『旦那が嫌い』で検索した人に読んで欲しい記事

362,215 Views

『旦那が嫌い』という言葉に強く反応した皆さん。

この記事では「夫婦喧嘩はしない方が良い」となだめたり、「それなら離婚すれば良い」と煽るつもりはありません。とりあえず、頭を冷やしてもらう意味で1つ問題を出しますね。

旦那_嫌い_問題

『旦那 嫌い』で検索される回数を調べてみてドン引きしました。これだけ多くの女性が検索しているのであれば、私の妻も…。

そんな『旦那 嫌い』と調べる人達に伝えたい事があります。

『旦那 嫌い』と検索する人は、まだ旦那が好き説!

早速ですが、アナタの周りにこんな人はいませんか?

「死にそう」と口にしながら、全く死なない人

親友N
あかん、仕事が忙しすぎて死にそう。
三十路さん
10年前から同じ事を言ってるけど、1度も死んだの見た事無いから大丈夫。
奥さま
やばい、死にそうなくらい眠いzzz
三十路さん
寝てくれ…。

必要以上に体調不良をアピールしてくる人

親友S
最近病んでてな、鬱っぽいわ。
三十路さん
産後鬱になってみたけど、自分を鬱やと認識する余裕なんてねーよ。

勘違いが酷くて見ててイライラする人

女子
さっきから、あの人とメッチャ目が合うねんけど~、私に気があるんちゃう~!チラッ
三十路さん
(アイツやたら見てくるけど、Twitterで「○○オヤジ」とかって晒す気か…?)

上記のやり取りには、何も深い意味はありません。

旦那さんへの怒りが前面に出ている状態では、冷静な判断ができません。そのまま怒り狂って他者に攻撃する人までいます。後で反省するようなことをしてしまう前に、ちょっとだけ、ちょっとだけ落ち着いてください。

アナタは『旦那 嫌い』で検索しましたが、本当は『旦那を嫌い(になりそう)』なだけじゃないですか?

違ってても続けます。

本当に旦那が嫌いな人が調べるキーワード

女性には『男性が思う以上にキツイ一面』があります。

旦那のことが心から憎くて、本当に嫌いな場合

生理的に受け付けないレベルで旦那のことが嫌いなら、何の躊躇いもなくこれくらいのキーワードで検索します。

  • 旦那 死んで欲しい
  • 旦那 保険金
  • 旦那 離婚
  • 旦那 早死にする方法
  • 旦那 慰謝料

旦那というキーワードに限定しなかった場合、嫌いを遥かに越えて別れた後のことまでリアルに想像して検索します。

  • 母子家庭 手当
  • バツイチ 出会い
  • 30代 再婚
  • 女性 いくつまで
  • 慰謝料 相場

妻子ある身の旦那側の立場としては、書いていて吐きそうになるくらい悲しいですが、現実です。

ここまでを踏まえて改めて聞きます。

本当は、そんなに『旦那が嫌い』では無いでしょ?

1年で検索される『旦那 嫌い』の件数

1年間に検索される『旦那 嫌い』の回数は、まさかの200,000回。ゼロを数えるのが苦手な人の為に、もう1度書きます。

『年間20万回!』

※2015年の記事制作時点から、3年で5万回も増えている計算になります。

極論を言えば、余所の夫婦関係が仲良しだろうが崩壊しようが、私には全く関係ありません。ハッキリ言ってどうでも良いことです。余所からすれば「わかっているなら、ほっといてくれ」って感じでしょう。

じゃあ、何故記事を書くのか?

『本当に嫌いになる前なら、元の関係に戻れる』と思っているからです。と言う訳で、ここからは少し真面目に書きます。

旦那の嫌いなところを、わざわざ探すのは辞めませんか?

夫婦仲の相談を受けていると『旦那のここが嫌い!後…、後はあそこも嫌い!』なんて言われることあります。

1番始めに出てきた「ここが嫌い」は本当にイヤだと思っているところです。旦那が嫌いで検索する引き金になっている人もいるでしょう。イヤなものはイヤ、嫌いなものは嫌い。これは誰もが抱く感情なので咎められるものではありません。

問題は「悩んだ末、2番目に出てきたあそこも嫌い」です。1番目に出てきた嫌いという感情を引き金に、新たに見つけてきた2番目の嫌い。

イヤなところが1つ見えてしまうと、他の全てもイヤなところに見えてしまうことはありますが、嫌いなところを自ら探していく行為は、夫婦付き合いよりも更に下、人付き合いをする上で最もやってはイケナイ事です。

そんなことをしていると上手くいくわけがありません。

旦那の嫌いな所を、わざわざ探すのは辞めませんか?

旦那の良いところを、意識して見ないのは辞めませんか?

旦那に対する『嫌い』の烙印には、2つのパターンあります。

旦那の良いところを差し引いても嫌い

仕事の帰りが遅い代わりに、休日になればしっかりと家族サービスしてくれる旦那。でも、機嫌が悪いと暴力を振るってくるときがある。これがどうしても許せない。だから大嫌い。

ここまで冷静に、客観的に旦那という存在を見た結果が「嫌い」なのであれば、どうにもなりません。嫌いの烙印は離婚するに十分なものと言えます。

旦那の悪いところだけを集めた嫌い

ご飯を作るのも片付けるのも全部私で旦那は何もしてくれない。してくれないと言えば、洗濯や風呂掃除なんかも。考えて見れば他にも家のことは全部私がやってる。

1つの嫌いから連鎖的に広がった結果の「嫌い」なのであれば、後はアナタの気持ち次第。旦那の良いところ、悪いところを客観的に見られるくらい、気持ちを落ち着けることができれば、どうにでもやり直すことができます。

アナタが押した烙印は、どちらの烙印でしょうか。これだけは言えます。相手の悪いところだけを集めた結果の嫌いに基づく判断は、後で後悔しやすい物になります。

子どもは可愛いけど、旦那は嫌いは家族みんながツラい

約3年間で、旦那が嫌いだと検索した人から合計100件以上のコメントをいただきました。そんな中で多かったのは「子どもは可愛いけど、旦那は嫌い」という意見でしたが、これって家族全員がツラくならないですか?

