保育園は何歳から預けるべきか?0歳児を育てる父親の本音

子どもの成長とは早いもので、気がつけば息子は0歳と11ヶ月の誕生日を迎えた。この11ヶ月という月日は、父親である私にとって『息子の成長を追いかけるのに必死で、過去に経験した事が無いくらい大変で、楽しくて、アッと言う間に過ぎた時間』だった。

息子に対する妻の行動・言動が『愛情100%』である事は、息子にヤキモチを焼きかねない程に誰の目から見ても明らか。そんな妻は愛する息子と同じ時間を過ごせる事に幸せを感じていて、息子が一定の年齢になるまでは、当然の様にその時間は続いていく物だと思っていた。

※この記事は0歳児を保育園に預ける行為を否定する物ではありません。

スポンサーリンク

0歳児でも保育園に預けられるのか?

0歳児と言っても生後1ヶ月と生後10ヶ月では成長度合いが大きく異なり、預ける事が出来るかどうかは、住んでいる地域・希望する保育園によって異なります。参考までに、私の住む地域にある保育園の多くは『生後6ヶ月』から入園可能であり、中には『生後2ヶ月』から入園可能な園も存在しました。

「出来れば預けたくない」が当たり前では無い?

言葉を話す事も出来ず、何か起きた際には泣く事でしか異変を伝える事が出来ない赤ちゃん。そんな月齢の我が子を他人に預ける行為は『出来れば避けたい』という思いが、子を持つ親の共通意識であり、0歳児を保育園に預けている人=様々な理由で働きに出ないといけない状況に追い込まれ『やむを得ない理由で預ける』事にした人ばかりだと思っていましたが、実際にはその限りでは無く、父親としてのエゴでしか無いのかも知れません。

スポンサーリンク

預ける理由はお金だけでは無い

不妊期間2年が目前に迫った頃、子どもは一旦諦めて夫婦の生活を確立する事に決めた。真っ先に着手したのが戸建て住宅の購入。話が進むにつれて妻に現れる違和感、自宅の間取りを決め終えた頃と時を同じくして、ずっと望んでいた妻の妊娠が発覚した。

住宅ローンの年数などの兼ね合いで家の話を止める訳にはいかない。当然、息子を生む以外の選択は無い。私は相応の覚悟を決めて即座に日当で働かせてくれる場所を探し、人生最後と言い聞かせて昔の仕事に顔を出したり、自宅で副業として収入を得る方法も見つけ出した。そしてそれら全てを未だに続けている。

扶養の範囲内という条件の下に『妻がパートで稼いでくる金額旦那が副業で稼ぐ金額』になれば、共働きで子育てする必要など無くなり子供との時間を楽しむことが出来ると思い込んでいた。

父親としての本音

父親としての本音『せめて3歳を過ぎるまでは、専業主婦で居てほしい』です。

確かに『お金はあればある程良い』は正しい。しかしながら、彼女と親友が身投げした時からお金だけは裏切らないと稼ぎ回り、トータル億近いお金を注ぎ込んでも父親の命を救うことは出来なかった。

人はいずれ死んでしまうから、家族みんなが元気な内に少しでも多くの時間を子どもと一緒に過ごしたいし、妻にも過ごして貰いたい。自分の時間など一切無い状態で本業に副業に働いているお陰で、貯金は出来ないまでも家族三人の生活は維持出来ている。ボーナスは丸々残そうと思えば残せるくらいのお金は持って帰っている。それでも足りないというのであれば、何でもするし必要な分だけ持って帰る。

父親として、0歳の息子を保育所に預ける事は出来ない。

スポンサーリンク

旦那としての本音

妻の口から出た「1歳になれば働きに出ようと思っている」という言葉。父親の立場としては反対でしか無かった。しかし、普段愚痴の1つも言わない妻が、たった1度だけポロリとこぼした「この1年、育児しかしてない」という言葉を聞くと、旦那としては彼女を止める言葉を持ち合わせては居なかった。

旦那として、働きに出たいという妻を止める事は出来ない。

何歳から預けても良いか

少なくとも幼稚園に入園する事が出来る満3歳(三年保育)までは、息子を保育所に預ける選択肢は無い。体調を壊すなど不足の自体が起こってしまった時には、その限りでは無いが、基本的には私の中で息子を園に預けても良いと思える年齢は3歳です。

