くまのプーさん/6WAYジムにへんしんメリーを1年間使った感想

0歳と言っても月齢に応じて成長度合いは全く異なる訳で、0歳にオススメのメリーと言われても『本当に長く使えるのか?』という疑問が浮かぶのは当然。折角買ったのに遊んでくれないのは悲しいし、何より無駄な出費は抑えたいというのが本音

息子はもうすぐ1歳になるので、私自身がくまのプーさん/6WAYジムにへんしんメリーの購入を検討している時に「これが知りたいのに、全然書いてない」とモヤモヤした情報の全てを実際に1年を通じて使ってみた感想と一緒にまとめます。

スポンサーリンク

0歳~1歳までの期間使ってみた感想

0歳~1歳までの期間で、買って良かったと思うおもちゃを1つ選べと言われたら、間違いなく6WAYのジムにへんしんするメリーがNo.1です。これは妻も同意見。

遊びの成長過程全てを満たしてくれる

知育玩具によって学ぶ、遊びの成長過程は大きく分けて以下の通りです。

  • 動く物に興味を示す
  • 物を握ることを覚える
  • 掴んだ物を振って喜ぶ
  • 音に興味を示す
  • 指先でボタンを押す事を覚える

これら全てを1台で満たしてくれるのが長く使える理由。もうすぐ1歳の我が子は未だに気が付くとジムの方に遊びに行っては、音を鳴らしてドヤ顔してくれます。

6WAYのジムにへんしん

くまのプーさん/6WAYジムにへんしんメリーは名前の通り『月齢・成長度合いに応じて形を変えることが可能』です。

  1. ベビーベッド用のメリー
  2. 床置きタイプのメリー
  3. 寝かしつけ用の夜光ライト
  4. 床置きタイプのジム
  5. おすわりビジートイ
  6. つかまり立ちのジム

このあたりの情報はどのサイトにも書いてあるので、実際に使ってみたから解る感想と、月齢毎の実例を書いていきます。

スポンサーリンク

月齢・成長に合わせた使い方と実例

さっそくマイナス意見はどうかと思いますが①ベビーベッド用のメリー、②床置きタイプのメリー、③寝かしつけ用の夜光ライトは『全部足して1WAY』だと思っています。ベビーベッド用に使うならライトも使うし、床置きで使うならベビーベッド用には使わないし、6WAYジムにへんしんは少し言い過ぎです。

ウチはベビーベッドにメリーを付けて使っていたので、4WAYとして実例を紹介します。

0ヶ月頃から動く物に興味を示して見つめる

0ヶ月からはメリーとして

メリーにはくまのプーさんシリーズのぬいぐるみが付属されています。赤ちゃんが好きな色でも紹介しましたが、ティガー(オレンジ)が頭の上を通過すると必死に首を動かしながら目で追いかけ、離れていくとギャン泣き。一周回ってくると泣き止んで離れていくとギャン泣きを繰り返して居ました。

動く物に興味を示すという成長を見せてくれる我が子を見つめている時間は、何物にも代えがたい癒やしの時間でした。

3ヶ月頃から掴んで引っ張って笑う

3ヶ月頃からは寝返りを覚えたりうつ伏せやずり這いが出来るようになったりと、目に見える成長がどんどん多くなっていきます。この頃から④床置きタイプのジムとして大活躍してくれました。くまのプーさんシリーズの人形を握って、引っ張って、笑う姿は最高に可愛かったです。

物を握ったり、掴んだ物を振って遊ぶという事を覚えた頃から、パパとママの育児負担は増えましたが、目に見える形の成長は凄く嬉しかったことを覚えています。参考までに、実際にジムで遊んでいる息子の動画をあげておきます。

床置きタイプのジムで遊ぶ息子(5ヶ月)

※好きな人形をぶら下げる事が可能

6ヶ月頃から光と音に反応して喜ぶ

首すわりの時期が過ぎ、自らの意思ですわれる様になってくると、音や光に興味を示すようになってきます。この頃からは遊び方にも少しずつ変化が生まれ掴むよりも、物を叩いたり指先で触ろうとすることが多くなるので⑤ビジートイとして大活躍。

音に興味を示す様になってからは、必死にずり這いで移動して座り、目の前にあるボタンを叩いては意図せず鳴り出す音楽が嬉しくて、飽きずに何度も何度も繰り返し遊んでいました。

8ヶ月頃から掴まり立ちして興奮

少しずつハイハイが出来る様になってくると、次に控えるのは掴まり立ちの成長シーン。その時に⑥つかまり立ちジムとして大活躍しました。パパ・ママの全力サポートありですが、小さい頃から遊び続けているお気に入りのジムに必死でしがみつき、初めて掴まり立ちをした瞬間は、何が起きたか解っていない息子をほったらかして、私たち夫婦が大興奮していました。

何歳まで使えるのか?

4ヶ月の頃に1度だけ、全く反応を示さない時期が2週間ほどありましたが、その時期を除いては常に息子のNo.1おもちゃとして子どもに満面の笑みを与えてくれています。

1歳になる息子は立ちたがり全開なので、ジムは丁度良い高さで安定した土台になるらしく、今でも1日に何度もジムに捕まっては大騒ぎしていることを考えると、少なくともこの先半年~1年は遊んでくれるのでは無いかと思っていますが、これだけは1年後になってみないと解りません。

スポンサーリンク

詳細情報

メーカー発表の詳細情報と、ネット購入時の参考価格です。

商品情報
 くまのプーさん/6WAYジムにへんしんメリー
商品名 6WAYジムにへんしんメリー
メーカー タカラトミー
販売価格 11,880円
参照価格 7,550円~
備考 ・長く使える6つのステップ
・全20曲・15効果音搭載
・たまひよ1位
詳細を確認する
Amazonで詳細を確認
Amazonで詳細を確認
楽天で詳細を確認
楽天で詳細を確認

購入を検討している人へ

購入を検討している方の中で『使える期間の心配』をしている人は、つかまり立ちの頃までには、必ず何度も見せ場が来ると言い切れる商品です。ネットで購入しても8,000円弱するので、決して安価とは言えませんが『1歳を過ぎても、まだまだ遊んでくれている実例がある』と知るとコストパフォーマンスの良いおもちゃに見えてくるはずです。遊びながら成長の手助けをしてくれることも含めた上で、私が最もオススメする0歳の育児用品です。

 関連 ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク基準で選んでみた

オススメチャイルドシートのオススメ/7つの商品を実際に比較・使ってみた

 人気 バンボはいつから?/生後5ヶ月半の赤ちゃんを座らせてみた