私は2児の父親なので「子どもの可愛さ」は知っています。唯一、自分の命を投げ出しても良いと思える存在です。そんなかけがえのない存在は、夫婦2人が出会ったからこそ授かることができたと言うことを忘れないであげてください。

そんな事を考えると、旦那さんの全部が嫌いという訳では無くなりませんか?

仲良く笑っている親と、喧嘩して怒っている親。どちらが子どもにとって幸せなのか。考えるまでもなく答えは1つしかありません。

旦那が死ぬほど嫌いと怒る人

月1程度の頻度で「旦那が死ぬほど嫌いなんだ。お前は何も解っていない」という怒りのメールを送ってくる人がいます。火に油を注ぐことは望ましくないので返信はしていませんが、本音としては「一瞬でも怒りの矛先が旦那さん以外に向いた」のであれば、それはそれで良いのではないでしょうか。

私も先日夫婦喧嘩から離婚寸前までいきました。その時に思ったのは怒りに身を任せてる状態では「何も良い方向には進まない」ということ。

内に秘めた怒りをひた隠しにして生活するのは自分のためになりません。自分自身が本当に「大切にしたい物はなんなのか?」を良く考えて、嫌いなところも含めて、ちゃんと夫婦で話し合うことが大切です。

時代の流れは夫婦で話し合う方向に変わりつつある

ブログを読んでメッセージを送ってくれた方の中には「旦那が不倫をしているかも知れない」という不信感を抱いたときから、頭の中のモヤモヤが晴れることはなくて、気がつくと不安が嫌いになっていたという女性が居ました。

その女性は「このまま何もせずに離婚するくらいなら」と大手の探偵社に浮気調査を依頼したそうです。

結果は勿論、黒。

「今すぐに離婚する、慰謝料を請求する」と怒る女性に、探偵社からの提案は3つ。

  1. 愛人と別れさせて復縁する
  2. 離婚して慰謝料を請求する
  3. 時間をかけてゆっくり考える

「時間をかけて何を考えることがあるのか?」に対して、探偵社は「旦那さんに浮気の証拠を突きつけた上で、3年の猶予(消滅時効)を迎えるまでに改心できれば復縁する。時効までの間に、女性にとって結婚生活を続けるメリットが見えなければ慰謝料請求とあわせて離婚する。という人が増えてきた」と言ったそうです。

その女性は離婚しない条件として旦那さんに色々な条件(家事育児の分担、小遣い廃止等)を提示。旦那さんは頑張っているらしく、今のところ離婚は考えていないとのことでした。

浮気=離婚だけでなく、掴んだ証拠を女性にとって最も良い形で利用する方法を一緒になって探してくれる探偵社が、同業者の中で高い支持を得ているということは、そういうことなんです。

※追記

浮気調査+浮気された側のベストを探すサポートをしてくれる探偵社が見つからない。というメッセージが定期的に届くので、上記女性が利用した大手探偵社を紹介しておきます。

 公式 探偵MR

旦那が嫌いで検索した人に読んで欲しい記事/まとめ

立派な笑いジワを顔につけた、シワシワのお爺ちゃん・お婆ちゃんが2人で仲良さそうに歩いている姿を見かけると『この夫婦はとても充実した、家族生活を送って来たんだろうな』と羨ましく感じる様になりました。

結婚してまだ5年ですが、10年、20年と時間が経ったとき「今と変わらない気持ちで妻・子どもと向き合えているか?」なんてことは誰にも解りません。「妻が私や子どもに対して今と変わらず接してくれているか?」なんてことはもっと解りません。

『70歳、80歳になっても手を繋いで笑顔で歩ける夫婦でいたい』と願っているので、これからも「相手の良いところも、ちゃんと見る」相手を嫌いになる努力をしない」だけは守っていきたいなと思います。

「旦那なんて死ねばいいと思うくらい嫌いだから調べてるんだよ」というコメントが希に届くので、そういう人に向けて記事を書きました。読んでも怒らないでね。

夫に死んでほしいくらい大嫌いなのに、離婚はしない妻達
死んでほしい位、夫のことが大嫌いだと言う妻の多いこと...。それなのに、夫の文句をそこら中に撒き散らすだけで離婚はしないんですよね。※決して...
SNSシェア
こちらの記事も合わせて読みたい

コメント

  1. 明恵 より:

    私には生後5ヶ月の子供がおり、ちょうど結婚し2年が経ちました。結婚当初は、自分のことでも人に任せたり頼ってくる旦那さんを、仕方がないなと子供の面倒をみるように応対していたのですが、子供が生まれてからはこちらにも余裕がなくなり、なんでこんなことも自分としないのかと相手を責めたりと喧嘩することが増えました。先程も言い合いになり、もう合わないんだ、離婚も考えるべきなのだろうかと考えておりました。「旦那 嫌い」と検索したところ、このサイトのまとめをみつけ、、、読んだ後では心を落ち着けることができました。相手の良いところをみようとしなかった自分に、相手の嫌いなところを粗探ししてる自分に気付かせてくれました。怒っているときは気付かないものだなと思いました。これからも胸にはためず、言いたいことは相手に伝えて話し合いができたらいいなと思います。二人の子供のためにも。本当にありがとうございました(^^)素敵なまとめでした。

  2. 三十路男 より:

    この記事には「大嫌いで死んで欲しい。お前に何がわかる」という旨のメッセージを貰いますが、お礼を言って戴いたのは初めてかも知れません…。ありがとうございます!