勿論、だからと言って妻の意思を蔑ろにするつもりも無い。母親である前に女性であり1人の人間、1度限りの人生は自分の思うように楽しんでくれた方が私も嬉しいので、悩んだ末に1つの解決策を見つけ出した。

スポンサーリンク

私が出した答え

相見えない2つの条件をクリアする唯一の方法は『私が外で働くことを辞める』という事。現実的では無いことも解っているし、数年後を考えると胃が壊れそうになる。思いついてしまった事で、ブログのデザインがと言いながら頑張ってる自分を意識してみたり、SNSでバカな事を言って気分を紛らわしていないと消えてしまいそうな程に無気力で、何もする気が起きない日々を過ごしている。産後うつになった時以上に病んでいると周りに言われるけど、家族としての最終的な結論を出すまでは、この悩みは解決しない。

ボチボチ行こう。

0歳保育に関しては色々な意見が出ると思うけど、全部に反論する元気は無いと思う。

この記事が良いと思ったらシェアお願いします


スポンサーリンク
おすすめ記事

コメント

  1. ピノ より:

    はじめまして。
    只今、育児休暇を取得し6ヵ月の女の子を育てています。といってもその子の上に長女(高1)、次女(中2)、長男(小1)が居る4児の母です。
    毎回ブログを楽しく拝見させて頂いてます。初めて三十路男さんのブログを拝見したのが「育児疲れすぎて晩御飯が作れない」でした。以前、久しぶりの出産や育児に張り切りすぎたのか、年のせいか、産後うつの様な状態になり思わず検索したタイトルと同じブログを見つけて食い入るように拝見しました。
    ぼろぼろ泣きました。すごく心が軽くなり、初めて理解してくれる友達をみつけたような…
    我が家の主人もとても優しく、決して責めるような事はしません。しかし私はそんな主人に対し手抜きをする事が申し訳ない気持ちになっていました。更に長女の高校受験や長男の幼稚園の行事など、毎日考える事がたくさんでパンク寸前でした。
    食事も作れないなんて…子供を産んだせいか…そんな事思ったら生まれてきたこの子が可哀想だ…とか頭の中でぐるぐる駆け巡り、凄く疲れていました。
    そなんある日、NHKのあさいちでの特集をたまたま観て、その後拝見したブログであさいちに出演されてた事を知り、なんども驚き、そしてブログの面白さにすっかりファンになってしまいました!
    三十路男さんのブログを主人に教えると、すぐさま自身のFBに載せてました。何だか申し訳なさそうに(笑)

    最近はすっかり1日のペースもつかめて楽しく過ごしています。
    毎日毎日可愛くて、離れたくないと思っていますが、あと半年で育児休暇が終わってしまいます。その後は保育園に入れるつもりですが、正直、今は入れたくありません。何となく、他人に預けたくないというか…今までも育児休暇後は1歳から保育園に預けていたのに、今回だけは何故か寂しくて、ずっと側に居たいのです。
    主人には、「さすがに生活出来ないでしょ…」と言われてるので仕事は辞められませんが、やっぱり辛いですね。きっと子供よりも私の方が寂しくなってしまうと思います。仕事場で泣いてるかも…(笑)
    あと半年しかないので思い切り、毎日ベタベタしていたいと思います(*^_^*)

    長々すみません(。>д<)
    これからも三十路男さんのブログ、楽しみにしております!

    • 三十路男 三十路男 より:

      はじめまして!ご夫婦でブログを読んでいただき、ありがとうございます♪
      あさイチは良くも悪くもいい経験になったと自分に言い聞かせております・・・(笑)

      0歳児保育に対する考え方は人それぞれで、結局夫婦で話合い自分の気持ちに折り合いをつけるより仕方ないのかも知れませんね・・・。私もどこかでしっかりと妻と話し合い、折り合いをつけねばと思っております。
      4児を育てながら仕事も頑張る女性。心から素敵だと思います!仕事に育児に大変な日々をお過ごしかと思いますが、少しでもご自身の体を労る時間を作って下さいね♪(自分を労れない私が偉そうに言うなという話ですが・・・w)

      ブログには毎回好き勝手書いていますので、また興味があるものだけ楽しそうな物だけでも読んで下さい♪コメント戴き、ありがとうございました!!

