ベビーベッドのレンタルは購入よりお得?メリット・デメリットは?

ベビーベッド_レンタル

ベビーベッドの記事を書いた事で多くの先輩パパ・ママから意見を戴きました。

Twitter, FaceBookで繋がる先輩パパ・ママからの意見を纏めた結果、子育てにベビーベッドを利用した方の比率的には『購入6割:レンタル4割』程度となりました。

私自身は購入(知り合いから)なので、どうしても購入派の意見に偏ってしまう為、今回は先輩パパ・ママの意見をベースに纏めた物にしたいと思います。

スポンサーリンク

レンタル派と購入派/それぞれの意見

ベビーベッドをレンタルした人、購入した人の意見で多かった物を纏めます。

レンタル派の意見

ベビーベッドをレンタルしたという人の意見で多かったのは『育児に必要なくなったら返却出来る(押入れなどの置き場を確保しなくて済む)』という物でした。

  • 子供が寝てくれない可能性がある
  • 高さなどが合わない可能性がある
  • 期間を決めて利用できる

など、色々な意見を戴きましたが、レンタルと言えばCDやDvDであり、それは即ち購入するよりも費用を抑えられるというイメージだった為、『レンタルの方が安いから』という意見が殆ど出てこなかった事に驚きました。

購入派の意見

購入したという人の意見で多かったのは『長い目で見た場合、費用的にもお得』というものでした。

  • ベビーサークルとして使える
  • 赤ちゃん専用の空間を作れる
  • 好き勝手にデザインできる

など、戴いた色々な意見に共通している所としては『購入=自分の物』となる事に対するメリットに魅力を感じる人が多い印象でした。そして何より、レンタルよりも購入の方が安く済むケースがあるという事に驚きました。

レンタルの方が安くなるケース

全ての赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれるとは限りません。そんな時『レンタルであれば、状況に応じて返却することが出来る』という大きなメリットがあります。

例えば生後2か月でベビーベッドでは寝てくれなくなってしまった場合、これは間違いなくレンタルの方が安く済むと言えます。

購入の方が安くなるケース

購入の方が安くなるケースは、ベビーベッドを他の用途でも利用した場合です。

  • おもちゃ置き場
  • ベビーサークル
  • 子供だけのスペース(遊び場)
  • 一時待機場所(掃除の時など)

この様に、ベッドとして利用しなくなった場合でも育児用品として使い続けるか否かで購入の方が安いケースが出てきます。例えばベビーサークル1つ取ってみても、単体で買えば1万円以上は余裕でしてしまうからです。 参考 Amazon ベビーサークル一覧

確かに、2歳3歳になってくるとベビーベッドをサークル代わりに使うには少しサイズ的な物足りなさが出てきますが、掃除・選択などの合間であれば十二分に利用する事が出来ます。

レンタルと購入/価格比較

DMM.comが提供するレンタルサービスの中に、育児用品カテゴリーがあります。そこでレンタル提供されている西川産業 天然木使用 ワンタッチ折りたたみ式 ベビーベッドを参考にレンタル費用と購入費用を比較してみたいと思います。(※布団無し)

■Amazonで購入した場合

¥43,860

 参考 西川産業 ベビーベッド

■楽天で購入した場合

¥40,608

 参考 西川産業 ベビーベッド

■DMM.comでレンタルした場合

  • 1ヶ月  8,540円
  • 3ヶ月17,450円
  • 6ヶ月27,480円

※利用期間に応じた割引有り

 参考 DMM.com – ベビーベッド
値段差からも分かる通り、ベビーベッドのレンタルと購入の損益分岐点は『半年以上先も、利用する予定があるか?無いか?』という部分によって来ます。

※ここでは比較対象を分かりやすくする為に、有名な西川ふとんが出しているベビーベッドを紹介しましたが、DMM.comの育児用品レンタルには月々4000円台からの商品もあります。

スポンサーリンク

衛生面という一番大切な問題

運良く新品が回ってくる可能性も0ではありませんが、レンタルというのは基本的に他人が利用した物。レンタル会社さんも最新の注意を払って出荷している筈ですが、『生まれて間もない我が子が、余所の赤ちゃんがどう使ったか分からない商品を口に入れるかもしれない。』という状況をどこまで考えるかが、購入orレンタルを決定付ける判断材料になります。

  • ミルクを吐く
  • うんちが漏れる
  • おしっこが漏れる

その他、赤ちゃんが起こし得る問題をどう捉えるかは、各家庭毎に考え方の異なる部分です。

誰が使った後でも問題なく利用できるという人、信用できる相手(親族や友人)からの貰い物であるなら構わないという人、兄弟であっても共有はさせたくないという人、家族内での価値観による所が大きくなるので、しっかりと相談して決めてください。

ベビーベッドのレンタル/まとめ

ベビーベッドのレンタルは、費用面・衛生面・利用用途・その他様々なことを考えた上での選択になるので、パパ・ママでお互いの意見を聞きながら家族に取っての最良を見つけてることが何よりの正解だと思います。

本音を言えば、半年分のレンタル費用約3万円程度出す余裕があるのであれば、育児を経験した今だから分かるオススメのベビーベッドが買えるので、そちらを購入した方が良いと思っています。良ければ参考にどうぞ。

 参考 ベビーベッドの口コミ人気ランキング/おすすめ商品5選

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事