    子供が生後間もない頃の妻が思っていたことそのまま。といった内容だったので、改めて私も話し合って伝え合うことが大切だと気付かせていただきました!!お子さんを思う親の気持ちも大切ですが、夫婦お互いが異性として想う気持ちも大切ですね♪

    素敵なコメントをいただきありがとうございました♪

  3. えりりん より:

    旦那に腹が立ちます。共働きなのに、先に帰ってても何もしてない。あたかも疲れてますアピールのため息。それを聞くたびに殺意さえ覚えます。
    でも、良いところもあるとは思ってます。
    昔は旦那が趣味くらいに大好きだったのに。
    もう一度そうなるにはどうしたらいいのでしょうか‥。

  4. 三十路男 より:

    関係の再構築って難しいですよね…。

    うちも夫婦喧嘩をしてしまいます。気持ちの整理がつくまでは口も聞かなかったり、妻が実家に帰ってしまったり…。今のところはお互いに「関係を修復したい気持ち」があるので仲直りするための話し合いということを明示した上でお互いに言いたい放題伝え合う時間を作って解決していますが、必ずしもそれが正解とも言えません。

    後は2人で普段は行かない場所に晩ご飯を食べに行ったり(そうすれば必然的に良い雰囲気で話ができる)もしますが、これも勿論誰しもに言える正解とはいえません…。折角、コメント戴いたのに明確な答えを出せずに申し訳無い気持ちでいっぱいなのですが、自分の気持ちを素直に伝える(仲直りしたい旨は前もって伝える)ことは大切なんじゃないかなと思います!!

    少しでも良い方向に進めますように..。

  5. 匿名 より:

    結婚して何年たつかで、この悪あがきの受け止めかたは違ってくるとおも思います。積み上げてきた期間が長く、多いほど崩れたときは修正がきかないのも事実ではないでしょうか。妻も仕事をしていたりして経済的に自立できるのであれば、離婚までいかなくても、別居できる方法とか具体的に考え、修正することよりも、一番いい形で再出発できる方法を考えようとします。前向きに考えるということでは、よいところを探すということと同じではないでしょうか。今までよいところを探しながら二十年も過ごしてくれば、なにかきっかけがあればあっという間に、妻は自分の心の素直に生きようと思ってしまいます。そうなると修正は無理ですね。

  6. 三十路男 より:

    似た様なコメントを多数戴きます(皆さん言葉が荒いので非公開とさせて戴いています)が、本音を言えば年数など一切問わず「無理な物は無理」なんですよね…。

    仲直りできる可能性があるならした方が良いという思いは持っていますが、本当に無理なら割り切って離婚すればいいのだと思います。離婚すればいいなどと書いた日には「生活できなくなる」とか「他人事だと思って」というコメントが届くことは容易に想像できますので記事内には書きませんが…。

    この記事は「仲直りできるならしたい」と思っている人に向けている物なので、無理な人は無理で離婚。これで良いのだと思います。

  7. 三十路一歩手前女 より:

    初めまして。記事を拝見しました。面白かったです。茶番劇もw
    私の検索理由が正に、旦那が嫌いになりそうだったことに気づかせて頂きました。
    大好きだからこそ、言えない、遠慮や配慮をしてしまう、イライライライラ…てか、なんであたしばっか我慢しなきゃなんないの!?くそっ!!で、旦那嫌いを検索しましたw
    愛情は複雑ですね。
    一度、旦那の良いところを書き溜めてみたいと思います!

  8. 三十路男 より:

    コメントいただき、ありがとうございます!

    ホント、愛情は複雑ですよね…。私自身妻が嫌いになりそうなのか、妻が嫌いなのかわからない時も多々ありますし…笑

    しかしながら、自分が「この人しかいない」と思って結婚した相手を自ら嫌いになろうとする行為だけは避けたいなーと思いつつ、毎日の生活を送っています。

    最近は、旦那さんが本当に嫌いになった人の「お前ふざけるな!」っていう感じのコメントが多かったこともあり、コメント嬉しかったです♪ありがとうございます!