  2. ゆき より:

    保育園に低月齢で入れること=可哀想とは思っていません。いや、思わないことにしている・・・が正しいかもしれませんが。いろんな経験ができるのですから、子どもにとってもプラスになると信じています。満3歳から幼稚園に行った私は、幼稚園がマジで大っ嫌いでしたが、2歳になる年から保育園に行っていた妹は「みんな大好き、ほーくえん♪」でしたよ。物心がついてきてから、放り込まれる方が大変な場合もあると思います。親が手元に置いておきたい=本人にとっても+とは限らないんじゃないかと。

    大切なのは夫婦で一致した結論を持っている事かと。三十路さんの家庭ではどんな結論に至るのか楽しみにしてます!私は10月に復帰!待ち遠しいような寂しいような複雑な気持ちです。旦那にお前が育休とれよ!と思うことはシバシバ。笑
    旦那を残して子連れ駐在することも吝かではない、キャリア女子でした。

    • 三十路男 三十路男 より:

      コメント戴き、ありがとうございます!

      おっしゃる通り、3歳までは手元に置いておきたいということ自体、エゴなのかも知れませんね。親にしか与えてあげられない物があるのは事実として、周りの人(保育園等)でしか得ることが出来ない物があるのも事実です。なので、よりいっそう悩んでしまいますよね・・・。

      私の妻は元々アパレル関係の仕事をしており、育休という制度も無くキャリアという概念も無い為、仕事を始めたい=自分のしたいことであれば全力でサポートするより他無いとおもっております。

      最後になりますが「大切なのは夫婦で一致した結論を持っている事」が本当に何より大切な物だという事を親になって初めて知りました。多くの場合、半歩ずつ歩み寄れば意見が一致したりする物なので、ちゃんと妻を思った行動を心がけたいと思います!!

      職場復帰される10月までの間、お子さんは勿論旦那様とも良い時間の過ごし方が出来る事を祈っております♪この度はコメント戴き、ありがとうございました!

  3. みちこ より:

    三十路男さん

    お久しぶりです。
    今回の内容は私もここ最近考えていたことなのでコメントさせていただきます。

    私自身は1歳頃から保育園に預けられ、バリバリ働く母を見て育ってきたため
    自分も当然のようにそうするものだと思っていました。出産するまでは。

    でも、生まれて実際に育ててみて思いました。
    人間の赤ちゃんって未熟な状態がなんて長いんだろうって。
    娘はまもなく10ヶ月ですが喋ることはもちろんできないし、食事やトイレ、着替え、
    寝ることすらもまだまだ親の手を借りないとできません。
    もちろんやり方を教えて初めてできた時は嬉しくて可愛くて達成感でいっぱいですが
    一方でこんな大変なこと、仕事とはいえ他人にさせるのは申し訳ないなとも思います。
    というわけで私も状況が大きく変わらなければ3歳までは自分で育てたい派です。
    まぁ一番の理由は娘の赤ちゃん期は今しか経験できないってことなんですけどね。

    (最近、名前を呼ぶとはーいって手を上げてくれるのが激萌えですwww)

    スミマセン。。

    多分両親が仕事でも専業主婦(夫)でも、堂々と楽しく生活している様を子どもに見せられれば
    保育園、幼稚園、自宅育児は関係ないんじゃないかなと思います。

    長々と失礼しました。
    これからも記事楽しみにしてます(^ ^)

    • 三十路男 三十路男 より:

      お久しぶりです。コメントの返信が遅くなり申し訳ありませんでした!

      仰る通り、思っていた以上に月齢に伴う成長速度は速くないのだと感じています。例えば「ダメ」と言っても解らない様な赤ちゃんを叱るのは親の愛があるからこそ出来ることであり、それを他人様にお願いするのは少し違うなと思ったりします。

      今の月齢を「貴重な貴重な赤ちゃん期」というとらえ方をした上で、3歳までは自分で育てるという決断。個人的にではありますが非常に素敵な考え方だと思います!!

