『上の子が可愛くない』を正当化しないで欲しい

仕事を終えて家に帰ると、妻から「上の子は愛に飢えてるから、いっぱい遊んであげて」と言われた。妻はその手の冗談をいう人ではない。

不安になって調べてみると、真っ先に出てきたのは『上の子可愛くない症候群』という症状。終いには『上の子が可愛くなくて当たり前』だという記事タイトルで煽る幼児教育研究家まで出てくる始末。

子供にイライラしてしまうときもある。子育てするのが本当にイヤになるときだってあるけど…。お願いだから、上の子が可愛くないを正当化しないであげて欲しい。

過去の記憶との比較は幸せを生む

上の子はお腹が空いたら泣き、ウンチが出たら気持ち悪くて泣き、抱っこをやめても泣く赤ちゃんだった。1人目の子供で右も左もわからないことも相まって、朝から晩まで付きっきりで子育てをした。だから凄く大変だった記憶がある。

それに比べて下の子はお腹が空いたとき、ウンチが出たとき以外は殆ど泣かない。ベッドに降ろすとムニャムニャ言いながら気がつけば寝ている。上の子で子育てを経験した後だからかも知れないけど、本当に手がかからないと感じる。

上の子が下の子と同じ月齢だった頃との比較は、家族の会話を生み、子育ての糧となる。結果的に幸せを生む行為となる。

上の子と下の子の比較は不幸しか生まない

例えば、2歳になった上の子はイヤイヤ期真っ盛り。話せる言葉の種類も多くなり『可愛い』と感じる瞬間が増えた反面、子供の自己主張が強く親の思い通りに進まないことも多くなり『可愛くない』と感じる瞬間も増えてくる。

それに比べて、新生児の下の子は片腕に収まるほど小さくて、その行動は『可愛い』と感じる瞬間ばかり。些細な反抗と言えばミルクの最中に寝てしまうことぐらいで『可愛くない』と感じる瞬間は殆どない。

全く異なる月齢、年齢の2人を比較する行為は、家族にとって、子育てにとって不幸な結末しか生まない。

上の子の行動は親の目に「成長した」と映ってしまう

親が嬉しいと感じる子供の行動は、親の目に「成長」として映ってしまう。

  • ママが下の子におっぱいを飲ませているとき、上の子は哺乳瓶を片手に「自分が飲ませたい」と言ってくる。
  • パパが下の子を抱っこしているとき、上の子は両手を前に出して「自分が抱っこしたい」と言ってくる。
  • ママが下の子のオムツを替えているとき、上の子は新しいオムツを引っぱり出して「自分がオムツを替えたい」と言ってくる。

わが子を見つめる親の目線には「子供の成長に対する願いのフィルター」がかかっているから、そういった上の子の行動は「お兄ちゃん、お姉ちゃんとしての成長」と映ってしまう。