    お互い、本当に相手を嫌いになってしまうまでめいっぱい楽しみましょう♪(できることなら、ずっと嫌いにならない方がいいですがw)

  9. 通りすがり より:

    とても真面目にこの問題を考えよう、何かいいことをもたらそうとしているのはわかるんですが、
    まずひとりでもふたりでもとことん女性の話を聞いて、聞くことだけに徹して、
    自分だったらと、同じ人間として考えてみてから、それからこの話をしてくれればと思います。
    最初の方で女性はきついんすよーなんて書かれてるのみると、常日頃から
    女性を評したり性的にああだこうだいっしょになって楽しんでる男性の無神経さに
    傷つきすぎてる側としては
    また男様の、人の身になってみもしないでまず女には上から説教したいメンタリティがにじみでてて、相当理性的な人でも、その心の癖はなくせないものだな、とどうしても感じてしまいます。

  10. EMMA より:

    幸せ、なんでしょうね笑
    羨ましいことです笑

    貴方のご意見の様な綺麗事世迷言で遣り過ごせる人は、芯から旦那嫌いって訳じゃないんでしょうね。

    世の中には、貴方の想像も及ばない様な不仲もあるんでしょうけど。
    貴方にはわからないでしょうね笑

    まあ、ご年齢を重ねられて、人生の深淵なんかを覗き見られた際には、貴方ごときにはわからない様々な夫婦関係があると言う事をご理解いただければ幸いです。

  11. 三十路男 より:

    幸せかどうかを決めるのは自分なので、私は幸せですよ♪

  12. より:

    記事を拝見致しました
    私も産後、初めての育児で、思い通りにいかずに旦那さんに当たることが多々ありまして。。
    旦那さんは本当に本当に頑張ってくれてるし育児も積極的(^^)なのに、私がイライラしてしまうんですよね~(^-^;でも女性はホルモンの影響が大きいと思っています。これは男性は体験出来ないから、そんな理由で済まされるか?って思うかもしれませんが。。確か男性が女性のホルモンを体験するとしたら、気が狂う、らしいですヽ(;;)
    なので、私は何か旦那さんに当たってしまったら、ごめんね。ホルモンのせいで。と言ってます笑
    三十路さんのようなご夫婦は話し合いをされて仲直りしているし、
    反対意見もあるとは思いますが、歩み寄る姿勢が男性にあるだけでも全然違うと思います!

  13. 三十路男 より:

    コメントいただきありがとうございます。

    ウチの妻も「ホルモンのせいで」と言っていたことがあり、何か懐かしくて笑ってしまいました。笑

    夫婦関係が365日円満な家庭など存在しなくて、そんな中で仲がよさそうに見える夫婦は仲直りする術、歩み寄る術を知っているご家庭なのかなと思っています。私も妻にイライラしますが、そんなときは全く無関係なバカなことを考えたりしながら、一息ついて話し合うようにしています。

    何なら、今朝もイライラしましたしね…笑
    自分が一息つくために、妻に一息ついてもらうために、今日は会社帰りにケーキを買って帰ります♪

    コメント欄が荒れるので非公開の反対意見がたくさん届きますが、こういう夫婦関係に対して前向きな意見をいただけるだけで満足です!ありがとうございます♪

  14. やの より:

    子どもがふたりいる30代夫婦です。
    ここ数ヵ月マンションを買ったことで金銭面が辛くなり、旦那の態度に対してストレスが溜まることが増え、些細なことでイライラすることが増えていました。一般的には妻が財布を管理し夫の金遣いの荒さに辟易してストレスが溜まることが多いのだと思います。ですが私たちの場合、私自身お金の管理が得意ではいため、旦那が細かく管理しています。マンションを買う際、FPさんとも具体的な数字を出しながら相談してしばらくは生活が苦しい日々を過ごすことは理解していました。私もそのつもりで出費を抑えるよう努力していましたが、旦那の方がお金がないお金がないと毎日嘆いていました。お金が厳しいのはもう数字も出してもらってはっきりしていることなんだからグチグチ言ったって仕方ないんだから働け!と思いますが、現在私は専業主婦ですので、稼いできてくれている旦那に対してお金の面で強く意見を言えるはずもありません。子どもも上の子が幼稚園に入り、下の子はまだ1歳4ヶ月と小さいです。子どものことで精一杯の中、旦那のお金がないと言う弱音に付き合う精神的な余裕もないためイライラが加速しているような感は否めません。
    更に旦那はあまりしゃべることがなく、こちらが話をしていてもその場では相づちを打つため『聞いてくれている・理解してくれている』と思っていたことを後日何事もなく『知らない・聞いていなかった』と返されることが多く、それも苛立ちを助長しているように感じます。付き合っている頃から子どもが産まれる前までは『そっかー言ったタイミングが悪がったね、次から気を付ける』と私も反省できていましたが、今となっては『お前あたしの話聞く気あんのか』と喧嘩腰になってしまいます…これがいけないのは重々承知ですが一度気になると止められません。
    きっと今現在私自身に経済力があったら離婚届を持ってきていると思います。ですが先程も述べたように専業主婦で収入がないこと、この状況で離婚に踏み切ったら子どもに迷惑をかけることが気掛かりとなり家の中がギスギスしています。なるべく子どもの前では旦那とも仲良く話すようには努めていますが、子どもが寝た後は旦那と同じ空間にいるのが苦痛で仕方ないです。
    一昨日も旦那のコミュニケーション不足により義実家とひと悶着あり、思っていることは口にしてきちんと伝えないとダメだと旦那に伝えました。そうしたら私に対する不満を歯に衣着せぬ言い方で伝えてこられて一瞬フリーズしました。しかし自分が相手に嫌な感情を抱く分、相手も同じだけ嫌な感情を持つよなと一瞬冷静になりましたが、いやこれ喧嘩売られたよね?と思い、就寝前に『コミュニケーション取れとは言ったが言葉を選ばないと喧嘩を売っているように感じる、さっきは喧嘩を売られたと感じた』と伝えて就寝しました。性格悪いと自分でも感じますが、ここ最近どうしても相手に思いやりを持つ余裕がなく行き詰まっています。
    旦那が口下手なおかげで余計な勘繰りもしてしまい、毎日疲れています。結婚前は腹が立つことがあったらその旨伝えてしばらく会わない期間を設け自分の気持ちを整理し相手と話し合いを持つようにしていましたが、結婚したとなるとその期間を持つことができず(帰る家は同じ、嫌でも顔を合わせるため冷静に気持ちを整理できない)負のループです。
    自分が成長して相手を受け入れられるようになるのが一番手っ取り早いと思っていますが、なぜ私ばかり努力しないといけないのか、子どもの世話で手一杯なんだからそっちも努力しろと言う気持ちが勝ってしまいます。…とここまで書きましたが、私の望む結果が出ていないだけで旦那は旦那なりに努力してるのかもしれないですね…。一昨日言い争いになった時も、自分は金銭管理もやるようになったし(さもこれは女の仕事なのに男の自分が頑張っていると言うような言い方でした)(義父は旦那に亭主関白になれと言うような人間ですのでその血を色濃く継いでいるように感じます)子どもの世話も家事もしている。やのがもう少し大人になってくれるのを待つだけと言われました。はぁ????って話です。人の話をきちんと聞けないような子どもがナマ言ってんじゃないよって話です。
    3年も経っている記事にこんな長々とコメントを残してしていまい申し訳ありません…最近どうも息苦しく、近親者でもなんでもない方に客観的に見てほしくコメントしてしまいました。きっとこんな昔の記事にコメントをせずともとお思いですよね…本当に申し訳ないです。
    でもお陰で少しスッキリしました。記事を残していてくださりありがとうございました。