      しかしまぁ・・・。ウチの子を差し置いて名前を呼んだら手をあげてくれる様になるなんて、少し早すぎやありませんか!!?もうすぐ1歳のゆうと君だって、まだ出来ていないのに!!!!!

      ・・・オホン。取り乱しました。
      私は問題解決というよりも問題提起ばかりをしている気がしますが、これからも色々な方が育児を考えるキッカケを作れたらと思います♪また、遊びにきてくださーい!コメント戴きありがとうございました!

  4. 佐治 より:

    三十路男様:

     いつも楽しく拝読させて頂いております
    私も2児(4歳女児、2歳男児)の父親で、カミさんも働いている共働き夫婦です
    子供達は0歳時(娘8ヶ月、息子9ヶ月)で保育園に入れました

    娘が生まれた時は神戸に住んでいたのですが
    息子が生まれる時点で、諸々の事情で故郷の岡山にUターンしました
    私自身が岡山の田舎で育ち、時代ものんびりしていたのでしょう
    近所の人は全員顔見知りで、地域のみんなに育てられたように感じており

    子供が生まれる以前、いやカミさんと結婚する以前には私も同じように
    「3歳くらいまでは親や家族が面倒を見た方が、子供にとっても良いはずだ」
    と思っていました

    実は、カミさんが保育士で
    結婚して子供の保育園をどうするかの話をした時に
    「両親の影響だけで乳幼児期を過ごすよりも
     保育園に入って、周囲の子や保育士の先生の中での生活を
     早い段階で経験させてあげた方が良いと思う。」
    と言われ、少し考えさせられました

    結局は子供を0歳児で保育園に預けることにしたのですが
    今もって何が正しいのか、子供達にとってどうなのか分かりません

    楽しそうに保育園に通っている姿に救われますが
    子供達2人とも、保育園では頑張っていて、家に帰ると甘えモードになるのを見ると
    「保育園行かんでいいんじゃね~か」
    という気持ちにもなってしまいます

    現在、私は在宅で仕事をしており、カミさんは子供達と同じ保育園に勤めています
    家事・子育ては、夫婦お互いが出来ることを分担していますが
    母親にしか担えない部分もあり、カミさんに負担をかけていないか配慮しているつもりです

    子供達にとって何が良いことなのか?
    それぞれの夫婦、親子、家族によって答えは違ってくるのでしょうね
    (都会と田舎、核家族か親と同居、両親そろってなのかシングルなのか…)

    改めて、自分の家族のかたちについて考えさせられました
    ありがとうございます

    長いコメントで申し訳ありません、読んで頂けるだけで結構です

    • 三十路男 三十路男 より:

      少々悩んでいたこともあり、ご返信遅くなり申し訳ございませんでした。

      私の周りにいる保育士さん(未婚・出産経験無し)は「自分は保育園には預けない」と言っている人が多いのですが、実際に出産育児を経験した人は周りにおりませんでした。保育士である奥様の我が子に対する育児の考え方、非常に貴重なご意見をありがとうございました。

      仰る通り、都会と田舎でも答えは異なり、家族を取り巻く親族などの周辺環境によっても全く答えの変わる問題だとおもっております。しかしながら、現在佐治様がされているパパが在宅で仕事と子育て、ママは保育所で仕事と子育て。この環境を心から羨ましく感じてしまうのは無いもの強請りなのでしょう・・・。

      私たち夫婦も、理想の形を見つけられる様に頑張ろうと思います!コメント戴き、ありがとうございました!

