妊娠は病気じゃない/旦那の立場でそれを言ったお前はゴミ屑

妊娠は病気じゃない

『妊娠は病気じゃない』という言葉、ネット上では時折見かけますが、それはあくまでも『第三者が妊婦さんに向かって吐く言葉』です。これはハッキリ言って討論するだけ無駄、相手の意見を受け入れられる時は来ないし、自分の意見を受け入れて貰える時も来ません。なので、今回は除外。←こう書いてても、突っかかって来るから。

『妊娠は病気じゃない』というテーマで記事を書こうと思ったのには訳があります。今朝、夫婦共に昔から良く知る友人から1通のメールが届きました。

友人
朝から変な事を聞いてごめん。旦那から「妊娠は病気じゃ無いねんから」って何度も言われるねんけど、○○(私の本名)も同じ考えやった?

LINEを見た瞬間、久々にイライラしている自分に気が付きました。私が旦那に直接文句を言うとまた拗ねるから今はまだ辞めて欲しいと言われたので控えましたが、旦那の立場で『妊娠は病気じゃない』と言う様な人間を周りに置いていたかと思うと、相変わらずの見る目の無さに少し悲しくなりました。

と言う訳で直接言うと拗ねるらしいので、今回は旦那という立場で口にする『妊娠は病気じゃない』という発言に対して、真っ向から反論したいと思います。

妊娠≠病気は揺るぎない事実

先に言っておくと『妊娠=病気』という事が言いたい訳では無い。『妊娠≠病気』である事は揺るぎない事実だと理解している。だから、第三者が妊婦さんに対して吐き出す心ない『妊娠は病気じゃない』という言葉に対しては、とやかく言う気は無い。

しかしながら、旦那の立場で物を言うのであれば話は別である。

旦那に問いたい3つの事

『妊娠は病気じゃない』と言える旦那に聞いて見たい事がある。

妊娠は病気じゃない→じゃあ何?

『○○は××では無い』という意見を口にした場合、『○○は■■である』という自分なりの意見・考えがあるハズである。もしも、自分なりの意見・考えが無いにも関わらず否定だけをする様な事があれば、それは『ただのクレーム』である。

妊娠した理由・原因は何?

物事には大抵、理由・原因などがあります。

  • 風邪→ウィルス
  • 骨折→交通事故
  • 喧嘩→意見の食い違い
  • 寝坊→夜更かし
  • 泥酔→飲み過ぎ
  • テスト0点→名前書き忘れ
  • 晴天→太陽が頑張った

良い歳して『赤ちゃんはコウノトリさんが運んで来てくれるんだ。』なんて事は言いませんよね。アナタの行為を理由に奥さんが妊娠した事くらい、解りますよね。

少なくとも、妊娠した理由・原因の半分は『旦那さん』ですよ。

自分が原因で苦しむ最愛の人すら助けられないのか?

3つの質問を通して、反論し放題の穴だらけである事は重々自覚しているが『奥さんが妊娠して、つわりなどで苦しんでいる一因は旦那さん、アナタ』という事は、妊娠≠病気では無いと言う事くらい揺るぎない事実です。

結婚している全ての人が最愛の人と結婚しているとは思いません。でも、少なくともお前は最愛の人やって言うて結婚したやんけ。ふざけんのも大概にしろよ、マジで。

妊娠≒病気である

妊娠は病気では無い。しかしながら『限りなく病気に近い物であり、時として病気のソレよりも苦痛を伴う物である』そんな事くらい、ずっと見て来た最愛の人の変化を見てたら解るでしょ。

ホルモンバランスが崩れる事で起伏の変化が激しくなったり、肌荒れが酷くなったり、味覚の変化から料理の味付けが変わったり、つわりが原因で吐いたり、思うように物が食べられなくなったり、月齢が進む事でお腹が出て来たり、書き出したらキリが無い程に見て取れる変化が目の前にあるでしょ。

妊娠が原因で病気になる事だってある。

妊娠が原因で命を落とす事だってある。

男は性欲を吐き出すだけで、妊娠の苦労は妻に押し付けるなんて通らない。例え自分が100%の力で妊娠中の妻を支える努力をして、それを苦労だと感じていたとしても、そんな苦労は女性が妊娠中に体験する苦労の半分にも満たない。

当然、私自身も100%の力で妻を支えたつもりやけど、実際は妻が経験した苦労の1割にも満たない苦労でしか無かったと思う。それでも、やらないよりやった方が良いです。

妊娠は病気じゃない/まとめ

男性『あの時は、俺が助けてやった。アイツは俺が居ないと駄目だ。』くらいに思っても構わないので、出来る限り・考え得る限り奥さんを助けて上げて下さい。

女性『上手に旦那さんを操る事』を覚えて下さい。男性は基本的に単純な生き物なので『褒めれば伸びるのか?頼れば頑張るのか?甘えたら調子に乗るのか?』旦那さんを上手にコロコロ出来れば全て上手く行きます。

夫婦なら男性・女性問わず、病気であっても病気じゃなくても構わないので、つらそうにしていたら助けてあげてください。悩んで居たら話を聞いてあげてください。楽しい事だけを共有するのではなく、全てを共有して下さい。

友人(旦那へ)

付き合い始めた頃から結婚に至る経緯まで、全部知ってるからこそハッキリ言うけど、過去の自分を全否定するようなくだらん理由で女泣かすような事してたら、怒るよ。

子育てのイライラ/一発解消!YES・NOクイズ~!