  15. 三十路男 より:

    何年経った記事であっても、コメントいただけるのは書いた本人にとって嬉しいことだったりします。
    ありがとうございます。

    余所様の旦那様、奥様を否定するよな旨の返信は控えているので、限られた箇所への返答となりますが…。
    金銭面の問題はストレスに直結しますよね。「お金がないという事実」よりも「お金がないことをグチグチいう」ことの方が更に。子どもが生まれない(不妊)ことを受け入れての新築購入、ローン契約だったので、我が家も毎月ツラいです。

    夫婦お互いが「ある分で出来ることをしてあげればよい」と思えれば良いのですが、貯蓄やら何やら考え出すといつも病みます。なので、極力考えないようにしています。褒められたことではないとわかっていますが、夫婦喧嘩をしてもお金は増えないので…。

    昨夜も妻と喧嘩した身として偉そうなことは言えませんが、自分のために、子どものために、仲良しで居られるなら仲良しが1番かなと。

    記事に対して暴言を吐くことでストレス解消する方はよくいらっしゃいますが、やの様のように自分のことを吐き出してスッキリする方は殆どいません。皆さんがやの様みたいな方なら良いのにな…と思ってしまいました。笑

    改めてここを見ることも無いかと思いますが、コメントいただきありがとうございました。

  16. 匿名 より:

    旦那が不注意で怪我を負って血まみれで帰ってきても心配になるどころか呆れてイライラするだけになるほど嫌いになりました。
    普段から短気でモラハラが多く、子供に私の悪口を吹き込む、会社の人に私の悪口(身に覚えのないことをでっち上げてまで。例えば、高級ブランドのバッグを無理矢理買わされた 家事をしない 豚みたいに太った など)を吹聴して回るなどが多く、金銭感覚もおかしく無駄遣いが多いので愛情は無いです。
    会社での私の悪口は、私も以前居た会社なので共通の知人も多く、
    「旦那さんが会社で私のことをこう言ってたよ。もうちょっとよくしてあげたら?」
    みたいな苦言めいたことを言われたりと、かなりのストレスです。
    身に覚えのあることならともかく、そうでないことを知り合いに吹聴されのでたまりません。

    良いところを見て何とか前向きに、と考えたりもしましたが、年々モラハラが酷くなるばかりで、何かというと「俺は稼いでやってる」と大いばり。
    共働きですが。

    良いところを見るにしても限界があります。
    子供が居なければとっくに離婚をしています。

  17. 三十路男 より:

    余所様の旦那様に文句を言える立場ではありませんが、聞いているだけでストレスな旦那様ですね…。(すみません)

    あくまでも「嫌いかも知れない」という方に向けた記事なので、流石に旦那様を庇いきれません。

    在り来たりな回答にはなってしまいますが、ご自身とお子さんが最も幸せで心穏やかでいられる方向に進めますように。

  18. 匿名 より:

    どうしてこうやって妻ばかりが悪者なのでしょう?どのブログやコラムを読んでも、怒る妻を鎮めてばかり。
    なぜ夫は「嫌い・死んでほしい」と思われているのか?夫のどの様な態度・行動が原因なのか?根本的なところをそのままにして良い所を無理やり探しても意味がない気がします。すぐにまた嫌いになるだけ。嫌いな要素がそのまま残っているから。
    もっと夫側に訴える人はいないのでしょうか。男性は自覚する必要が無いのでしょうか。男とはそういうもの、で済むのでしょうか?