  5. […] 保育園は何歳から預けるべきか?0歳児を育てる父親の本音 | 三十路男の悪あがき子どもの成長とは早いもので、気がつけば息子は0歳と11ヶ月の誕生日を迎えた。この11ヶ月という月日は […]

  6. […] 育児ブロガーの大先輩である三十路男(@30sman_blog)さんが、自分の子供を何歳から保育園に預けるべきか?ということで記事をかいていました。 […]

  7. […] 三十路さん(@30sman_blog)もそうです。ぼくよりも20歳近くも若くて、子育て熱心な若いお父さん。Twitterで出会った頃の彼のブログは「キワモノ」的な要素に溢れていたけれども、今ではすっかり「子育てブログ」に衣替えし、心を入れ替えた様子。三十路男の悪あがき赤ちゃん(0歳児)の育児に追われる日々の出来事、妻との夫婦関係、広い意味で家族に関する情報、子育てと仕事の両立の悩みなどをブログに書いています。子どもの笑顔を増やしたい一心でテレビ(NHK)に出演しました。1人でも2人も構わないので笑顔の子が増えたら良いなと思います。30sman.com そんな三十路さんが書いたこちらの記事、保育園は何歳から預けるべきか?0歳児を育てる父親の本音子どもの成長とは早いもので、気がつけば息子は0歳と11ヶ月の誕生日を迎えた。この11ヶ月という月日は、父親である私にとって『息子の成長を追いかけるのに必死で、過去に経験した事が無いくらい大変で、楽しくて、アッと言う間に過ぎた時間』だった。 息子に対する妻の行動・言動が『愛情100%』である事は、息子にヤキモチを焼きかね…30sman.com こちらを読んで、少し思うところがあるので、書いてみます。 […]

  8. ふみふみ より:

    楽しく拝読させて頂きました。
    結婚も子育てもしていませんが、昔三歳児保育から保育園にかよっていた経験を思い出しました。
    保育園ではすでにこどものコミュニティが出来上がっていて、こどもながらにその輪の中に入ることができず、どこか居心地が悪く、いじめられていました。(私が集団行動から逸脱して浮いていたせいでありますが)
    小学校でも同じ保育園のともだちがいますし、社交性がないのでますますグループに入れませんでした。
    私の性格、気質と保育園のともだちがそういうものだった、私自身が病んだ母親と閉鎖的に暮らしていて保育園に入るまで同年代の友達と過ごしたことがなかったことが関係しているのかもしれませんが、保育園は家族以外の人たちしかいない場所です。社会性等を身につけるためにも保育園は悪くないと思います。
    三十路男さんが「保育園は自分たちで育児をしないで他人に手伝ってもらうために預けるところ」というような書きかたがきになりました。
    夫婦二人で子育てしようという気持ちと努力はすばらしいですが、人間は社会で生きていく生き物です。
    小学校で教える程度の勉強でしたら夫婦でも教えることはできると思いますが小学校に通わせますよね。それは集団行動や社会で生きていくことを学校で学ぶためでもあります。
    なにも社会や集団行動について学んでいくのは小学校からではなく、就学前のこどもでもなおさらで、遊びを通じてたくさん学びます。
    三歳以降であれば保育園にいれてもいいと思っているようですが、嫌々いれる(?)のとこどものためを思っていれるのでは全然違うと思うので、こども(?)の立場からコメントさせていただきました。
    もちろん、社会を学ぶと言っても、お母さんとお父さんの愛情をたっぷり受けて育つという前提があってこそですから、奥さんのこと、お子さんのことをとても大事にしてください。

    男性不信、男性嫌悪があり、男性とは嘘つきで乱暴で自分勝手で女性にたいして残酷で愛しいとかって感情がないとおもって生きてきたので三十路男さんの記事を読んで世の中には他者を思いやれる男性もいることを知ることができました。ありがとうございます。

    • 三十路男 三十路男 より:

      「保育園に通って良かった」という人「そうでなかった」という人、色々な意見を戴きましたが実際に通っていた頃(乳児時代)の記憶を鮮明に覚えている人などおらず、保育園の良い悪いは「今の自分にこういう影響を与えている(と思う)から」になっちゃうんですよね。

      結局の所、保育園に行っても行かなくても親の役目は代わらず子どもを守ってあげるということなのだと思います。通わせたからといって親に自由時間ができる訳ではないんだよという意味で♪

      父親の影響で他人に満遍なく優しくするくらいなら、全てを家族・身内に回してあげた方が自分も周りも幸せなのだと思っています。少なからずそういう男性も居ますので、全ての男性を男性だからと括ってしまわず、ふみふみさんの可能性が広がっていくことを祈っております♪