを掃除してみた

ベランダ一面の掃除機をかけた後は、排水溝カバーを自作してホースによる水圧頼りの掃除を始めました。

効果抜群の自作排水溝カバー

ベランダ掃除_排水溝

タイルの隙間や上側に隠れていた目に見えない汚れが排水溝目がけて一直線。排水しきれず水が溜まる程に散水した結果、排水溝周辺は常に黒い汚れ混じりの水で大変なことになっていました。

15分に渡る水圧掃除の結果

ベランダ_掃除_結果

ウチのベランダは洗濯物が干せる様に屋根あり+BBQが出来る様に(という口実で、部屋にするより工賃が下がるから)6畳+αあります。そのせいで散水する範囲が広くて苦労しましたが、15分ほど水圧任せの掃除を続けた結果、排水溝ネットが3枚詰まって水が流れなくなる程の汚れを取ることが出来ました。

スポンサーリンク

屋根付きのベランダを掃除した感想

掃除機で目に見えるゴミを吸い取った後に、水を流しただけで『目に見えなかった汚れが集まって、排水溝ネットを3枚詰まらせる程の汚れ』となりました。

こんな所に七輪を出してBBQしていたかと思うと、少しゾッとしますが『屋根付きのベランダでも、年に数回は掃除した方が良い』と言える理由と証拠にはなりました。

デッキブラシは買ったけど使わなかった

ベランダの掃除=デッキブラシが必要と思い、コーナンで小学校の時に良く使ったアレを購入しましたが、薬品を撒くわけでは無いので必死に擦っても汚れが落ちることは無く、殆ど使わずに終わりました。

重曹などを使う場合は有用かも知れませんが、水圧洗浄する場合は必要無いでしょう。

ベランダを水圧洗浄すると欲しくなるアレ

水圧洗浄機

通販番組などで見かけた時はそうでもありませんでしたが、親友の使用レビューを聞いた後に自力で水圧洗浄をした結果、やっぱりケルヒャーが欲しくなりました。安い物では1万円を切っているので、ちょっと真剣に購入を検討してみようと思います。

  Amazonで探す  

年末の大掃除は頑張るぞ

休日になると何処かへ遊びに行きたい病を発症してしまうので、どうしても蔑ろになってしまう掃除。室内以外の掃除となればベランダ同様にほったらかしが続いています。年末の大掃除と言われれば「やらないと仕方ない感」が出るので、今年こそはしっかりと大掃除したいと思います。

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事