  19. 三十路男 より:

    仰ること、全てごもっともだと思います。

    男女問わず、自身の原因を解決しないまま、相手にだけ何かを望むのは大きな間違いです。

    私のブログは他サイトと比べて男性に訴えかける内容が多い(自分への戒め)が多いつもりではいますが、こちらの記事に関してだけで言うと「旦那 嫌い」で検索するのは、いつも女性側。男性が「旦那 嫌い」と調べることは殆どなくて、そこに「男性がもっと自覚しろ!男性が!」と書いてしまうと、女性側の怒りに同調することとなってしまい、関係が更に悪くなってしまうかも知れない。と思い、このような形で書きました。

    「バカみたいな記事で少しでも怒りを忘れてくれたら良いな」と思って書きましたが、万人受けするものではないと自覚しているので、ご容赦下さい…。

  20. ミルキィ より:

    旦那の嫌いなトコ…
    虚言癖、器が小さい、人に激辛、自分に激甘、愚痴製造機、見栄っ張り、弱い者にしか吠えない、強い者にはヘッコヘコ、
    こんな奴と解っていながら結婚。出来ちゃった婚。子煩悩なパパになると思い結婚。まるで逆、子育てしない、子供に偉そう、怒鳴る、暴言吐く。自分勝手、ワガママ、口臭い、足臭い、体臭臭い、身だしなみをしない。
    結婚したら少しでも変わるかと…我が子を抱けば変わるかも…と僅かな望みを抱いたが望みを砕かれ今では憎む、馬鹿にする、殺意しか芽生えません。結婚17年目になりますが、2日に一回、夜の営みがあります。私はそれがストレスにしかなりません。回数を減らしてと言っても聞き入れず拒否すると機嫌が悪くなり当たり散らします。だから、2日に一回のペースは乱さず20分程の営みで終了。何の愛情もなく私は無理やりエッチな事を想像して気持ち盛り上げます。毎回いったフリをしています。年に2〜3回しかいきません。後は全部演技です。こんな夫婦関係に最近本気で嫌気がさしてます。離婚してシングルマザーになる勇気もありません。こんな気持ちどうすればいいか…。それと私を束縛したがります。友達とランチに行ってても電話をかけて来て構って的なニュアンスが出てきます。友達と買物やランチにも落ち着いて行けない。こんな旦那をどうやって好きになればいいのかな。

  21. 三十路男 より:

    離婚してシングルマザーになる勇気がないと悩んでいる方は結構いらっしゃるみたいですが、ご自身でそれを認めて、口に出した方は初めて。ミルキィさんは凄く強い方ですね…。

    相手に気持ちを伝えるということは凄く大切です。嫌いなところを上から順番に全部伝えると喧嘩になってしまうので「あれもイヤ、そういえばこれもイヤ」と一気に伝えるのはNG。自分にとって、自分が幸せだと望む将来にとってもっともイヤだと感じることを1つだけ、面と向かってしっかりと伝え、一緒になって考えてもらってください。

    1つのことを一緒になって本気で考えてくれたのであれば、「これもイヤかも知れない。辞めよう」と自発的に行動してくれます。自発的な行動を起こすこともなく、その場凌ぎを繰り返すなら、離婚を前提に加えるのも決して間違った選択ではありません。中には離婚という危機を感じさせないと行動しない人もいます。

    まずは面と向かって、本当にイヤなことを1つ。感情的にならずに、一緒になって考えてもらってください。

    産後鬱になったとき、カウンセラーさんに言われた言葉です。どこまで当てはまるかは解りませんが、少なくとも私はこれをやって今があります。

    人生の半分が過ぎたとして、まだ残り半分。どうせなら少しでも楽しく笑って居られる方がよいと思っています。ずっとマイナスを横ばいで進むくらいなら、1度ぶち当たって大きく下がるのも悪くないのかなって。

    笑ってください記事を書くことしかできない人なので、的を射ない回答ですみません。

  22. はな より:

    おっしゃる通りだと思います。
    結婚前のように純粋な気持ちで関わりたいのですが、結婚後はやってもらって当たり前な態度が続き、それが嫌で夫のためにしてあげたい気持ちはあっても敢えてしない選択が続いています。
    先日蜂窩織炎で高熱と関節痛で夫が緊急搬送されたのですが、心配する気持ちより「何も気にせずゆっくりと入院できていいなあ」としか思えませんでした。というのも、つわりで産むまで水を飲むのも大変だったのに「一つくらい家事やってよ」と吐き捨てられた事、私が子供とともに高熱で寝込んだ(第二子妊娠中で入院を勧められましたが、子供が心配で断りました)ときに、休める仕事だったのにいつもどおり全て私に任せて出て行ったこと、夫自身の身の回りのことを自分でしてほしいと何年も訴えているのに今も改善されないことなどが頭から離れないのです。
    夫は週に2、3日は食事を作り、食器洗い、毎週のゴミ出しだけはしてくれます。脱ぎっぱなし、やりっぱなしは何回も言えばなんとか片付けます。これまではなんてだらしない人だろうと思いながらも言えばするので我慢していましたが、今回の夫の病気で「私が同じように重病だった時、この人は病気の私と病気の幼い子供を置いていつもどおり出て行ったんだ」ということに気づき、気持ちが冷めてしまったようです。
    また夫のことを好きになるにはどうしたら良いと思いますか?