上の子が行動を起こす前に生まれる一瞬の間

上の子が「自分が」という行動を起こす少し前には、必ず一瞬の間がある。

それは意識しないと見逃してしまうほど小さなもの

それは意識していないと見逃してしまうほどに小さな、小さなもの。下の子の世話に忙しいママが気づいているかはわからない。

下の子に対してやってあげられることの少ない、パパだからこそ気づけたのかも知れない。

これは思い込みや勘違いではない。

まだまだ小さな子供である上の子の中で起こっている、辛くて悲しい葛藤が作り出す一瞬の間。

上の子から伝わる我慢と寂しさ

ママの腕に抱かれる下の子を見た上の子は「自分も抱っこして貰いたい」と願った。

願いそのままに抱っこを求めると「赤ちゃんがミルク飲んでるから」と拒絶された。それならばと、ママと下の子の間に入ろうとするも、やっぱり拒絶されてしまった。

拒絶された経験から「自分が抱っこする」という答えを導き出した。だって、抱っこするとパパやママから褒めて貰えるから。褒めて貰うと嬉しい気持ちになれるから。

本当は「自分が」じゃなく「自分も」がいい。

本当は「自分も」じゃなく「自分だけ」がいい。

下の子が生まれる前みたいに、自分のことだけを見て欲しい。

そんな気持ちをぐっとこらえて、下の子と肩を並べて、時には「お兄ちゃんだから」と一歩後ろに引いて行動をしている。

まだ、二歳やで。

たった二年しか生きてないのに、我慢することを知っている。寂しさを隠す術を知っている。

それはもう、見ていて辛くなるほどに。

上の子の頑張りを認めてあげて欲しい

下の子が生まれた瞬間に、上の子は立派なお兄ちゃんになるの?

そんな訳がない。

パパやママから「やさしいね」や「ありがとう」と言われ、嬉しそうに笑う上の子は、二歳にして立派なお兄ちゃんなの?

そんな訳がない。

親が思う勝手な『お兄ちゃん、お姉ちゃんの姿』を投影できれば褒めて貰える。そうで無ければ褒められるどころか叱られてしまう。

パパやママにもっと自分のことを見て欲しいから、イタズラしたり、下の子に強く当たったりするけど、やっぱり叱られてしまう。

パパやママに褒めて欲しいから、良いお兄ちゃん、良いお姉ちゃんになるしかない。

パパやママが抱える子育ての苦労なんかより、何倍も苦労してるんだよ。

上の子だって、めちゃくちゃ頑張ってるんだよ。

上の子が可愛くないは許せない

上の子と下の子を比べてとか、比べてないとか。一過性のものだから大丈夫とか、そんな話じゃない。間違っても「上の子が可愛くない」なんて口にしないで。

生まれてから数年しか経っていない小さな子供が、こんなにも必死になって頑張ってるんやで?そんな頑張りを見ようともせず「可愛くない」なんて言うな!

上の子は可愛い!!

あとがき

愛情を注ぐ対象が1人から2人に増えたという事実。下の子の方が、上の子よりも手をかけなければいけないという事実。これらは変えることができない。

そんな生活の中でも、妻は愛情たっぷりで上の子に接してくれている。それでも、上の子からは隠しきれない我慢と寂しさが伝わってきてしまう。

上の子に一切の我慢をさせないことはできないけど、寂しい思いはさせたくないから、今まで以上に子供と向き合える時間を増やせるように頑張るよ。

だから、みんなも頑張って。

こちらの記事も合わせて読みたい

コメント

  1. みなせ より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。初めてコメントさせていただきます。
    私も、3歳と1歳の子供がおり、奥様が「上の子は愛情に飢えている…」と発言されたお気持ちがよくわかります。
    また、上の子のがんばりについて書かれている部分では、我が家の上の子のことを思い出して、胸が締め付けられるような気持ちにもなりました。

    ですが…。
    私は、上の子かわいくない症候群は、正当化ではなく、そんな悩める母親達の【救い】であると思っています。

    大変失礼かとは思いますが、私なりに思ったところを、自分のブログの中で書かせていただきました。
    こちらのブログとは違い、閲覧数も少ない、しがないブログですが、こちらのブログのことに触れているので、お気にさわるようでしたらすぐに記事を削除しますのでおっしゃってください。
    (ブログ初心者のため、勝手にブログに書かせていただくことが、失礼であるとは思ったもののいけないこととは思っておらず…無知で申し訳ございません。)

    よろしければご覧ください。
    http://riarus.blog.jp/archives/5228829.html

  2. 三十路男 より:

    ブログへのコメント、ありがとうございます。

    全て読ませていただきました。これが世のママ達のリアルな声だと思います。

    私は記事を読んだ人の1割でも2割でも「上の子だってがんばってるよな。今日はめいっぱい抱っこしてあげよう」って思ってくれたらいいなと思って書きました。残り8割が反論でも仕方ないかなーって!

    ※この記事は反論だとは思っていません

    ママに余裕がないときはパパが、パパに余裕がないときはママが、子供に余裕がないときはパパママが、支え合っていける家庭が増えたらいいなと思います♪