こちらの記事も合わせて読みたい

コメント

  1. たか より:

    妊娠は病気じゃない→病気じゃないから何が起こるか医者にだってわからない、不測の事態が起こっても不思議では無い、妊娠による不調なども治療することもできない、薬も使えない、ということ。
    この言葉の意味を勘違いして『妊娠は病気じゃない』とか言って不調の妊婦を責めるような馬鹿な人には、
    『そんなこと当たり前だろが!だから苦しいんだろうが!!』と言いたい。

  2. 三十路男 より:

    ホント、その通りだと思います!

    男性人は元より、女性陣も自分が妊娠してる時は必ず抱いていたであろう不安な思い。その思いを生んだら忘れて他人には適用出来ないのは如何な物かなと・・・。

  3. 神維 より:

    初めまして。
    35週妊婦ですが、妊娠は病気じゃない発言を私は産婦人科の男性医師から言われました。院長です。
    正直、医師に言われるとは思ってなかったのではらわたが煮えくり返るようなイライラと涙が止まりませんでした。

  4. 三十路男 より:

    初めまして!お盆休みでご返信遅くなり申し訳ありません!

    世の男性・団塊の世代が口にするならまだしも、産婦人科医が言うなんてありえませんね!!!!

    妊娠中は精神的にも肉体的にも不安定な状態、安心させてあげることはあってもより負担をかけるなんて。
    在り来たりなことしか言えずに申し訳ありませんが、子どもが生まれたら「妊娠中のイライラなんて全てどうでも良い!幸せ!」ってなれますので、楽しい未来だけを考えて頑張って下さい!!

  5. サバトラ より:

    とても面白いサイトですね!
    読んでいて、何だか心強くなるような、心がホッとするような。
    優しいサイトだなっても思いました。

    妊娠は確かに病気じゃないけど、正直、病気の方が対処の仕様があるから
    病気の方がまだ楽だと思ったほどに、妊娠中は憂鬱な日が多かったです。

    病気なら、自分ひとりの体だから、無茶も出来るし、頑張りも利く。

    でも、妊娠はお腹に「自分じゃない命」があるから、無茶は出来ない。
    その命を、どんなに辛くても、産む選択をしたら守らないといけない。

    お医者さんが言っていました。
    母体にとって、赤ちゃんは「異物」でしかないから、流産って体にとって
    普通の働きで、無事に出産できる事は本当に恵まれた事なんだと。
    「異物」だから、本来の自分の体とは異なる状態になるのだと。

  6. 三十路男 より:

    嬉しいお言葉ありがとうございます。

    産む選択は女性だけでするものではないのに、二人で守っていく(男性は女性を守ることで子どもを守る)ということをしない人が少なからずいる現状に驚いています。病気じゃないねんから家のことも頑張れなんて平気で言える人の神経を疑ってしまいますよね…。

    無事に出産できる幸せを失わないためにも、旦那側の協力はもちろん周りの協力が得られる社会になれば…なんて思います。

  7. n.n.e より:

    とても共感できます。同居しているため食事作りは私の担当でした。妊娠して少しは手伝ってくれるかな?と期待しましたがなーんにも変わらず。つわり中も切迫早産になりそうな状況でも産む前日まで毎日キッチンに立って料理しました。その間義母はリビングでテレビ見てるんです。とっても悲しかった。大丈夫?の一言もなかったんです。その一言があれば気持ちは全然違ったのに。過去に妊娠を経験したはずなのに…私がリビングにいない時に、妊娠は病気じゃないって話してるのをたまたま聞いてしまって更に落ち込みました。妊娠は確かに病気ではないけれど、1人の命を体の中で育ててるんです。それってものすごい事なんです。普通に生活できる事を当たり前に思わないでほしいです。

  8. 三十路男 より:

    全ての人がとは言いませんが、過去に妊娠出産を経験した(祖母世代)人の方が、妊娠=病気じゃ無いという凝り固まった考えを持っている気がします。自分がしんどかった時に周りの人が何もしてくれない時代だったのかな・・・。なんて悲しく思います。また、妊娠は病気じゃないと仮定したとしても、必ず女性がキッチンに立たなければならないルールなど無い訳で、旦那さんはもちろん一緒に住むなら祖父母も少しくらい協力してくれてもいいのにと思って当然だと思います。

  9. SAN値ピンチ より:

    実は、一人目(現在2歳)妊娠中に『いいとこ取りしたいマン』の旦那にさつ……嫌気がさし、旦那嫌いを検索した一人です。
    三十路男さまのサイトを知ったのもその時で再びこうして読み返しております…イライラしてますともえぇ…。
    二人目だからか旦那はほぼノータッチ。
    でも上の子よりつわりがひどく、妊娠は病気じゃないからどうしようもないもんね…。風邪とか怪我みたいに薬あればどうにかなる、消毒すれば治る訳でもないもんね、ってしみじみ呟いてました。(分かってんならそのスマホを離せよ。上の子抱っこしてあげてよ。とツッコみたいですが)
    妊娠≒病気じゃない
    ってそういう事だと私は思ってます。
    今度旦那とゆっくりサイト巡りさせてください。

  10. 三十路男 より:

    旦那嫌いを読んだうえでなお、私のブログを読んで下さる方がいるとは・・・
    ありがとうございます!笑

    私にあるものないもの、旦那さんにあるものないものが必ずあるので、あまり突っ込んだ良い悪いは言いませんが、妊娠は病気ではない「からこそ」と思える人が増えれば、妊婦さんの負担も少し減るのかなと。

    旦那さんと一緒に俳諧すると喧嘩になりそうな記事ばかりですが・・・。夫婦間の話のネタとしてお使いください♪