  23. 三十路男 より:

    それが出来ないから困っているんだ。とお叱りを受けてしまうかも知れませんが…。小さな「嫌い」の積み重ねによって生まれた感情は、嫌いの対象が変わってくれない限り、変わり続けてくれない限り改善しないものだと思います。
    はなさんのケースで言えば、旦那さんが気付いて、変わる努力を続けて、小さな「好き」を積み重ねない限り、再度好きになることは難しいのかなと…。

    一度失ってしまった信頼を取り戻すことは本当に難しくて、私自身、あの手この手を重ねながら藻掻いている状態です。なので、旦那側が努力を重ねれば可能性はゼロではない。ということを否定したくないだけかも知れませんが。

    旦那さんに気付いて貰う方法は旦那さんの自発的な物、周囲からの助言、奥様からの指摘(離婚の意思等)色々あると思いますが、どれが適切で、どれがベストなのかはおふたりの関係性によって違ってくるのかなと思います。

    何の答えにもなっていないかも知れません。すみません。

  24. なみ より:

    『旦那 嫌いになりそう』と、検索してここに辿り着きました。嫌いになりたくないし、関係を修復したいから、『嫌いになりそう』と、検索したのでは?と、読んで『そうだ、私は夫を嫌いになりたくないんだ』と、自分の気持ちに気づけただけでも、希望が生まれた様に感じました。私次第で夫とまた楽しく暮らせる日々が築けるかもしれないと、自信はなくても諦めなくて良いんだ、と少し元気が出ました。色々な夫婦の状態や問題があって、あなたの意見を批判する人や、『あなたごときに』などと、あなたを傷つけようとする意見もありましたが、私は感謝しています。もう少し夫と向き合ってみようと思います。

  25. つんつく より:

    初めまして!
    旦那 死ね で検索した後に 旦那 嫌い でこちらにたどり着いたので、自分の気持ちがわからなくなってしまいました 笑

    私は旦那の全てにおいて自分の都合を優先し、他者(特に私)の気持ちや体を思いやって優先しない態度が結婚出産後に増していることがとにかく苦痛でGWやお盆など旦那が何日も家にいる時は毎日イライラしたり夜中に泣いたりしてしまいます

    それでも二人目が欲しいとタイミングで頑張っていますが、旦那も二人目欲しいと言いながらも自分の趣味等を優先して協力したりしなかったりです

    子作りは嫌ですが、デリケートな問題なので振り回されると惨めでやりきれない気持ちになります

    正直こんな男との間に子供が増えてもまた私1人でしんどいだけじゃねと、二人目欲しいと思う気持ちにも迷いが出てきてモヤモヤが半端ありません

    離婚するつもりは今のところありませんが、死ねばいいとは思います

    私の親が亡くなった際、あまりにも情けない心無い態度でいざと言うとき支えてくれるどころか踏みつけて逃げていくような男だとわかっているからです

    良いところもあると思います、でもやっぱこいつ頭おかしいわって所に辿り着いてしまいます

    この気持ちの持って行きようがわからなくて毎日辛いのです

    二人目をつくるために旦那に気に入られるような自分を演じるべきか
    でもそんなことしてまで産んでも苦労が増えるだけなのかと考えるだけでも息が詰まります

    もうやめとけって感じですよね笑

    年月が経った記事なのにコメントも誠実に返していらっしゃって、あなたのようにちゃんと相手に向き合って考えてくれる人が旦那だったらなぁとつい旦那に言えない気持ちを吐き出してしまいました。。

    暑い日が続きますのでお身体御自愛ください
    長々と失礼しました

  26. 三十路男 より:

    それだけ明確にしかも冷静に旦那さんの悪い所を書ける時点で、とても頭の良い方なんだなという印象を受けました…。他コメントへの返信同様、旦那様の良し悪しを書くことはできませんが、少なからずつんつくさんの元で育つ子どもはしっかりと育つ。そんな気がします。

    持って行き場のない気持ちを抱えての生活に関しては、詳しくは書けませんが今の私がまさにその状態なので、少しだけですが同じ気持ちなのかも知れません。子どもの存在は本当に良くも悪くも大きいですよね…。

    吐き出して終わりにするのか、飲み込んでなかったことにするのか。そもそもそんなことができるのか。今はまだ答えを出せて居ませんが、お互い心病まない程度に子どもを支えに笑えるように頑張りましょう!

  27. 三十路男 より:

    ご返信までに時間がかかってしまいすみません。そして暖かいお言葉ありがとうございます。

    恥ずかしながら私の頑張り次第でまた楽しく暮らせる日々が来る。を否定した瞬間に、私自身がダメになってしまうので、思い込みといいますか言い聞かせといいますか、そうなれば良いなと日々奮闘しています..笑

    向き合った末に楽しい生活が待っている事を祈ってます♪

  28. FBでお世話になっておりますりな より:

    どこが嫌かを早めに伝えて解決できるといいですよね。
    どうしても我慢できないことを、再三伝えても聞き入れてもらえない場合、私のように離婚になります(^^)
    子育ても仕事も家事も嫌いじゃないので、今はストレスフリーの生活です(^^)

  29. 三十路男 より:

    予想外の人から予想外の過去記事に!

    早い内に手を打って解決できるなら解決した方が良い。手遅れならスパッと気持ちを切り替えた方が良い。私もそう思います!子どものこと以外で自分を犠牲にし過ぎる人生は楽しくないですしね!

    ストレスフリーな生活羨ましいです!笑

  30. のっぺり より:

    初めまして。
    37歳、結婚13年の子供2人、自営業です。

    お約束ワードの「旦那 嫌い」で検索して、毛色の違うタイトルに惹かれて一気に拝読させていただきました。
    このワードで検索したのは初めてです。したところでなんの解決にもならず、虚しくなるだけだとわかっているので手を出しませんでした。
    でも「たまにはベタなこともしてみよう」と、ついにやってしまいました笑

    10年以上も夫婦をしていると色々あるもので、いろんな考え方を経て、諦めや反省も飽きるほどして、「お互い様」とか「身から出た錆」など、悟りもどきも拓きかけた気になったりしたので、どんなことが書いてあっても「ああこの考え方ね」ぐらいのつもりで読み始めたのですが、最初の見出しの
    「『旦那 嫌い』と検索する人は、まだ旦那が好き説!」
    でやられました。

    なるほどその方向!!と目からウロコです。
    もちろん、本気で嫌いで死んでほしくてという人がほとんどだと思うので、「綺麗事だ!」という人の気持ちもわかります。
    でも少なくとも私には「チクショーそうかもなー」と思わせる気づきをいただける内容でした。
    「好き」という言葉には抵抗がありますが、僅かな救いを求める思いで検索したわけで、
    その「救い」の中には「旦那を好きになれたら」という希望もあることは否めません。
    なので、「まだ旦那が好き説!」は、納得のいくものでした。
    確かに、無料相談の弁護士を探したわけでもなく、塩分の濃いレシピを調べたわけでもありませんものね。

    「なんとかして今の形で気持ちの軌道修正したい」
    というのが切なる願いです。
    旦那関係で願いが叶うのであれば、もう一度旦那に恋をしたいです。
    それで全てが解決します。(正確には、しませんけども笑)
    でもそれは確実に無理なんですが・・・。
    これまでの事を忘れられればギリいけるかもしれません多分・・・多分笑
    あ、でも仲は良いんです。それだけが自慢です。嫌いでも仲良くできる自分が怖い時もありますが。

    旦那の良いところを箇条書きで書いてみたら落ち着きました。
    その何倍もある「悪いところ」も書いてみましたが、最初の数行で「いや、これ最初からわかってたことだから、結局それを選んだの自分じゃね?」と気づいて書くのをやめました笑

    離婚も我慢もできないのに、怒りを外に向けるなという趣旨の記事も面白かったです。
    私のママ友にも、旦那さんの愚痴ばかりの人がいます。
    確かにその人の話を聞いていると、ひどい旦那さんだなとは思いますが、毎回会うたびに旦那さんの愚痴をすごい勢いで話すのと、最終的に「死ね」というワードを口にされるので、基本的には良い人なのですが、少しずつ仲間の集まりに呼ばなくなりました。人の振り見て我が振り直せとはよく言ったものだなと思います。

    結局、精神論で誤魔化して見方を変えて生きていかなければならないのは変わりませんが、気持ちの整理をつけて冷静になる為に、とてもありがたい記事でした。

    取り留めのない文章を長々とすみません。
    読んでいただいてありがとうございました。
    他ではこんな細かく書けない(言えない)ので、ついつい長くなってしまいました・・・

    追伸:三十路男さんの息子さん、本当に可愛すぎます!
    我が娘らは12歳と8歳。大人の階段がっつり登って生意気ざかりです。なので赤ちゃんは大好物です(TロT)

  31. 三十路男 より:

    他の人とは異なる何かしらの縁があって結婚したのだから、多くの人が「できることなら仲良くしたい」のだと思っています。中には「そんなことない」と言い切る人もいますが…笑

    「できることなら」と思っている人にとって、ほんの些細なキッカケになれば良いなと思って書いたので、とても嬉しいです。優しいコメントをいただきありがとうございます。

    前向きになるキッカケとなれるのであれば、長文コメント大歓迎です♪

    追伸:ウチの子ども達が可愛すぎてすみません…。笑

  32. さはら より:

    旦那 嫌いで検索してこちらにたどり着きました。古い記事にコメント申し訳ありません。検索しているうちはまだやり直せると書かれてあって、確かにと納得しました。そう言った掲示板やら何やらを読んでいると自分を客観的に見ているような気になり、それで気が済んでしまうと言うか、恐ろしくなるというか、結果的にはその場の感情で収まってしまうんです。

    ですが、このブログの他の記事も読ませていただいて気が付きました。
    やはりうちの旦那は最低だ!と言うことに。
    家庭のことには無関心、家事子育てしない、夫婦の会話もない、子供に愛情もなさそう、お小遣いためてプレゼントなんてもらったことない、自分のことしか考えない自己中男。
    やっぱり嫌いです。いいところ見つかりませんでした。

    しかし、同時に思ったことが私って愛されてない?と言うことです。
    離婚は片方だけのことじゃないですものね。上記ではやはり旦那嫌い!と書いた私であり、このブログを読ませて頂いて思い直すのも自分の心次第だと発見したわけですが、旦那ももし、嫁、嫌いで同じように検索してたら…⁉

    可能性ありますよね。 
    だってうちの旦那、家族に対する愛情が行動として見えないんですもの。
    旦那嫌いは20万件と書いてありましたが、
    男の方でそうやって検索される方どれくらいいるんでしょう。

  33. 三十路男 より:

    夫婦関係はお互いの気持ちあってのもの(愛情以外の感情含む)なので難しい問題ですよね…。
    確かに、旦那さんが同じ様なキーワードで検索している可能性はありますよね。

    参考までに、調べてみました。

    妻 嫌い⇒480回/月
    嫁 嫌い⇒880回/月

    合計して年間に直すと16,000回程度で、旦那嫌いの1/10くらいでした。

    家族に対する愛情表現が苦手という男性は多いですが、それは言い訳にすらならない…と思っています。が、余所様の家庭に口出しするつもりはないので、ご勘弁を…。